autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 2002年発売「エボVII GT-A」シリーズ初AT車の登場!/三菱ランサーエボリューション23年間の軌跡

自動車ニュース 2015/11/13 11:00

2002年発売「エボVII GT-A」シリーズ初AT車の登場!/三菱ランサーエボリューション23年間の軌跡

三菱 ランサーエボリューション VII GT-A

1992年に発売された名車、「ランエボ」の愛称で人気を博した三菱「ランサーエボリューション」が、特別仕様車『ランサーエボリューション ファイナルエディション』の発売を最後に23年にわたる歴史に幕を閉じました。

オートックワンでは「ランエボ23年間の軌跡」と称して、初代モデルからファイナルエディションまで一台一台振り返ります。

今回ご紹介するのは2002年1月に発売開始し、3,527台を販売した「ランサーエボリューションVII GT-A」です。

◎フォトギャラリー

LANCER EVOLUTION VII GT-A (2002年1月)

『ランサーエボリューションVII GT-A』は、シリーズで初めてとなるオートマチックトランスミッション(AT)搭載モデルで、4G63型ターボエンジンとACD+AYC+スポーツABSからなるフルタイム4WDシステムの高次元の走りを、スポーツユーザーだけでなく幅広いユーザーに体感してもらうための新たな試みでした。

この開発の経験が、後の『ランサーエボリューションX』に設定されたツインクラッチSSTに生かされました。

三菱 ランサーエボリューション VII GT-A

『ランサーエボリューションVII』をベースに、『ギャランVR-4』で実績のあるINVECS-IIスポーツモード5ATを搭載。平均的なドライバーが最適と感じるシフトタイミングを実現する最適制御と、個々のドライバーの好みを判断して好みに応じたシフトタイミングに変更していく学習制御を採用し、イージードライブからスポーツドライブまで幅広く対応。

スポーツドライブ時はシフトレバーでの操作に加え、ステアリングホイールのスポーク部に設置したスイッチでの変速操作も可能としました。

三菱 ランサーエボリューション VII GT-A三菱 ランサーエボリューション VII GT-A三菱 ランサーエボリューション VII GT-A三菱 ランサーエボリューション VII GT-A三菱 ランサーエボリューション VII GT-A

エンジンは5ATに合わせて低回転でレスポンスのいい小型ターボチャージャーを搭載しました。

また、機能面だけでなく、内外装にも「GT-A」ならではの装備を設定。リアスポイラーは大型、小型(標準装備)、スポイラーなしの3種類から選択可能。またシートは、ファブリック生地のゆったりしたシート、本革仕様のシート、RECARO社製シートの3種類を用意していました。

三菱 ランサーエボリューション VII GT-A三菱 ランサーエボリューション VII GT-A三菱 ランサーエボリューション VII GT-A三菱 ランサーエボリューション VII GT-A三菱 ランサーエボリューション VII GT-A

ランサーエボリューションVII GT-A 特別仕様

小型リアスポイラー

オプションで大型化或いはスポイラーレスが選択可能

シートはファブリック調を標準装備

オプションで本革シート、RECARO社製シートが選択可

ターボチャージャーの小型化でATとのマッチングを図る

(最高出力272PS/6500、最大トルク35.0kgm/3000)

インタークーラーパイプをスチール製に変更(遮音効果)

テールパイプ内にチョークパイプ採用(こもり音低下)

ショックアブソーバーの減衰力をソフト方向へ変更

リアスタビライザーの小径化(GSR22mm→GT-A21mm)

ステアリングギヤ比変更(GSR13.0→GT-A14.2)

光輝タイプの表面処理を施したアルミホイールの採用

三菱 ランサーエボリューション 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ランサーエボリューション の関連記事

三菱 ランサーエボリューションの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ランサーエボリューション の関連記事をもっと見る

三菱 ランサーエボリューション の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20