autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【新旧比較】「マツダ デミオ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 2ページ目

特別企画 2014/9/17 19:05

【新旧比較】「マツダ デミオ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(2/4)

【新旧比較】「マツダ デミオ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

動力性能

マツダ 新型デミオマツダ 旧型デミオ

旧型デミオが搭載していたエンジンは、1.3リッター(3種類)と1.5リッター。新型は1.3リッターのガソリンと1.5リッターのクリーンディーゼルターボになる。1.5リッターのガソリンは廃止された。

旧型が追加設定した1.3リッターのスカイアクティブGは、基本的には新型の1.3リッターエンジンと同じだ。ただし新型はバルブの開閉機能などを見直して、最高出力は8馬力高い92馬力(6000回転)、最大トルクは0.9kg-m上まわる12.3kg-m(4000回転)としている。

旧型の1.3リッターエンジンは繊細で滑らかな回転感覚が特徴だったが、登坂路などでは実用回転域の駆動力が不足していた。新型ではこの欠点が解消され、運転しやすくなった。

一方、1.5リッターのクリーンディーゼルターボは新開発のエンジンだ。最高出力は105馬力(4000回転)、最大トルクは6速ATが25.5kg-m(1500~2500回転)、6速MTが22.4kg-m(1400~3200回転)になる。ディーゼルなので高回転域の吹き上がりは鈍いが、実用回転域の駆動力はガソリンエンジンでいえば2.5リッター並みだ。かなり力強い。

進化度数:

1.3リッター  3点/10点(比べてようやく気付くレベル)

ディーゼル  9点/10点(超絶的に進化した)

走行安定性

マツダ 新型デミオマツダ 旧型デミオ

旧型も低重心によって軽快な運転感覚を味わえたが、走行安定性には少し不満を感じた。前期型は機敏に曲がる代わりに後輪の接地性が削がれやすく、後期型になって改善されたものの、コンパクトカーの平均水準を少し上まわる程度であった。

しかし新型は、スカイアクティブシャシー&ボディを新採用。プラットフォームは同じスカイアクティブシャシーでも、アテンザやアクセラが採用する3ナンバー車用ではなく、5ナンバーサイズのデミオのために大半の部分を刷新している。

そのためにボディやサスペンションの取り付け剛性が向上して、走行安定性はかなり高まった。コーナーへの進入では、操舵角に応じて車両の向きが的確に変わり、この時にアクセルペダルを戻すような操作をしても、後輪の安定性が低下しにくい。駆動力の高いクリーンディーゼルターボとのバランスも取れている。コンパクトカーでは最も優れた走行安定性を身に付けた。

進化度数:8点/10点(大幅に進化した)

マツダ 新型デミオマツダ 新型デミオマツダ 新型デミオマツダ 旧型デミオマツダ 旧型デミオ

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25