あれれ? 日本のとなんか違う!? アメリカ向けヤリス、実はマツダ製だった!

画像ギャラリーはこちら
初代トヨタ ヴィッツの時代からフランスでも製造されてきたヤリスは、欧州やアフリカを中心に輸出されていたが、2013年からは北米へも導入されている。ところが2017年から異変が起きた! どこかで見たことあるようなそのデザインは一体!? 提携から誕生した北米オリジナルのヤリスに迫る!

なんだか違うぞ!? 北米向け「トヨタ ヤリス」を写真でもっと見てみる!

北米ヤリスの正体は顔違いのメキシコ製「MAZDA2」

2020年2月に発売を開始したトヨタの新型コンパクトカー「ヤリス」。日本では1999年デビューの初代より「ヴィッツ」の名で親しまれてきたモデルだったが、4代目にして世界統一のネーミング「ヤリス」を名乗るようになった。

このヤリス、アメリカではどうだろう。

実は北米市場では、2013年よりフランス製ヤリス(3代目ヴィッツ)の導入を開始。当初は5ドアハッチバックに加え3ドアモデルも用意されていた。そして2017年(2018年モデル)からは、4ドアセダン版として「ヤリスiA」(のちに「ヤリス」)の導入も始まっている。

ただしセダン版のヤリスは、従来のフランス製ではなくメキシコ製。しかも日本にはない「マツダ デミオ」4ドアセダンバージョンのOEMモデルだったのだ。

マツダとの提携により誕生したOEMモデル

トヨタとマツダは2015年5月、業務提携に向け基本合意を実施。その後、生産合弁会社の設立や電気自動車の共同開発、コネクティッド・先進安全技術等の次世代領域での協業など、様々な面での協力関係を続けている。双方の商品補完もそのひとつだ。例えば日本ではマツダが、商用車ハイエースやプロボックスの供給を受けており、メキシコ製のマツダ車供給もその一環だった。

セダンに続き、2019年には北米向けのヤリスハッチバックについても、トヨタ・フランス工場製から、マツダ デミオ ハッチバック(MAZDA2)のOEMへと切り替えられている。

セダン・ハッチバック共にガソリン1.5リッターエンジンを搭載

2020年版北米向けトヨタヤリスハッチバックは、全長4104mm×全幅1694mm×全高1513mm、ホイールベース2570mm(インチ換算のため概算値)。日本国内のMAZDA2は全長4065mm×全幅1695mm×全高1500mm、ホイールベース2570mmと、全長以外はほぼ同等のサイズだ。全長もほぼフロントデザインの差による差異だろう。

セダン版は全長約4366mmと約260mm長いが、そのほかの数値は同等となっている。

北米向けのトヨタ車で最も廉価なヤリス

搭載されるのは1.5リッター DOHC直噴ガソリンエンジンで、最高出力106hp/6000rpm、最大トルク103lb-ft/4000rpm。

これも日本仕様のSKYACTIV-Gの110ps(81kW)/6000rpm/141Nm(14.4kgf・m)/4000rpmとほぼ同等の値となっている。6速ATもしくは6速MTとの組み合わせも同じだ。

価格はセダン版が「L」15650ドル(約165万円)から「XLE」18750ドル(約198万円)、ハッチバック版は「LE Hatchback」17750ドル(約187万円)から「XLE Hatchback」18750ドル(約198万円)[2020年10月11日現在]。商用車も含め、北米向けのトヨタ車の中で最も廉価なモデルとなっている。

※1ドル105.6円で計算

ヤリスがフルモデルチェンジした今、2021年モデルはどうなる!?

しかし2020年10月現在、北米向けヤリスハッチバック/ヤリスセダン2021年モデルの詳細は明らかにされていない。日本、そして欧州ではヤリスがフルモデルチェンジを実施しており、次期モデルの行方は気になるところだ。

先の提携により、トヨタとマツダは米国アラバマ州ハンツビル市の合同生産拠点「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.(MTMUS)」を設立しており、2021年からの稼働を目指している。

2018年3月の時点では、トヨタ カローラとマツダのクロスオーバーモデルを各15万台ずつ生産すると発表済み。今後ここでヤリスの生産が始まると仮定した場合、現在のMAZDA2が継続されるのか、世界共通の新型ヤリスへ切り替わるのか、動向に注目したい。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:TOYOTA・小林 岳夫・MOTA編集部]

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
130万円270万円
マツダ/MAZDA2
マツダ MAZDA2カタログを見る
新車価格:
145.9万円277.8万円
中古価格:
139.2万円257万円
マツダ/デミオ
マツダ デミオカタログを見る
新車価格:
141.9万円232.1万円
中古価格:
9.8万円190.5万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる