autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入検討しているライターによる新型デミオ 解説 -前編-/永田恵一

新型車解説 2014/9/2 16:54

マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入検討しているライターによる新型デミオ 解説 -前編-/永田恵一(1/3)

関連: マツダ デミオ Text: 永田 恵一 Photo: 茂呂幸正
マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入検討しているライターによる新型デミオ 解説 -前編-/永田恵一

新型デミオ ディーゼルのMT車の購入を真剣に考える!

マツダ 新型 デミオとライターの永田恵一氏

突然ですが筆者である私、永田恵一は新型デミオ ディーゼルのMT車の購入を“真剣に”考えております。

その理由は結構単純で、以前に「ディーゼル+MT」という組み合わせの現行アテンザや現行アクセラに試乗し、他社のMT車以上に「自らの意思でエンジンやトランスミッションをコントロールしている」感覚に惚れ込んでいたのです。

しかし、アテンザやアクセラは自分には手が出ない価格ということに加え、サイズも私のライフスタイルにはやや大き過ぎました。そこへ、価格も予算の範囲内に収まりそうで、サイズも自分の生活にはピッタリというマツダのディーゼル+MTが、新型デミオとして出てきてくれたのです。

私個人として、発売前にも関わらずここまで惚れ込んだクルマは初めてのことでした。

新型デミオのことを考えると、眠れない夜も・・・

ジュネーブショー2014で世界初公開となった新型デミオのコンセプトモデル「マツダ 跳(HAZUMI)」ブースイメージ
ジュネーブショー2014で世界初公開となった新型デミオのコンセプトモデル「マツダ 跳(HAZUMI)」フロントジュネーブショー2014で世界初公開となった新型デミオのコンセプトモデル「マツダ 跳(HAZUMI)」リア

ジュネーブモーターショーに次期デミオのコンセプトカーが出てからというもの、新型デミオのことを考えていたら翌日仕事なのに夜明け前まで眠れない夜があったり、自動車媒体各社から新型デミオのプロトタイプ試乗記が出てからは、毎日のようにネットで新型デミオの価格や発売時期の情報を探し回る日々を送るほどでした。

また、私は自動車専門のライターという仕事をするほど過度の“クルマ好き”でもありますので、新型デミオのガソリン車ではなくディーゼル車が欲しい理由として、ガソリン代が安くつくからということではなく、あくまでもマツダのディーゼル車そのものに魅力があるから欲しい、というスタンスです。

という訳で、前置きが長くなりましたが今回、本気で新型デミオの購入を検討している私が若干の願望なども盛り込みながら、現在までに判明している情報や実車などを元に新型デミオをご紹介したいと思います。

ダッシュボードとフロントシートの造りに新型デミオの「質の高さ」を感じる

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・フロントマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・リア

まず、新型デミオが数多くのコンパクトカーの中でどのような立ち位置になるのかということと、その性格について解説しましょう。

新型デミオはサイズこそ全長4,060mm×全幅1,695mm×全高1,500mmと、現行デミオの3,900mm×1,695mm×1,475mmに対してかなり拡大しており、一見フィットやノートのような「室内が広々としたコンパクトカー」になったように想像できます。

ですが、筆者が実際に新型デミオを目の当たりにした印象は、良し悪しは別としてそこまで室内が広くはありません。イメージとしては現行デミオと同じくコンパクトカーの“ど真ん中”である、トヨタ ヴィッツやスズキ スイフトなどと同程度です。

後述するように各部の仕上がりの良さを加味すると「広くはないけど、質の高いコンパクトカー」という言葉が相応しく、新型デミオは日本車なら「スズキ スイフト」、輸入車なら「フォルクスワーゲン ポロ」に近い存在なのではないかと感じています。

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/インテリアフロントシートマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/インテリア

それを最も感じさせるのが「ダッシュボード」です。

コンパクトカーなのでソフトパッドこそ使われていませんが、ダッシュボードのシボ(模様)の使い方の上手さなど日本のコンパクトカーの中では“ブッチ切り”、輸入車まで含めてもVW ポロにかなり近いほどのクオリティの高さがうかがえます。

また、最上級と思われるグレードには白い革とクロスのコンビシートが付き、この仕様のダッシュボードの一部には白い革も貼られるようです。さらにシートも大きめで、座った感じは少し柔らかめな感触ながら、出来が良さそうなことも好印象でした。

ただその反面、身の回りの物を置く収納スペースは現行コンパクトカーの水準を大幅に下回る少なさで、私も「とりあえず財布と携帯電話の置き場はありそうだけど、それ以外のものはどうしようか・・・」と迷っているところです。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24