autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産スポーティコンパクトカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/11/30 17:10

国産スポーティコンパクトカー 徹底比較(3/4)

国産スポーティコンパクトカー 徹底比較

コンパクトカーを超越した空間設計

インパネフロントシート

まず、従来よりもさらに収納スペースが増した。また、このところのホンダ車に共通する、SFイメージのハンドルも採用されている。ダッシュパネルその他のインテリアトリム系の質感も上がった。

ボディサイズが拡大したことあって、インパネのつくりやグラステリアの形状などからしても、まるでロールーフミニバンの中にいるかのような感覚すらある。これは今回の他の2台とはだいぶ異なる部分である。

Aピラー前の三角窓はサイズが拡大されており、ボンネットとAピラーはほとんど一直線をなすぐらいの角度と、ほとんどワンモーションに近いフォルムとなっている。運転席での視界は非常に良好だ。

個人的には、これほどボディサイズを拡大せずに各要素を向上させていれば、それがベストだったとも思うところではあるが、ボディサイズの拡大しろ以上に得たものは大きかったと思う。

多彩なシートアレンジ性もフィットならではのアドバンテージ。リラックスモードや長尺物を積めるモードや、センタータンクレイアウトのおかげで後席を跳ね上げ、背の高いものも積めるようになるなどといった使い勝手もフィットならではである。

ラゲッジルームには大容量のアンダーボックスがあり、フレキシブルラゲッジボードはパーテーションとしたり、二段式のトレーのようにして使うこともできる。ネットまで備わり、荷物に合わせていろいろな使い方ができるようになっている。また、ドアの開口面積も大きく、角度が大きく開くようになっているところも挙げられる。

RSならではの装備として、ステアリングホイールに、左がダウン、右がアップという設定のパドルシフトが備わる。こちらはDレンジのまま操作でき、シフトレバー側にはマニュアル操作のための機構は付かない。

メーカーオプションのスカイルーフは、935mm×720mmという大きなサイズとなっている。

リアシートラゲッジメーターシフトパドルシフト

ベーシックなコンパクトカーに回帰

インパネフロントシート

これまでコンパクトカーやミニバンは、機能の数をひたすら追求した部分があったと思うのだが、デミオではすべてにわたり基本に立ち返っている。

実質的な使い勝手について、いたずらにバリエーションを追求するのではなく、「ユーザーはこういうのを使いやすいと思うはずだ」という要素をマツダなりに判断し、それをもとに仕上げたという。それは例えば、あえてダブルフォールディングしないリアシートや、それほど多くないが、十分に用意された収納スペースなどに表れている。

また、女性が爪を傷めないようフェルトを貼ったドアの取っ手部分など、こちらもマツダがずいぶん前に始めたことである。

ステアリングホイールに備わるパドルシフトは、押してダウン&引いてアップという設定のものがステアリングの両側に備わる。

シートは、バケットとまではいかないが、スポーティな形状のシートが備わる。シートのサイズはそれほど大きくないが、ヨーロッパ市場を主体とする車種だけに、けっこう硬質な感じで疲労感が少なさそうな仕上がりだ。

ドライビングポジションは、デミオがもっとも乗用車的な設定となっている。サイドウィンドウは、前端部を低いところまでウエストラインを下げており、視界を妨げないようになっている。ただし、車高が比較的低いこともあってか、あまり頭上の広さは感じない。後席の居住性は、スタイル重視のフォルムのため、やはり各部のクリアランスもそれなりで、頭上空間もあまり広くない。ラゲッジスペースも実用上は十分だろうが、そこに期待するクルマではない。

リアシートラゲッジメーターシフトパドルシフト

コンパクトカーの新境地を開拓

インパネフロントシート

ヴィッツはドライビングポジションがアップライトになる。インパネの特徴でいうと、センターメーターと収納スペースの驚くべき数だろう。

前述の2台と同じようなディメンションでありながら、これほど収納スペースを設けることができているというのは、トヨタの努力の賜物だろう。デビュー当初は質感の低さが目についたものだが、RSのような濃いグレーなどダーク系のカラーコーディネイトを施すなどして、質感の低さをあまり感じさせなくなった。

1.5RSには5速MTも設定されるが、1.3RSはCVTのみのラインアップとなる。ただし、パドルシフトなど、マニュアルシフト可能な装備は付いていない。

シートはスポーティなイメージではあるが、あくまでデザイン的なもので、雰囲気を楽しむためという設定のようだ。前席同様、後席もアップライトなポジションの設定で、ミニバンの2列目に近いような感覚がある。

エクステリアについて、これほどデザイン性を表現していながら、後席の頭上空間も十分に確保され、頭の横方向の空間も広く、後席に座ってもそれほど不快に感じることはない。ラゲッジスペース容量も、大きいというほどではないが、実用上は十分だろう。

リアシートラゲッジメーターシフトダッシュボード

内装・装備の総評

もともとフィットはコンパクトカーの概念を打ち破るスペースユーティリティが大いに評価された。2代目ではその強みをさらに上の次元に引き上げるとともに、上質感も増した。デミオは逆に、これまで評価されていた車内の広さを捨ててまで、ベーシックなコンパクトカーに回帰した。ヴィッツは、センターメーターやインテリアデザイン、乗員配置などを工夫し、コンパクトカーの新境地を開拓した。3台それぞれの個々の考え方が表れている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィット の関連記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円