アルファードじゃ物足りない「トヨタ シエナ」並行輸入層は注目! 2021モデルの迫力がハンパないぞっ!

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:トヨタ自動車
画像ギャラリーはこちら
トヨタが北米向けに販売しているミニバン「シエナ」をご存知ですか。日本でもわざわざ並行輸入で乗る人がいるほど、隠れた人気車種なんです。そんな日本にない日本車のトヨタ シエナが2021年モデルでフルモデルチェンジ! 4代目となる新型シエナの詳細を写真と共にご紹介します。

このデカさがいい! 迫力満点のトヨタ シエナ 2021モデルを写真でもっと見てみる

シエナはアメリカ生まれアメリカ育ちの“日系アメ車”だった

独特のおおらかな雰囲気にアメリカを感じる!

日本では売られていない、トヨタの北米向けミニバン「シエナ」がフルモデルチェンジします。正式発売を前に、内外装のデザインが発表になりました。

雄大な景色をバックにしているのでわかりづらいところですが、シエナの全長は約5メートル、車幅も約2メートルとかなり巨大なサイズで、日本向きではなさそうです。しかしそのおおらかでアメリカンな雰囲気が支持され、日本のミニバンでは飽き足らないこだわり層たちが並行輸入し愛用するケースも多いようです。

MOTAで中古車検索をかけてみると、2020年9月13日現在「トヨタ シエナ」の中古車は新旧合わせて53台がヒットします。うち9台は新車未登録のもの。根強い需要が見て取れます。

ご先祖はあの“天才タマゴ”エスティマだった

初代シエナは、1990年に登場した初代エスティマ(北米名:プレビア)の後継車として1997年にデビューしました。

特殊なミッドシップレイアウトで直4エンジンしか搭載できなかったプレビアとは異なり、オーソドックスなFF+V6エンジンのレイアウトと、ゆとりの室内空間を持つ大柄なボディが特徴です。以来、北米専用ミニバンとしての歴史を刻んできていて、日本に正規導入されることもありませんでした。

シエナはアメリカで企画されアメリカで生産される生粋のアメリカ車

新型シエナはこれで4代目。設計・デザイン・生産に至るまで全てを北米で行った新型シエナは、新開発のTNGA GA-Kプラットフォームを採用するなどすべてを一新。直4 2.5リッターダイナミックフォースエンジンとハイブリッドの組み合わせは、同じプラットフォームを使用するセダンの「カムリ」やSUVの「RAV4」「ハリアー」(北米名「ヴェンザ」)などと共通。同クラスでは唯一のハイブリッド+AWD(四輪駆動)が用意されます。

夜の街が似合いそう!「シエナ XSE」に注目!

並行輸入されたら日本でも大人気必至!

多彩なグレードが用意される予定トヨタ シエナ2021モデル。中でもMOTAが注目したいのは「XSE」グレードです。

写真の通り、グリルや窓のモールなどをダークカラーにし、スポイラーや20インチの大径アルミホイールを備えたスポーティで艶っぽいモデルに仕上がっています。

アルファードのギラギラしたマスクとはまたひと味違う静かな迫力で、こちらも並行輸入層たちにグッと響きそうな雰囲気です。

[筆者:MOTA編集部/撮影:トヨタ自動車]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

米国トヨタ シエナの最新自動車ニュース/記事

米国トヨタのカタログ情報 米国トヨタ シエナのカタログ情報 米国トヨタの中古車検索 米国トヨタ シエナの中古車検索 米国トヨタの記事一覧 米国トヨタ シエナの記事一覧 米国トヨタのニュース一覧 米国トヨタ シエナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる