顔怖すぎ! クラウンより巨大なセダン「トヨタ アバロン」とは何者か!?

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
トヨタが北米で販売する最大サイズのセダン「アバロン」。日本では初代・2代目(日本名:プロナード)と販売していたことがあるので覚えている方もいるのでは!? そんなアバロンの現行型は5代目。あっと驚くド迫力のドヤ顔マスクに思わず釘付けになる!

>>顔怖すぎ! クラウンより巨大なセダン「トヨタ アバロン」を画像でもっと見る

クラウンより大きい全長5メーターの日本未発売セダンをご紹介!

TRDバージョンも! 全長5メーターの巨大セダン「アバロン」

初代と2代目は日本でも売っていました

トヨタ アバロンは、アメリカ・トヨタ ケンタッキー工場(TMMK:Toyota Motor Manufacturing, Kentucky, Inc)で生産されている、北米向け最大サイズのFF4ドアセダンです。

初代と2代目のアバロン(2代目のみ日本名はプロナード)は日本にも輸入され、ビスタ店(懐かしい!)で販売されていたので「ああ、そういえばそんなクルマあったね!」と覚えている方もいるはず。

現行型のアバロンは、2018年にフルモデルチェンジした5代目。カムリや新型ハリアーなどと共通のTNGA GA-Kプラットフォームをベースに造られました。ちなみに現在では北米以外にも中国でも生産・販売されています。

トヨタ/プロナード
トヨタ プロナードカタログを見る
新車価格:
352万円412.5万円
中古価格:
41.1万円63万円

保守的な4ドアセダンのイメージを変える攻めのデザイン

SUVブームの中、セダン車というとちょっと保守的で、ユーザー年齢も高めなイメージがありますが、5代目アバロンは結構攻めている印象。

中でも、2021年モデルに追加されるカスタムグレード「XSE Nightshade」は迫力満点です! ってか顔怖すぎ!

さらにもうひとつのカスタム仕様として、NASCARシリーズ常勝のレーシングイメージを与えた「TRD」(Toyota Racing Development)仕様も用意されるなど、トヨタとしてはアバロンを若いユーザー層にもアピールしたいようです。

クラウンよりも大きいアメリカンサイズ

5代目アバロンのボディサイズは、全長4975mm(195.9in.)×全幅1849mm(72.8in.)×全高1435mm(56.5in.)、ホイールベース2870mm(113.0in.)[XSE Nightshade]。

日本のクラウン(全長4910mm×全幅1800mm)よりもさらに大きい車体を活かし、後席の足元空間など余裕たっぷり。これぞアメリカのセダン! という雰囲気で、日本車だけど異国情緒すら漂います。

FF・V6 3.5と直4 2.5ハイブリッド、さらに四駆モデルも新たに追加

パワートレインは、同様に北米でも生産される王道セダンのカムリと基本的に共通。

FFモデルは、V6 3.5リッター(最高出力301hp/最大トルク267lb-ft/EPA複合モード燃費25MPG)モデルと、直4 2.5リッターハイブリッド(システム出力215hp/EPA複合モード燃費44MPG)モデルの2タイプ。

さらに2021年モデルからは、直4 2.5リッター(最高出力205hp/最大トルク185lb-ft)搭載のAWD(四輪駆動)モデルも追加されています。

カッコいいセダンが欲しいと願う日本のユーザーも熱望!?

日本では販売を終えてしまい、すっかり忘れ去れていた名前だった「アバロン」でしたが、気付かぬうちに北米では独自の進化を遂げ、5代目となっていました。

そんなアバロンの、コンサバなセダン市場に屈しない攻めの姿勢は実に痛快。「セダンが欲しい、でも欲しいセダンがない…」と密かに嘆いている日本のユーザーにも、このアツさはグッと響くかもしれませんね。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ カムリの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カムリのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カムリの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カムリの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カムリのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる