映画は延期…でもトミカは予定通り発売! ワイスピ最新作の新旧スープラトミカ、人気沸騰間違いなし!!

画像ギャラリーはこちら
日本では2020年5月29日(金)に公開される予定だった人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」の最新作「ジェット・ブレイク」(Fast & Furious F9:The Fast Saga)の公開が2021年4月に延期されることが発表された。

これによって映画公開を記念したトミカの発売も延期になるのでは? と心配されたが、こちらは問題なく、予定通り5月に発売される模様。

目次[開く][閉じる]
  1. ワイルド・スピードってどんな映画? 日本車人気が世界に広がった理由は?
  2. 映画公開を記念して発売されるトミカはどうなる?
  3. タルガトップの80スープラは1作目後半から登場
  4. オレンジと黒のボディカラー…これは世界一有名なRX-7と同じ!?

ワイルド・スピードってどんな映画? 日本車人気が世界に広がった理由は?

世界のクルマ好きから絶大な支持を受けている映画ワイルド・スピード(原題:Fast & Furious)シリーズは、とくに1-3作目までは日本車が多数登場した。

北米を中心に海外で巻き起こる80-90年代の日本車ブーム、JDM人気、そしてスープラ復活に至るまでこの映画がクルマの世界に与えた影響は計り知れないほど大きい。

なぜ、ワイルド・スピードによってここまで日本車の人気が盛り上がったのか?

それは、1-2作目に当時西海岸で流行していたスポコン(シビック、インテグラ、CR-Xなどのホンダ車を中心にA70/80系スープラなど)にカテゴライズされるクルマが多数登場したことが主な理由だ。

クールなカスタム&爆速チューニングを施した多種多様な日本車が次々登場したことで、全米から世界に「日本車のカッコよさ」が一気に広まったと考えられる。

また、3作目のTOKYO DRIFT以外でブライアン・オコナーとして主役を務めた故ポール・ウォーカーがGT-R(R34)や80スープラにほれ込み、自らプライベート所有していたことも人気に拍車をかけた。

映画公開を記念して発売されるトミカはどうなる?

タカラトミーは今年2月に、ワイルド・スピード9作目となる「ジェットブレイク」の公開を記念して、新旧2台のスープラを「ドリームトミカ」として販売することを発表した。

その2台とは、

ドリームトミカ No.148 ワイルド・スピード/スープラ

ドリームトミカ SP F9 The Fast Saga ワイルド・スピード/GR スープラ

である。いずれもメーカー希望小売価格は700円(税抜き)。

レギュラー(赤箱)トミカが450円(同)であることを考えると少し高級なトミカだ。

ちなみに、「ドリームトミカ」とは、アニメや映画に出てくるクルマやキャラクターをトミカ化するシリーズでこれまでも、

・イニシャルDの藤原豆腐店仕様

・No.145 頭文字D AE86 トレノ 

・No.141ジュラシック・ワールド ツアービークル

・No.146 デロリアン part.3

など見た目にも楽しいトミカが多数、発売されている。

新旧スープラのドリームトミカは今年5月の発売を予定しており、映画の公開が来年4月に伸びたことでトミカも発売が延期されるのではないか?と思われたが……。

タカラトミー広報部に確認したところ、「発売は予定どおり行われます」とのことであった。

映画公開前に、映画とコラボしたミニカーだけが1年近く前に発売されるのは、かなり珍しいことだが、何はともあれよかった。おそらく大人気となるだろう。

タルガトップの80スープラは1作目後半から登場

ワイルド・スピード「ジェットブレイク」を記念して発売される2台のトミカについて、説明しておこう。

まずは、1作目に出てきたタルガトップの80スープラから。

このスープラ『1994 Toyota Supra MK IVタルガトップ』は2001年に公開された1作目「ワイルド・スピード」の後半に主人公であるブライアン・オコナー刑事(故ポール・ウォーカー)の愛車として登場する。最初はスクラップ同然のひどい状態だったが、トヨタ最強のスポーツエンジン2JZだけはきれいな状態で搭載されていた。これを3.1Lに拡大しTurbonetics製 T-66ボールベアリングターボをボルトオン。

もう一人の主人公ドミニク(ヴィン・ディーゼル)が経営する整備工場に持ち込まれ大規模なレストア、チューニングが施され、

最高出力700HP超を発揮する最速のゼロヨンマシンに生まれ変わった。

印象的なオレンジカラーはランボルギーニ・ディアブロ純正のキャンディパールオレンジ(Lamborghini Diablo Candy Pearl Orange)と同色となる

なお、メインとなるのはタルガトップだが、映画の撮影用として純粋なクーペモデルも数台用意されており、大映しにならないシーンではクーペボディのスープラが使われていた。

昨年5月に開催された「SUPRA IS BACK TO JAPAN FES」では、映画と同じクーペボディのスープラが展示され、GRスープラととともに人気を博した。

オレンジと黒のボディカラー…これは世界一有名なRX-7と同じ!?

そしてもう1台ドリームトミカとして発売されるスープラは、2019年に全世界で発売が開始されたGRスープラである。

このカラーリング。ワイスピファンならお気づきだろう。ワイルド・スピード3「TOKYO DRIFT」に出てくるマツダRX-7『VeilSide(ヴェイルサイド)RX-7 Fortune』と同じだ。世界一有名なオレンジと黒のRX-7は現在も欧州やアメリカ、アジアなど世界中から、VeilSideにボディキットの注文が入るという。

9作目に初めて登場するGRスープラがなぜこの色なのか?

それはTOKYO DRIFTのRX-7と同じキャストが乗るからである。

そのキャストとは、「TOKYO DRIFT」でRX-7 に乗って事故死したとされていたハン(サン・カン)である。

ファミリー唯一のアジア系(韓国系アメリカ人)俳優ということで日本での人気も非常に高い。そのハンが「ジェットブレイク」でオレンジと黒にカラーリングされたGRスープラと共に再び登場する。

そのスープラが『ドリームトミカ SP F9 The Fast Saga ワイルド・スピード/GR スープラ』

として5月に発売される予定。

ただ少し心配なのは、以下2種のトミカ&トミカプレミアムの発売が4月18日→25日に1週間延期となる模様。

トミカ 日立建機 ローディングショベル EX8000-7

トミカプレミアム  日産 スカイライン GT-R(KPGC10

5月に発売される2台のスープラも何らかの影響を受ける可能性はありそうだ。

多少遅れるのは問題ないが、映画公開のように1年近く遅れるようなことはないと信じたい。

[筆者:加藤 久美子]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

トヨタ/スープラ
トヨタ スープラカタログを見る
新車価格:
499.5万円741.3万円
中古価格:
152.9万円1,190万円
日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,420万円
中古価格:
445.3万円1,859万円
マツダ/RX-7
マツダ RX-7カタログを見る
新車価格:
324.3万円439.8万円
中古価格:
204万円877万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
加藤 久美子
筆者加藤 久美子

山口県下関市生まれ 自動車生活ジャーナリスト 大学時代は神奈川トヨタのディーラーで納車引き取りのバイトに明け暮れ、卒業後は日刊自動車新聞社に入社。出版局にて自動車年鑑、輸入車ガイドブック、整備戦略などの編集に携わる。95年よりフリー。2000年に第一子出産後、チャイルドシート指導員資格を取得し、チャイルドシートに関わる正しい情報を発信し続けている。 得意なテーマはオリジナリティのある自動車生活系全般で海外(とくにアメリカと中国)ネタも取材経験豊富。愛車は22年間&26万km超の916アルファスパイダー。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ スープラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ スープラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ スープラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ スープラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ スープラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる