東京オートサロン2022のカスタムカーをイッキ見! 筑波で1秒台を叩き出した「HKS」のGR86や「ENDLESS」のスーパー耐久年間チャンピオン車両など【チューニング・タイヤメーカー編】

  • 筆者: 井口 豪&MOTA編集部

本邦初公開のトータルエキゾーストシステムを装着したGR86/FUJITSUBO

事前予告通り、期待を裏切らない斬新なブース展開をみせてくれた「FUJITSUBO」。尻上がりに展示されたGR86には、本邦初公開の「EPU(エキゾーストパフォーマンスユニット)」を視認できるミラーが敷かれていた。

左側1本出しとなるEPUは、スーパー耐久などのレース車両で使われるマフラーと同じレイアウトを採用。排ガス試験や事前認証を取得しているので、公道でも使用できる。合法に最高峰のパフォーマンスを発揮できるトータルエキゾーストシステムだ。

筑波コース2000で好記録を残した渾身のGR86/HKS

HKSブースエントランス付近に展示されたのは、ノーマルエンジンのままながら、2021年に筑波で1分1秒286を記録したタイムアタック車両のGR86。

ブリッドZERO VS、ENDLESS(エンドレス)のブレーキ、アドバンレーシングGTビヨンド(18×11)、アドバンA050(295/35)以外は、GTIII-RSタービン、ハイパワースペックLII、スーパーエキマニホールドRスペック、プロトタイプのクラッチ、ボディキット・タイプR、ハイパーマックス・マックスIV SP改など、HKSのアイテムでチューンナップされている。

スーパー耐久年間チャンピオン車両「メルセデスAMG GT4」や美しいノスタルジックカーが並ぶ/ENDLESS

スーパーGTなどのトップカテゴリーレースに参戦し、スーパー耐久では3年連続シリーズチャンピオンを獲得するなど、自社のブレーキやサスペンションなどの性能の高さを証明しているエンドレス。

当ブースのエントランス付近に展示されていたのは、メルセデスAMG GT4とGR86。このGT4は2021年のスーパー耐久 Powered by HankookのST-Zクラスの年間チャンピオン車両だ。その横にはENDLESSの新型ブレーキキャリパーとサスペンションキットを装着したGR86のデモカーも展示されていた。

さらにブース内に足を踏み入れると、国内外の旧車を展示。ホンダ シビックや日産 シルビアなどの同社により美しくレストアされたノスタルジックカーたちが並んでいた。

「KS」なら高品質の軽カー用ブレーキパッド+ディスクローターがセットで1万円!/DIXCEL

軽カーの純正ブレーキパッド+ディスクローターは2万円前後が相場だが、DIXCEL(ディクセル)からリリースされた「KS」はナント1万円(税別)。

自然な効きとダストの低減が実現するブレーキパッドの「KP」と、ブレーキパッドが馴染みやすい表面研磨加工を施したディスクローターの「KD」がセットになっているので、交換すると新車並みの効きが復活する。KSはフロント用のみの設定。2000年以降に発売された軽カーの99%をラインナップする。

KWやアクラポビッチなど、世界レベルの輸入アフターパーツを装着したGR86やポルシェ 964を展示/橋本コーポレーション

高性能サスペンションメーカー「KW」やマフラーメーカー「アクラポビッチ」、世界トップクラスのブレーキメーカー「ブレンボ」などの幅広い輸入アフターパーツを販売する橋本コーポレーション。その関連会社であるKWオートモーティブと共にブースを展開。

それらパーツが装着されたGR86、GRヤリス、BMW M4、ポルシェ 964などを展示し、輸入アフターパーツは輸入車だけでなく、日本車や旧車などにも装着できることをアピール。世界レベルのアフターパーツを愛車にも装着できることを知ってもらいたいとのことで、このような出展を行ったという。

フラッグシップタイヤを装着したGR86などの他、新色タイヤレターのオープンカントリー785も出展/TOYO

TOYO TIRESが出展したGR86は、フラッグシップタイヤブランドのプロクセスTR1(225/40R18)を装着。チューニングとタイヤ性能を大幅に向上させ、洗練されたハンドリングと快適性の両立を実現している。

ホワイトレタータイヤブームの火付け役でもあるTOYO TIRESは、ロゴにオリーブグリーン塗装を施したオープンカントリー785も参考出品。昨今人気急上昇中のミリタリー調カスタムにマッチしそうなタイヤレターも関心を集めていた。

3月発売のグローバルフラッグシップタイヤを装着する最新型911カレラ/横浜ゴム

フルラッピングしたポルシェ911カレラが装着するタイヤは、欧州プレミアムカーにも純正採用されているアドバン・スポーツV107(245/35ZR20:305/30ZR21)。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えられたアドバンの精神を継ぐ、YOKOHAMAの新たなグローバルフラッグシップタイヤだ。

合わせたホイールはアドバンレーシングGT(20×8.5+50:21×11.5+63)。ブレーキをエンドレス製に換装し、サスペンションをKW製に交換して、運動性能を飛躍的に向上させている。

EQAはSUVに快適性を求めるユーザーに最適なアレンザLX100を装着/ブリヂストン

ポテンザRE-71RSを装着したタイムアタック車両のGR86を展示するなど、スポーツ色の強い印象だったブリヂストンブース。だが奥に進むと一転して落ち着きのある空間に。そこに展示されていたのは、ALENZA(アレンザ)LX100を装着したメルセデス・ベンツEQAだ。

オンロード向けSUVタイヤのアレンザは、コンフォート性を重視したLX100と001をラインナップ。SUVに快適性を求めるユーザーにも、走りを追求するドライバーにも応える2モデルを用意している。

R35GT-Rが純正採用するハイパフォーマンスタイヤは新技術の採用でロゴがくっきり/ダンロップ

ダンロップが展示したトラスト・グレッディ35RX SPEC-Dは、R35GT-Rに純正採用されているハイパフォーマンスタイヤのSPスポーツMAXX GT600 22年式を装着。

そのブランドロゴは、タイヤと同色でありながら際立って見える。ブランドロゴに、黒さが損なわれない「Nano Black」技術が採用されているのだ。

市販モデルのSPスポーツMAXX 060+にもNano Black技術を投入。サイドウォールのブランドロゴの視認性向上と高級感の創出を実現している。

【筆者・撮影:井口豪&MOTA編集部】

トヨタ/GR86
トヨタ GR86カタログを見る
新車価格:
279.9万円351.2万円
中古価格:
348.7万円591.8万円
トヨタ/GR86
トヨタ GR86カタログを見る
新車価格:
279.9万円351.2万円
中古価格:
348.7万円591.8万円
トヨタ/スープラ
トヨタ スープラカタログを見る
新車価格:
499.5万円783.5万円
中古価格:
192万円2,499万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

筆者井口 豪&MOTA編集部
なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ GR86の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ GR86のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ GR86の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ GR86の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ GR86のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる