ハイエースにランクル、プロボックスがレトロ風に! FLEXが手掛けるカスタムカー3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
近年、現行車または高年式の中古車をクラシカルなスタイリングに変更するレトロ風カスタムが流行しています。今回は、フレックス株式会社が販売するリノベーションカー「Renoca(リノカ)」の中から、トヨタ プロボックス、トヨタ ランドクルーザー(100系)、トヨタ ハイエース(200系)をベースにした話題のレトロ風カスタム車をご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. ベース車の良さを残してレトロ風にカスタム リノカ EURO BOX
  2. 100系ランドクルーザーがレトロな見た目に大変身! リノカ 106
  3. ハイエースの使い勝手をそのままにレトロ化した リノカ COAST LINES

ベース車の良さを残してレトロ風にカスタム リノカ EURO BOX

2020年12月に発表されたリノカの最新モデルがトヨタ プロボックスをベースとした「EURO BOX(ユーロボックス)」です。エクステリアは、ブラックアウトされたフロントグリルに丸型ライト。さらに、ブラックのフェンダーに埋め込まれた四角いウインカーや平らなボンネット、専用ホイールがレトロなスタイリングを演出しています。

インテリアは、チェック柄のシートが装着され、親しみやすい印象に仕上げ、居心地のいい空間を創造。また、使い勝手や走りは、ベースのプロボックスのままであるため、日常から趣味、仕事までタフに使える性能と耐久性が魅力です。

ベースとなったトヨタ プロボックスとは

トヨタ プロボックスは、2002年から販売が開始された5ナンバーサイズのステーションワゴンタイプの商用車。必要最低限の装備、貨物車に求められるタフな足まわり、荷室の広さを確保しています。

2014年の改良では、1リットルのパックを差し込めるホルダーやお弁当を置けるテーブルなど、営業車としての利便性を向上。さらに、先進の予防安全性能の「Toyota Safety Sense」を装備しています。プロボックスは、日本の働く人たちを支える万能なコンパクトバンなのです。

トヨタ プロボックスの中古車相場

■中古車掲載台数:816台

■中古車相場:16万円~249.8万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2021年1月7日時点のデータ

100系ランドクルーザーがレトロな見た目に大変身! リノカ 106

丸目と角目のバリエーションを用意するヘッドライト、さらに、フロントグリル内の「TOYOTA」エンブレムがトヨタ 60系ランドクルーザーを彷彿とさせるリノカ 106。装着されるフロントグリルは、ランドクルーザー60系の正規パーツを換装し、ボンネットをスチール製にすることで強度を高めるなど、本物の“見た目”と“タフさ”を追求しています。

インテリアは、ベースとなるランドクルーザー100系の高級感をそのままに、外観の印象を反映させたシートは、カバータイプと張り替えタイプを用意。現代的な快適さと、クラシカルな空気感の両方を演出しています。

ベースとなったトヨタ ランドクルーザー(100系)とは

トヨタ ランドクルーザー100系は、1998年~2007年まで販売され、世界中で高い評価を得ている大型のラグジュアリーSUV。どんな過酷な環境も走行できるタフなスペック、上質で快適なインテリアを備えるモデルとして現在でも人気です。

ランドクルーザー100系は、235馬力を発揮する4.7リッターV型8気筒ガソリンエンジンを採用。このエンジンはトヨタ セルシオにも搭載された2UZ-FE型で、静粛性の高さにも定評があります。

また、安全性能や快適性能が高いことも特徴で、SRSエアバッグ、カーテンエアバッグ、横滑り防止装置、クルーズコントロール、電動シートにシートヒーターなどが装備されています。

トヨタ ランドクルーザー(100系)の中古車相場

■中古車掲載台数:189台

■中古車相場:90万円~540万円

※中古車掲載台数および相場は、2021年1月7日時点のデータ

ハイエースの使い勝手をそのままにレトロ化した リノカ COAST LINES

リノカの中でも高い人気を誇るのが、トヨタハイエースをベースとした「COAST LINES(コーストライン)」です。

60年代から90年代に見られたアメリカのバンをテーマに、角型ライトまたは丸目ライトを装着。ブラックアウトしたグリルには「TOYOTA」のエンブレムを装備しています。

インテリアは、キャメル色のシートにストライプの装飾がされ、クラシカルな雰囲気を演出。車内でもレトロな印象を楽しむことができます。ラゲッジは、ベースとなるハイエースと同様のスペースや使い勝手が確保され、キャンプや車中泊にも最適です。

ベースとなるハイエース(200系)とは

トヨタハイエースは、1967年から販売しているキャブオーバー型のワンボックスカーです。リノカ「COAST LINES」のベースで、通称200系と呼ばれているは、2004年から販売している5代目。

標準ボディ、ワイド ミドルルーフ、スーパーロング、グランドキャビンなど多彩なバリエーション、貨物車としての耐久性や剛性を持つボディが特徴で、日本国内のみならず世界各国で人気です。

リノカのラインナップは、ミドルルーフをベースにした「COAST LINES」のほか、標準ボディをベースにした「COAST LINES Narrow」が販売されています。

トヨタ ハイエース(200系)の中古車相場

■中古車掲載台数:1140台

■中古車相場:87万円~854.3万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2021年1月7日時点のデータ

トヨタ/プロボックスバン
トヨタ プロボックスバンカタログを見る
新車価格:
139.9万円200.2万円
中古価格:
16万円249.8万円
トヨタ/ランドクルーザー100
トヨタ ランドクルーザー100カタログを見る
新車価格:
422.4万円596.2万円
中古価格:
90万円540万円
トヨタ/ハイエースバン
トヨタ ハイエースバンカタログを見る
新車価格:
219.2万円428.6万円
中古価格:
50万円1,103.1万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ プロボックスバンの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ プロボックスバンのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ プロボックスバンの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ プロボックスバンの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ プロボックスバンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる