この迫力はまさにワールドワイド級! 日本で売ってない国産ピックアップトラック3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
ピックアップトラックとは、その名の通り車両後方に荷台を持つ車で、頑丈なシャシーにパワーのあるエンジンを搭載しています。日本ではあまり見かけないピックアップトラックですが、北米ではファミリーカーとして定番の車種。ハリウッド映画に国産ピックアップトラックが登場することも珍しくありません。また近年では、日本でもアウトドア人気によってピックアップトラックの人気が上昇中。そこで今回は、日本で売ってない大迫力の国産メーカー製ピックアップトラックを3車種ご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 高級セダン並みの質感が魅力! 日産 タイタン
  2. 圧倒的なパワーと存在感がカッコいい! トヨタ タンドラ
  3. マツダの美学とピックアップの用途を両立! マツダ BT-50
タイタンの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

高級セダン並みの質感が魅力! 日産 タイタン

日産 タイタンは、2003年から北米で販売を開始し、2015年に2代目へフルモデルチェンジしたフルサイズのピックアップトラック。全長6メートル弱、全幅2メートル超えという堂々としたボディに、5.6リッター V型8気筒エンジンと5速ATを組み合わせています。

インテリアにはレザー張りのシートやソフトパッドを使った内装パネル、さらにメッキパーツを使用することで、高級セダンに匹敵するほどの上質感を実現しています。

最新モデルは安全性もバッチリ

日産が2020年8月に発表したタイタン2021年モデルでは、先進安全装備が充実。その装備内容は、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「アダプティブハイビームアシスト/ハイビームアアシスト」「後退時車両検知警報 RCTA」「インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)」「RCTA 後退時車両検知警報」「標識検知機能」といった7種類の先進運転支援システムで構成される「日産セーフティシールド360」が全車標準装備。

北米では、ピックアップトラックをファミリーカーとして使用することも珍しくありません。だからこそ、家族で安心して使える安全装備が充実しているのです。

日産 タイタンの中古車相場

■中古車掲載台数:4台

■中古車相場:228万円~398万円

※中古車掲載台数および相場は、2021年1月4日時点のデータ

圧倒的なパワーと存在感がカッコいい! トヨタ タンドラ

トヨタ タンドラは、北米トヨタが販売するフルサイズピックアップトラックです。日本国内で販売されているハイラックスよりもさらに大きなボディに、豪華で広々とした室内とハイパワーエンジンが搭載されています。

2007年から販売を開始した2代目にあたる現行モデルは、2014年に大幅改良を実施。全長5814mm×全幅2030mm×全高1925mmのボディサイズに、最高出力386ps、最大トルク544Nmを発揮するパワフルな5.7リッターV型8気筒エンジンを搭載します。

また、最大積載量785kg、最大牽引力4630kgという圧倒的な牽引力を誇り、プロユースからレジャーユースまで、幅広いユーザーに支持されています。

悪路走破性を高めた「TRD Pro」を設定

トヨタ タンドラには、悪路走破性を高めたTRD Proが設定されています。TRD Proは、2021年モデルの特別仕様車として「トレイル」と「ナイトシェード」を発売。

トレイルは、エクステリアにクロームグリルにブラックのバッジ、新形状のホイールを装備。インテリアには、タンのステッチ入りブラックシート、アウトドアでの汚れも気にならない全天候型フロアライナー(樹脂製フロアマット)を装備しています。ナイトシェードは、グリルやミラーキャップ、ホイールなどにブラックカラーを採用し、黒ずくめで引き締まったエクステリアが印象的です。

トヨタ タンドラの中古車相場

■中古車掲載台数:136台

■中古車相場:95万円~830万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2021年1月4日時点のデータ

マツダの美学とピックアップの用途を両立! マツダ BT-50

2020年に3代目となったマツダ BT-50は、魂動(こどう)デザインを採用した個性的で美しいピックアップトラックです。いすゞ D-MAXをベースに作られ、エンジンはいすゞ製の3.0リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。最高出力190ps/3600rpm、最大トルク400Nm/1600-2600rpmを発生させ、トランスミッションに6速ATまたは6速MTが組み合わされます。

デザインにおいては、マツダのデザインテーマである魂動デザインを採用することで、ピックアップトラックならではの力強さやタフな機能性、道具感を表現。また、使いやすさや安心感も追求しています。

マツダらしい美学がインテリアにも宿る

インテリアでは、インパネやステアリングホイールなどにマツダオリジナルデザインを採用。インパネ中央の9インチディスプレイには、最新のインフォテインメントシステムを導入しています。マツダ BT-50は、ピックアップの特徴である、幅広い用途やさまざまな使用シーンを想定。ユーザーのニーズに応える走行性能、機能性、安全性に加え、マツダらしい美学を注ぎ込んだピックアップトラックです。

マツダ BT-50の中古車相場

■中古車掲載台数:0台

■中古車相場:価格情報収集中

※中古車掲載台数および相場は、2021年1月4日時点のデータ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 タイタンの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 タイタンのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 タイタンの中古車検索 日産の記事一覧 日産 タイタンの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 タイタンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる