日本だって負けてない! 日常使いにピッタリなサイズと価格が自慢の国産電気自動車3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
昨今世界的な潮流となっているクルマの電動化。電気自動車(EV)をはじめ、ハイブリッド(HV)やプラグインハイブリッド(PHV)など、世界中のメーカーからさまざまな電動車が続々とリリースされる中、日本は遅れていると言われることも…。しかし、日本には世界で初めて量産化されたハイブリッド車のトヨタ プリウスや、電気自動車の三菱 i-MiEVなど、世界をリードしてきた実績があります。そこで今回は、日本が世界に誇る電気自動車3車種をご紹介しましょう。
目次[開く][閉じる]
  1. シンプルで遊び心に溢れた次世代型シティコミューター! ホンダ Honda e
  2. 長い航続距離とスポーティな走りが自慢! 日産 2代目リーフ
  3. 世界初の量産型電気自動車 三菱 i-MiEV(アイミーブ)

シンプルで遊び心に溢れた次世代型シティコミューター! ホンダ Honda e

2020年8月にデビューしたホンダ初のピュアEVであるホンダeは、角が取れた丸みのあるかわいらしいスタイリングが大きな特徴です。丸型ヘッドライトおよび丸型リアコンビランプを装着し、ライトを繋ぐブラックのガーニッシュがホンダeらしさをアピール。また、凹凸の少ないボディパネルやコンパクトにまとめられたデジタルミラーユニットにより、極めてシンプルな見た目に仕上げられています。

内装は、インパネ全面が液晶モニターで構成され、デジタルミラー、ナビおよびインフォテインメントシステム、メーターが横一列に並び、スマートフォンやタブレットのように直感的な操作をすることが可能。さらに、停車時や充電時には、アプリケーションでモニターの中で魚を飼うことができ、エサやりまでできるといった待ち時間を楽しくするコンテンツまで用意されています。

コネクト技術やスマホが鍵になるシステムなど最新テクノロジーを導入

近年増えてきた音声認識機能やコネクテッドは、「OK、Honda」と話かけることでスタート。最新かつリアルタイムな情報をオンデマンドに提供してくれます。さらに、専用のアプリケーションをスマートフォンにダウンロードすれば、スマホを車の鍵とすることができ、パワーオンまでしてくれるデジタルキーを国産車として初めて搭載しました。

また、ホンダの予防安全システムである「Honda SENSING(ホンダセンシング)」は全車標準装備され、安全性が高く先進的なEVとなっています。

ホンダ Honda eの中古車相場

■中古車掲載台数:0台

■中古車相場:価格情報収集中

※中古車掲載台数および相場は、2021年1月3日時点のデータ

長い航続距離とスポーティな走りが自慢! 日産 2代目リーフ

2010年に初代がデビューし、2017年に2代目へフルモデルチェンジした日産の電気自動車リーフ。2代目リーフは、プラットフォームやドアを初代から受け継いでいるものの、バッテリースペースの見直しにより、初代よりも10kWh多い40.0kWhのバッテリーを搭載し、JC08モードの航続距離は、初代初期モデルの200kmから400kmと2倍に伸延。さらに64kWhのバッテリーを搭載するe+は、JC08モードで570kmの航続距離を実現しています。

エクステリアデザインは、空気抵抗を受けにくい滑らかな線で描かれる5ドアハッチバックスタイルとし、日産のアイコンでもあるVモーショングリルやブーメラン型のリアコンビランプを装着。操作面では、アクセルペダルひとつで発進・加速・減速・停止ができる「e-ペダル」、自動駐車の「プロパイロットパーキング」を装備しています。

電気自動車ならではのスポーティーさを追求したグレードを設定

日産 リーフには、随所にレッドのアクセントをあしらい、ステアリングやサスペンションに専用チューニングを施した「NISMO(ニスモ)」や、ブルーやシルバーの加飾がされた「AUTECH(オーテック)」を設定。電気自動車ならではの鋭い加速のイメージにマッチするスポーティーグレードの設定により、走りの楽しさを感じられる電気自動車です。

日産 2代目リーフの中古車相場

■中古車掲載台数:567台

■中古車相場:158.7万円~469.8万円

※中古車掲載台数および相場は、2021年1月3日時点のデータ

世界初の量産型電気自動車 三菱 i-MiEV(アイミーブ)

三菱 i-MiEV(アイミーブ)は、2009年にデビューした世界初の量産型電気自動車です。軽自動車のi(アイ)をベースに16kWh大容量リチウムイオンバッテリーと小型高効率モーターを搭載し、フル充電の航続距離が164kmと市街地での走行に最適。車内は長いホイールベースにより、4人乗車でも十分な広さが確保されています。

操作に関しては、軽自動車のi(アイ)と共通している部分が多いため、ガソリン車から乗り換えても違和感なく操作できるのも大きな特徴です。

2018年に軽自動車から小型車となったi-MiEV

2018年には、フロントバンパーとリアバンパーの変更により全長が3395mmから3480mmに拡大。軽自動車から登録車に区分変更となりました。また、駆動用バッテリー温度が高い状態で急速充電をした場合、充電時間が長くなることをお知らせする機能を採用しています。

i-MiEVは、他のライバルよりもボディサイズが小さく、航続距離164kmと短いものの、日常の買い物や送迎などであれば十分で、ちょっと乗りのセカンドカーに適した電気自動車です。

三菱 i-MiEVの中古車相場

■中古車掲載台数:80台

■中古車相場:43万円~218万円

※中古車掲載台数および相場は、2021年1月3日時点のデータ

日産/リーフ
日産 リーフカタログを見る
新車価格:
332.6万円499.8万円
中古価格:
34万円409万円
三菱/アイ・ミーブ
三菱 アイ・ミーブカタログを見る
新車価格:
300.3万円300.3万円
中古価格:
215.8万円247.7万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ Honda eの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ Honda eのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ Honda eの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ Honda eの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ Honda eのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる