世界中が真似をした! 初代ハリアーが“発明”したプレミアムSUV【新型ハリアー発売まであと26日】

画像ギャラリーはこちら
2020年6月にデビューするハリアーのまだまだ知られていない秘密を毎日お届けしていく本企画。今回はその歴史の始まり。1997年に登場した初代ハリアーの偉大過ぎる功績をご紹介していきます。

>>世界中が真似した! トヨタ 初代ハリアーの斬新さを改めて画像で見る[画像36枚]

SUVの一大革命を巻き起こしたトヨタの2台とは

SUVジャンルを一気に大衆化させたRAV4

SUV(Sport Utility Vehicle:スポーツ・ユーティリティー・ビークル)という言葉はもともとアメリカ発祥の言葉で、レジャー用途車両を指す。中でもトヨタ ハイラックスサーフや三菱 パジェロは日本でも大ブームとなり、SUVはいちジャンルとして定着していく。

革命が起きたのは1994年。一般的な乗用車と同じFF・モノコックボディを用いたトヨタ RAV4がデビューしたのだ。走破性や実用性はそのままに、小型・軽量だから燃費に優れ走りも軽快。スポーティなスタイリングも支持され、ヒット作となった。

これが転機となり、堅牢な梯子型フレームを持つ従来型の重厚なSUVは、悪路の走破性や耐久性を重視する一部の特殊なモデルに限られていくのだった。

SUVに高級というエッセンスを加え大ヒットとなった初代ハリアー

と、前置きが長くなったが…RAV4を生み出したトヨタは、1997年12月に初代ハリアーを“発明”した。

こちらもRAV4同様のモノコックボディだが、実用性の高さが支持されたSUVの世界に、高級というもうひとつのエッセンスを加えた。日本以外ではレクサス RXとして売られるため上質な内外装で仕立てられ、静粛性も高い。

高級SUVの世界ではまだフレーム付の重厚なモデルが主流だったから、ハリアーのスマートさはひときわ光った。北米では、ベースとなったセダンタイプのES(日本名ウィンダム)を超え、レクサスでダントツTOPの販売台数を稼ぐほど、急激に売れ行きを伸ばしていった。

世界を巻き込むムーブメントを生み出した初代ハリアー

大小さまざまなSUVがバカ売れし、一大マーケットを有していたアメリカだが、これはライトトラック(とその派生型SUV)が税制面で優遇されていたことが一因。したがって1990年代当時、北米BIG3以外で参入できたのは、ベースとなるピックアップトラックを生産する日本メーカーが主流だった。欧州メーカーの多くは、この美味しい市場もただ指をくわえて見ているしかなかった。

欧州メーカーも「この手があったか!」と気が付いた

ところがRAV4やレクサス RX(初代ハリアー)の大ヒットで「この手があったか!」と、2000年代になり欧州メーカーも参入。中でもBMWやボルボなどのプレミアムブランドが、プラットフォームを乗用車と共用する高級なSUVをいち早く仕立て北米市場に参入。それぞれヒットを飛ばしている。

その後北米以上の規模へと拡大する中国市場でもSUVは主流となり、今ではスポーツカーしか造っていなかったポルシェなど世界中の高級車・スーパーカーメーカーがSUVを用意するまでに。

そんな世界を巻き込むムーブメントのきっかけを作り出したのが、ニッポンが誇る初代ハリアーだったのだ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

2020年6月17日まで日替わりで新型ハリアーの情報をお届け! 次回は!?

いかがでしたか。新型ハリアーのまだまだ知られていない秘密を毎日ご紹介していく本企画、2020年6月17日と噂される発売日まで毎日、新型ハリアーにまつわる様々な情報をお届けしていきます。

明日5月23日(土)は、ハリアーのライバルモデルについてご紹介します! お楽しみに。

>> 世界が追従したプレミアムSUVのパイオニア トヨタ ハリアー(初代)を画像で見る

2020年6月まで待てない! 新型ハリアーの関連記事

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
300.4万円504.6万円
中古価格:
35万円535万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる