イタリアの名門とトヨタがコラボ!? ド迫力の純正カスタムカー“ハリアー・ザガート”を振り返る

画像ギャラリーはこちら
いよいよ6月。新型ハリアーの発売も間近ですが、ここで思い出しておきたい特別なハリアーの歴史をご存知ですか。アルファロメオやアバルト、フェラーリにアストンマーティンなど、世界の名立たる名車を手掛けてきたイタリアのカロッツェリア“ZAGATO”(ザガート)とのコラボモデル“HARRIER ZAGATO”(ハリアー ザガート)のことです!

>>イタリアの名門とトヨタがコラボ! こんなハリアー見たことある!?

目次[開く][閉じる]
  1. 初代ハリアー発売後わずか半年で登場したハリアー・ザガート
  2. 98年当時に専用のWebサイトまで用意した、トヨタモデリスタ渾身のカスタマイズモデル
  3. なんとハリアー・ザガートには2代目モデルも

初代ハリアー発売後わずか半年で登場したハリアー・ザガート

今や手掛けていないメーカーを探すほうが難しいプレミアムSUV、その元祖のひとつと言っていい初代ハリアー(1997年12月発売)ですが、デビュー早々にこんなコラボをしていたのをご存知でしょうか。

イタリアの名門カロッツェリア“ZAGATO”(ザガート)と、トヨタの特装車を手掛けるトヨタモデリスタが手を組み誕生させた“HARRIER ZAGATO”(ハリアー ザガート)のことです。

デザインコンセプトは「イタリアン・ロケット」

初代ハリアーをベースにしたハリアー・ザガートは、ザガート社(正確にはSZデザイン社)が「イタリアン・ロケット」のコンセプトでデザインを担当。ハリアーデビュー直後の98年1月に開催された東京オートサロンで早くもプロトタイプ車を参考出品しています。

当時のプレスリリースによると、SZデザイン社とトヨタモデリスタとの共同開発はハリアーがまだ世に出る前の97年頃から始まっていたのだそう。そもそもハリアー自体が全く新しいジャンルのニューモデル。そこにここまでの手間をかけ、かつスピーディにカスタムカーを発売させたのだから、ハリアー・ザガートに対する期待の大きさが伺えます。

98年当時に専用のWebサイトまで用意した、トヨタモデリスタ渾身のカスタマイズモデル

ハリアー・ザガートは、ハリアーを生産するトヨタ自動車九州(当時)で架装を行うカスタマイズのコンプリートカーとして、ハリアーデビューのわずか半年後、1998年5月に発売を開始しています。

当時まだ珍しかった専用のインターネットサイト「ハリアー・ザガート バーチャルショールーム」まで用意されていたそうです。

ボディ全体を囲むザガート仕様エアロキットと専用のローダウンサスと18インチアルミ(タイヤサイズ:215/70R18)により、ベース車とはガラッと違う迫力があります。ボディサイズは全長4635mm、全幅1900mm、全高1640mm。ベース車は4580×1820×1670mmなので車高のみグンとダウン、全長と全幅はかなり拡大していることがわかります。

ボディカラーはスーパークロマレッド(写真)のほか、ホワイトパールマイカとブラックの3色が用意されていました。

ここまで手の込んだカスタムカーでありながら、価格は363万5千円。3リッター・FFモデルのみの設定で、限定200台の発売でした。今考えると、ちょっと激安過ぎる設定だったのでは!?

なんとハリアー・ザガートには2代目モデルも

2代目“HARRIER ZAGATO”(ハリアー ザガート)はトヨペット店50周年記念特別限定車として、2006年7月に発表されています。こちらは2代目ハリアー(2003年)登場後3年を経ての登場です。

やはりZAGATOがデザインした前後のエアロバンパーやグリル、フロントフェンダー、クオーターパネル、クラディング(ドア下半分の加飾)、サイドマッドガードなどの専用スタイリングキットと18インチ専用アルミ(タイヤサイズは235/55R18)で、こちらもすっかりベース車の雰囲気を変えました。

ワイド&ロー化しド迫力のスタイリングに

スタイリングキットにより全長で+20mm、全幅で+45mmもワイド化。ローダウンスプリングで全高のみ20mmダウンし、ボディサイズは全長4755mm、全幅1890mm、全高1660mmとなっています。

2006年9月から2007年3月までの期間に生産され、台数は全国250台限定。ボディカラーは専用色のレッドマイカメタリックに加え、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックの3色が用意されていました。

ハリアーの350G“Lパッケージ”と240G“Lパッケージ”(それぞれFFと4WDの選択が可能)がベースで、当時の価格は493万5千円から571万2千円までと、2代目はなかなかの高価なモデルとなっていました。

4代目ハリアーのカスタマイズカーにも期待大!

いかがでしたか。

初代、2代目と続いたイタリア・カロッツェリアとのコラボモデル。ベース車とはガラッと趣きを変えたド迫力のコンプリートカーという発想は、カスタムカーがすっかり市民権を得た今のほうがもっと受け入れられそうな気もします。

4代目となる新型ハリアーでも、こんな夢のようなカスタムカーが現れることに期待したいところ。TOYOTA GAZOO RacingのGRシリーズなのか、はたまた別のコラボなのか、いずれにせよ楽しみです。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

2020年6月17日まで日替わりで新型ハリアーの情報をお届け! 次回は!?

新型ハリアーのまだまだ知られていない秘密を毎日ご紹介していく本企画、2020年6月17日と噂される発売日まで毎日、新型ハリアーにまつわる様々な情報をお届けしていきます。

明日6月2日(火)も、ハリアーの話題についてご紹介します! お楽しみに。

>>カスタマイズカー「ハリアー・ザガート」とノーマルのハリアーを画像で見比べてみる

新型ハリアー 関連記事はこちらをチェック!

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
20万円535万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる