autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 セレナe-POWERはバッテリーが切れたら坂道を登れなくなるのか?バッテリーを空にして試してみた

試乗レポート 2018/5/24 10:01

日産 セレナe-POWERはバッテリーが切れたら坂道を登れなくなるのか?バッテリーを空にして試してみた

関連: 日産 セレナ Text: 国沢 光宏 Photo: 小林岳夫・国沢光宏
日産 セレナe-POWER
日産 セレナe-POWER日産 セレナe-POWER日産 セレナe-POWER日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV画像ギャラリーはこちら

セレナe-POWERは高速道路の長い登り坂を克服出来るのか?

発売以来、好調に売れている日産 セレナe-POWERには、1つだけ懸念される条件があった。「高速道路の長い長い登り坂を克服出来るか?」という点だ。

というのも、後述するが、セレナe-POWERに搭載されるのは、84馬力しかない1.2リッターエンジン。バッテリーによるアシストが無くなったなら、車重1760kgをこのエンジンだけで走らせなければならない。

セレナe-POWERの試乗会の時に「例えば関越道の渋川伊香保から赤城までの長くてキツい登り坂をキチンと走れますか?」と聞いたら、開発担当者も「東名道の大井松田~御殿場間は問題ありませんでしたが、関越道について試していないので解りません」。う~ん。

以下、改めてセレナe-POWERのパワーユニットに付いて紹介しておく。

>>登坂性能はどうだ!?セレナe-POWERの画像を見る

セレナe-POWERがEV走行できる距離はわずか3km

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV
日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV

駆動系の基本は電気自動車である。実際、走行用モーターも電気自動車のリーフと同じタイプを使っている。ただ電気自動車のような大きい走行用バッテリーを搭載していないため、電気自動車としての動力性能は最大で52馬力&航続距離3km程度。つまりエンジンを使わない状態だと52馬力で3kmしか走れない電気自動車ということ。

これだけでは圧倒的な性能不足のため、1.2リッターエンジンで発電機を駆動し、最大84馬力分の電力を供給する。つまりバッテリーだけだと52馬力。エンジンだけなら84馬力。合わせて使って136馬力といった具合。バッテリーをバッファとしている。例えば停車時はエンジン停止。そこから走り出す場合、バッテリーで52馬力を引き出す。

走り出すとバッテリーを消費するため、エンジン掛けて走行用の電力+バッテリー充電の電力を発電する。さらに減速時もエネルギー回生し、バッテリー充電。といった具合で、賢く細やかに効率良くエネルギーを使っているのだった。今回問題となったのは、52馬力を引き出すバッテリーを使い切った時の動力性能である。

セレナe-POWERの登坂性能を関越道 渋川伊香保ICから赤城ICで試す

長い登り坂に差し掛かった場合、最初エンジンの84馬力+バッテリーからの52馬力も加わり136馬力をフルに使える。けれど使えるバッテリーの容量はリーフなど電気自動車と比べ圧倒的に少ない。リーフだと36kWhくらい使えるが、セレナe-POWERって0.5kWhくらいしか使えないのだった。フルに52馬力使ったら、2~3分で売り切れ。こうなると84馬力のエンジンだけで頑張らなくちゃならない。

ということで文頭に戻る。バッテリーを使い切ったら、登り坂でノロノロ走行になっちゃうかもしれません。

長い長い前置きになった。机上でアレコレ考えるより走ってみればよい。関越道を北上し、走行用バッテリーを売り切れにした状態のまま赤城の登り坂に突入してみた!

バッテリーが空っぽの状態で登り坂に突入!結果はいかに!?

セレナe-POWERの登坂性能を関越道 渋川伊香保ICから赤城ICで試す

関越道下り線の渋川伊香保ICから赤城ICの制限速度は80km/h。後続車が全く居ないことを確認し、60km/hからアクセル全開加速する。

するとどうよ!確かに加速はバッテリーがビンビンの時より鈍い。けれど明確な加速を開始。あまりストレスなく80km/hに到達する。この加速感なら、6名乗車+冬の向かい風であっても、80km/h+αの巡航が出来ることだろう。

セレナe-POWERと自動車評論家の国沢光宏氏

参考までに書いておくと、渋川伊香保~赤城の登り坂は走行1kmで30m上がる。大井松田~御殿場が同14m。赤城の坂を走れれば高速道路の登り坂なら全て対応可能だと思う。もう少し掘り込めば、計算上、赤城の登り坂だと2人乗り程度の空荷で130km/h。6名乗車+向かい風15mなら100km/hくらいが物理的な最高速となる。

その他、様々な条件&荷重で600kmほど走らせてみたが、通常の使い方ならパワー不足感全く無し。負荷が少なくなったらすぐ充電制御に入るため、通常の乗り方だとバッテリー残量無くなることは”ほぼ”無いと考えていいだろう。

今回試せなかったほど過酷な環境だと解らないけれど、私は「2000ccクラスのライバルと同等」と評価します。

[TEXT:国沢光宏/PHOTO:小林岳夫・国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 セレナ の関連編集記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連編集記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR