autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 セレナe-POWERに速攻試乗|これがフルハイブリッドを超えたEVミニバンだ!

試乗レポート 2018/2/28 10:00

日産 セレナe-POWERに速攻試乗|これがフルハイブリッドを超えたEVミニバンだ!

関連: 日産 セレナ Text: 国沢 光宏 Photo: 小林岳夫
日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV画像ギャラリーはこちら

セレナe-POWER遂に登場

東京モーターショー2017や東京オートサロン2018に出展されていた“セレナe-POWER(eパワー)”が正式に発表となった。すでに搭載されるエンジンの排気量やシステムなど、様々な情報は流れていたものの、今回限られた状況ながら早くもハンドルを握ることが出来たので、未公表だったスペック&価格と共に紹介してみたい。

>>e-POWERはグリルに青いラインが特徴、セレナe-POWERを画像でチェック

関連記事:

■市販化目前!? 日産“AUTECH”コンセプトシリーズ(セレナe-POWER/ノート e-POWER/エクストレイル)【東京オートサロン2018】

エンジンで発電し、モーターで駆動する“e-POWER”

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV

まずアウトラインから。

基本的にはノートe-POWERと同じく136馬力のモーター(リーフと同じ)を搭載する電気自動車である。エンジンから直接タイヤを駆動する変速機や、クラッチなどの経路無し。どんな条件であってもモーターで前輪を駆動する「発電機付きの電気自動車」だと思えば間違いない。

搭載されている電池は容量1.8kWh。数字だけ見ても全くイメージ出来ないと思う。大雑把なイメージとして「充電モードを選びフル充電しておけば電気だけで2.7km走る」とのこと。ちなみに運用上はハイブリッド車と同じだから、外部からの充電は出来ない。フル充電したいなら「充電モード」を使う。

充電モードを使うとエンジン始動し充電を開始。フル充電すると2.7km程度モーターだけで走行し、その後、通常のハイブリッド車と同じようなエンジンの使い方を行う。

すなわち

(1)停車時はエンジンも停止

(2)走り出すとアクセル開度にもよるが、通常ならタイヤが2~3転がりした段階でエンジン始動

(3)そこからアクセル開度によりエンジン回転数が上下し、走行に必要な電力量をエンジン直結の発電機で作り出す。

関連記事:

■【試乗レポート】ノートe-POWERは他のハイブリッドとどう違う?

街中ならパワー不足は感じなくてすみそう

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV

エンジンは84馬力を発生する3気筒1200cc。5馬力ほど増えているが、基本構成はノートe-POWERと同じだ。ここまで読んで「84馬力だと1.5トンを軽く超えるセレナのボディには足りないのではないか」と思うだろう。

そもそもエンジン全開で84馬力。136馬力のモーターをフル稼働させるだけの出力が無い。どうするのか?

短い時間に限り走行電池から50馬力+α分の電力を供給するのだった。つまりアクセル全開にすると、電池から50馬力+αのパワーを出し、同時にエンジン始動し、84馬力を加えて行く。

通常の使用だとアクセル全開の時間は長くて20秒間。そのくらいの電力なら電池から引き出せる。アクセル戻せばすぐ使った分を充電する制御になっている。今回はサーキットでの試乗だったが、1200ccエンジンと思えないほど元気。街中を乗っていてパワー不足を感じることは無いと思う。

登坂性能が若干不安だが・・・

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV

唯一の不安点は長い登り坂など、連続してパワーが必要になる状況。開発担当者に聞いてみたら「例えば東名道の大井松田~御殿場間のような長い登り坂でも、定員乗車で制限速度を十分維持出来る出力を持っています」。「(関越道の)渋川伊香保~赤城はどうか?」と聞いたら「試していません」だそう。

ナンバー付いて公道試乗出来るようになったら、様々な登り坂を試してみたいと思う。

また、意外だったのはエンジン音がけっこう静かだったこと。3気筒ということで振動や騒音レベル高いかと予想していたら、そんなことなかった。ライバルの4気筒ハイブリッド車に勝るとも劣らない。

気になるセレナe-POWERの燃費と価格は?

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV

気になる燃費はJC08モードで26.2km/L。ホンダ ステップワゴンの25.0km/Lやトヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア3兄弟の23.8km/Lを凌ぐ。最近モード燃費と実燃費の乖離がウルサクなったこともあり、額面通りに受け取っていいかと。

価格だけれど、ベースグレードで296万8920円から。装備内容を揃えればライバルと横並びになる。

[Text:国沢 光宏/Photo:小林 岳夫]

関連コンテンツ:■日産 新型セレナe-POWER最新情報

セレナe-POWERの主要スペック

セレナe-POWERの主要スペック
ハイブリッド(e-POWER)
グレードセレナe-POWER ハイウェイスターV
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション
価格(消費税込)3,404,160円
JC08モード燃費26.2km/L
全長4,770mm
全幅(車幅)1,740mm
全高(車高)1,865mm
ホイールベース2,860mm
乗車定員7名
車両重量(車重)1,760kg
エンジン直列3気筒 DOHC ガソリンエンジン+ハイブリッドシステム(e-POWER)
排気量1,198cc
エンジン最高出力62kW(84PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,200~5,200rpm
モーター最高出力100kW(136PS)
モーター最大トルク320N・m(32.6kgf・m)
動力用主電池リチウムイオン電池
燃料無鉛レギュラーガソリン
筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2018/4/27~2018/5/27