新型セレナ、非オラオラ系の落ち着いたデザインに支持が集まるもボタン式ATスイッチに懐疑的な声! 進化したe-POWERが売れ行きの鍵【みんなの声を聞いてみた】

画像ギャラリーはこちら
2022年11月28日(月)、日産 セレナがおよそ6年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たした新型モデルとなりました。新型セレナは、先進性と美しさが追求されたデザインになったほか、進化したe-POWERの搭載、プロパイロット2.0を標準装備した最上位グレード「ルキシオン」の新設定を行っています。

ここでは、そんな新型セレナについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していきます。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型セレナの落ち着いたデザインは、既存オーナーやオラオラ系が苦手な層からは好印象
  2. 上質でシンプルなデザインが魅力の内装だが、押しボタン式のシフト操作に懐疑的な声
  3. 進化したe-POWERによる走行性能が不安材料をどれだけ払拭できるかが鍵

新型セレナの落ち着いたデザインは、既存オーナーやオラオラ系が苦手な層からは好印象

新型セレナのフロントマスクは、LEDヘッドランプのロー/ハイビーム/車幅灯が縦方向に並び、日産車の特徴であるV字型グリルをランプで表現。すべてのランプはLED化され、先進性と美しさが追求された外観となっています。

新型セレナは、先代型と同様に標準ボディは5ナンバーサイズ。全長4690mm × 全幅1695mm × 全高1870mmです。エアロパーツを装着した3ナンバー車のハイウェイスターは全長4765mm × 全幅1715mm × 全高1870mm(最上級のルキシオンは1885mm)です。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は先代型から10mm伸びて2870mmですが、プラットフォームは先代型と共通です。

そんな新型セレナのデザインに対し、SNS上でまず見受けられたのは、

「穏やかなデザインが良い」

「オラオラ系デザインじゃないのが好印象」

「デザインに上品さを感じる」

「未来感のあるデザインが好き」

といった前向きに捉える層の声。一方で、

「ちょっとコンサバすぎるデザインか?」

「ライト周りがちょっと変わったくらいで変化点が少ない」

「う〜ん…セレナオーナーは無難なデザインを求めているのだろうか」

「ほぼ変化なし。フルモデルチェンジというよりマイナーチェンジっぽい」

といった声も一定数で見受けられました。デザインは個々で好みが分かれるところではありますが、これまでのセレナオーナーやオラオラ系と言われる押しの強いデザインを好まない落ち着いたデザインを好む層からは新型セレナのデザインは好印象のようです。

上質でシンプルなデザインが魅力の内装だが、押しボタン式のシフト操作に懐疑的な声

新型セレナの内装は、液晶のメーターとカーナビ画面が並び、インパネ中央の下側にはエアコンを操作する液晶タッチパネルが装着され、すっきりとしたデザインとなっています。さらにその下側には、先代型のレバー式から変わり、押しボタン式のATスイッチが配置されています。

シフト操作に関して大きな変更ポイントとなるところですが、

「インパネデザインはシンプルになって良いと思う」

という声はあるものの、

「押しボタン式のシフトは安全上どうなのだろうか?」

「シフトレバーのままの方が安全ではないのか」

「誤作動が起こりやすそうなデザイン」

「逆に使いにくそう」

「ブラインド操作しずらそう」

などの疑問視する声が多数見受けられました。上質でシンプルなデザインが魅力の新型セレナの内装デザインですが、押しボタン式のシフトは新型セレナ購入への1つの焦点になりそうです。

進化したe-POWERによる走行性能が不安材料をどれだけ払拭できるかが鍵

ライバル車であるトヨタ ノア/ヴォクシー、ホンダ ステップワゴンに続き、2022年に新型へとフルモデルチェンジした日産 セレナ。デザインやe-POWER、安全性能の進化はあるものの、シフト操作の問題のほか、

「値段が高すぎて売れ行きが心配」

「プロパイロット2.0を選びたいが全然手が出せない」

「プラットフォームが3世代前から変わっていない」

など、価格面や性能面を疑問視する声も。そんな中で、

「先代のe-POWERでも充分だったが、新型では進化しているとなると乗るのが楽しみ」

「プラットフォームの古さを新しいe-POWERがどれだけ補えるか」

「色々ツッコミどころはあるものの、試乗してその走りの進化を試してみたい」

と、早く実際に触れて走ってみたいとする声があるのも事実。購入検討層は進化したe-POWERの走りをどのように評価するのか。新型セレナの今後の動向にも注目です。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部) カメラマン:小林 岳夫/MOTA編集部]

日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
276.9万円393.4万円
中古価格:
21万円448万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる