日産が本気で開発した新型デイズの魅力を写真でチェック!

6年ぶりのフルモデルチェンジで大幅アップデート

新車として販売されるクルマの約40%を占めると言われるほど、近年の軽自動車人気には目を見張るものがある。そんな未だ衰えを知らない軽自動車市場において、日産の重要基幹車種としてフルモデルチェンジを受けたのが日産 新型デイズだ。

日産と三菱の共同出資で誕生した合弁会社NMKVの設立後、初代 日産デイズ(三菱ekワゴン)が2013年に誕生して以来、今回のフルモデルチェンジは、およそ6年ぶり。初代デイズが三菱主導で開発されたモデルであったのに対し、新型デイズは日産が企画と開発を担当したことで大きな注目を集めている。

今回は、そんな大注目を日産 新型デイズの魅力や特徴を、モータ独自の取材で得た写真をもとに振り返ってみよう。

>>デザインと機能の両方をアップデートした新型デイズの写真をもっと見る【全142枚】

プロパイロットを搭載し長距離運転をサポート

今回のフルモデルチェンジにおけるメイントピックと言えば、軽自動車では初となるプロパイロットを搭載したことだろう(2019年3月の発売時点)。同社のリーフやセレナなど、プロパイロットという存在自体すっかりお馴染みだが、軽自動車に搭載したことは、やはり革新的だと言って良いかもしれない。

プロパイロットは、ハンドル操作をアシストして同一車線の中央付近を維持することを支援するのはもちろん、前を走る車に合わせて、減速から停止、そして、停止保持までをサポートする。

一昔前まで、高速道路を走る軽自動車はそれほど多くなかったが、近年では高速道路を走行する軽自動車を多く見かけるようになった。ファーストカーとして、これ1台で満たすユーザーが増えた証拠だ。そんな時代の流れを鑑みれば、普通車に搭載されるものと同レベルの運転支援システムが搭載されるのは、もはや必然と言っても良い流れだろう。

新開発のエンジンとCVTでクラストップレベルに返り咲き

搭載されるエンジンは、新開発のBR06型エンジンとなり、従来よりもトルク重視のロングストローク(62.7×71.2mm)タイプとなる。

グレードによって選べるエンジンは異なり、ベースグレードとなる“S”と“X”には、38kW/60N・mを発生する純粋なNAエンジンを搭載。

そして、ハイウェイスターXには、上記NAエンジンに最高出力2.0kWを発生するスタータージェネレーターを組み合わせた“スマートシンプルハイブリッド”となる。

最上級グレードとなるハイウェイスターGターボは、スマートシンプルハイブリッドにターボを組み合わせ、最高出力47kW、最大トルク100N・mを発生。ターボエンジンの動力性能は、1リッタークラスのNAエンジン並みの動力性能を持ち、普段使いでパワー不足を感じることはないだろう。

さらに、新型デイズではCVTも新開発されており、低フリクション化、軽量化、さらには小型化にこだわった軽自動車専用のCVTとなっている。

このように、エンジンとCVTを新開発したことで、一時は話題となった燃費問題を一気に解消するとともに、大幅に燃費が向上。SやXに搭載されるNAエンジンで、JC08燃費29.4km/L、スマートシンプルハイブリッドエンジンで、JC08燃費29.8km/Lという燃費性能を誇る。

日産のアイデンティティーが色濃く表現したデザイン

近年の日産車共通のアイデンティティーである“Vモーショングリル”を採用。ハイウェイスターはグリルを大きくとり、ヘッドライトは小さめで、やや押し出し感強い精悍な顔立ち。対して、ノーマルグレードでは、グリルの開口部は控えめで、反対にヘッドライトを大きくすることで、物腰の柔らかい万人受けするデザインとなっている。

また、サイドビューに目を移すと、後方に行くにしたがってキックアップされるウインドウラインや、フローティングルーフなど、ほかの日産車にも見られるデザインコンセプトが取り入れられている。

軽自動車でもメインのクルマになれる上質感

内装に関しても、クラスを超えた高い質感ともっぱらの評判で、従来型で不評だった小物入れの少なさも解消。軽自動車をメインのクルマにと考えているユーザーでも、十分に満足のいく仕上がりになっている。

また、プラットフォームも新たに開発したことで、ホイールベースは旧モデルと比較して65mm延長した。これに伴って、エンジンルーム長が65mm短縮。ホイールベースの延長分がそのまま室内長に反映されたことになり、軽自動車とは思えない余裕の車内空間を実現している。

[筆者:増田 真吾]

新型デイズ スペックと価格(主要グレードのみ抜粋)

日産 新型デイズのスペック(主要グレードのみ抜粋)
グレード X ハイウェイスター G ターボ
駆動方式 2WD 2WD
トランスミッション エクストロニックCVT エクストロニックCVT
価格(消費税込) 1,325,160円 1,549,800円
JC08モード燃費 29.4km/L 25.2km/L
WLTCモード燃費 21.2km/L 19.2km/L
市街地モード燃費 18.6km/L 16.0km/L
郊外モード燃費 22.3km/L 20.6km/L
高速モード燃費 21.7km/L 20.1km/L
全長 3395mm 3395mm
全幅(車幅) 1475mm 1475mm
全高(車高) 1640mm 1640mm
ホイールベース 2495mm 2495mm
乗車定員 4人 4人
車両重量(車重) 830kg 860kg
エンジン DOHC水冷直列3気筒 DOHC水冷直列3気筒(インタークーラーターボ)
排気量 659cc 659cc
エンジン最高出力 38kW(52PS)/6400rpm 47kW(64PS)/5600rpm
エンジン最大トルク 60N・m(6.1kg・m)/3600rpm 100N・m(10.2kg・m)/2400~4000rpm
燃料 無鉛レギュラーガソリン 無鉛レギュラーガソリン
この記事の画像ギャラリーはこちら
増田 真吾
筆者増田 真吾

和太鼓とROCKを愛する自動車ライター。国産車ディーラー、車検工場でおよそ15年自動車整備士として勤務したのち、大手中古車販売店の本部業務を経験。その後、急転直下で独立しフリーの自動車ライターに転身。国家資格整備士と自動車検査員資格を保有し、レースから整備、車検、中古車、そしてメカニカルな分野まで幅広い知見を持つ。昔の彼女が付けた肩書は「熱血太鼓車バカ」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 デイズの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 デイズのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 デイズの中古車検索 日産の記事一覧 日産 デイズの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 デイズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる