autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 今、軽自動車で“最もお得”なクルマってどれ?|オススメベスト3を一挙紹介!【2019年版】

3台比較 2019/5/6 06:33

今、軽自動車で“最もお得”なクルマってどれ?|オススメベスト3を一挙紹介!【2019年版】

日産 新型デイズ
日産 新型デイズ日産 新型デイズ三菱 eKクロス T(ボディカラー:サンドイエローメタリック/ホワイトソリッド 2トーン)[三菱 新型eKワゴン・eK X(クロス) 新型車解説]三菱新型eKクロス画像ギャラリーはこちら

今、最もお得な軽自動車とは

“軽自動車”はクルマのカテゴリーのひとつだが、ユーザーのニーズ、機能、価格に基づいて、かなり細分化されている。例えば軽自動車の全長と全幅は全車共通だが、全高は車種によって異なる。そして1600mm以下(ダイハツ ミライースやスズキ アルトなど)、1600~1700mm(スズキ ワゴンRやダイハツ ムーヴなど)、1700mm以上(ホンダ N-BOXやスズキ スペーシアなど)に分けられ、それぞれの高さに応じて独特の機能が備わっており、価格も違う。

>>今どきの軽自動車はレベルが高すぎる!? 内外装を画像で見る[30枚]

そしてスズキ ジムニー、ハスラーのようなSUV、ホンダ S660やダイハツ コペンのような2人乗りのスポーツクーペ、スズキ アルトラパンやダイハツ ミラトコットなど若い女性向けのスペシャルティカーもある。またスズキ エブリイワゴンやダイハツ アトレーワゴンのように、エンジンを前席の下に搭載して荷室長を拡大した軽商用車ベースのワゴンも選べる。このように見ていくと、軽自動車は7種類くらいに分類できるのだ。そうなると買い得車も7車種存在するが、ここでは代表的なモデルをランキング形式で紹介したい。

買い得車の条件は、機能や装備に対して価格が割安なことだが、設計が新しいことも大切だ。走行安定性と乗り心地が優れ、緊急自動ブレーキを作動できる安全装備も先進的で、燃料消費量を抑えられることも大切になる。

なお大半の国産車が、ひとつの車種に複数のグレードを設定しており、そこにも買い得と割高なタイプが併存する。従って最も買い得なグレードも併記して、ベスト3車種を紹介したい。

1位:日産 デイズ

日産 新型デイズ

おすすめグレードは「ハイウェイスターX プロパイロットエディション(156万7080円)」

日産 新型デイズ日産 新型デイズ

デイズは2019年3月28日に発売された設計の新しい軽自動車だ。日産と三菱が共同開発しており、三菱 eKワゴン&eKクロスは基本部分を共通化した姉妹車になる。

全高は1640mmだから、先に述べた区分では1600~1700mmに入り、同じカテゴリーのライバルにはスズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ、ホンダ N-WGNなどがある。

設計の新しい軽自動車とあって、デイズは機能が幅広く充実している。先代型は三菱が主に開発を担当したが、新型は日産だから、エンジンとプラットフォームが刷新された。ターボを装着しないノーマルエンジンでも実用回転域の駆動力に余裕があり、走行安定性や乗り心地も満足できる。

全高が1600mmを超えるので、居住空間が広く、内装は上質だ。前席は体の支え方も優れ、座り心地を快適に仕上げた。後席は座面の柔軟性が乏しく、足を前方に投げ出す座り方で改善を要するが、頭上と足元の空間には余裕がある。

安全装備には軽自動車“初”となるプロパイロットを搭載

日産 新型デイズ

安全装備では、歩行者を検知できる緊急自動ブレーキを備え、ペダルの踏み間違いによって低速時に急発進しようとした時も、前進/後退ともにブレーキまで制御して事故を防ぐ。サイド&カーテンエアバッグも標準装着した(軽自動車にはこの機能を装着できない車種もある)。さらに緊急時にオペレーターの呼び出しや、事故時に意識がない時など、消防や救急に出動を要請できるSOSコールもオプション設定されている。

運転支援のプロパイロットも用意され、車間距離を自動調節しながら先行車に追従走行できるクルーズコントロール、車線の中央を走れるように操舵制御する機能がセットされる。クルーズコントロールはN-BOXも採用するが、デイズは全車速追従型だから、停車状態までカバーできる。

今、軽自動車を買うなら日産 デイズ一択?

このようにデイズは走りのメカニズムを刷新させ、安全装備と運転支援機能も充実させた。ライバル車に比べると新鮮味もあり、選ぶ価値が高い。なお三菱ブランドのeKクロスも、フロントマスクは大幅に異なるが、機能は基本的にデイズと同じだ。eKクロスではG(155万5200円)を推奨したい。

2位:ホンダ N-BOX

ホンダ日本一売れてるクルマ ホンダ N-BOX! 女の子目線で売れる理由を徹底検証!

おすすめグレードは「G・L ホンダセンシング(149万9040円)」

N-BOXは日本で今、最も多く売れているクルマだ。全高は1790mmだから、スズキ スペーシア、ダイハツ タント、日産 デイズルークスなどがライバルになる。後席側のドアをスライド式にしたことも、ライバルと共通の特徴だ。

ホンダ日本一売れてるクルマ ホンダ N-BOX! 女の子目線で売れる理由を徹底検証!

N-BOXの背の高い水平基調のボディは、視覚的なバランスが良く、運転席に座った時の視界も優れている。ボンネットも少し見えるから、車幅やボディの先端位置を把握しやすい。

内装の質は高く、前席と後席の背もたれと座面には、十分なボリュームを持たせた。前後席の居住性は、頭上と足元の広さを含めて、軽自動車の中で最も優れている。

プラットフォームとサスペンションは、2代目の現行型で刷新され、走行安定性、乗り心地、操舵感も向上した。

軽自動車の中では最も快適な“乗り心地”を誇っている

特に乗り心地は、十分な厚みを持たせたシートと相まって、軽自動車の中では最も快適だ。コンパクトカーを上まわり、ミドルサイズミニバンに匹敵する。

ホンダ日本一売れてるクルマ ホンダ N-BOX! 女の子目線で売れる理由を徹底検証!

そして後席を畳めば、軽乗用車としてはナンバーワンの広い荷室に変更できる。路面から荷室床面までの高さは470mmだから、軽自動車の中で特に低く、自転車を積む時も前輪を大きく持ち上げる必要はない。

このようにN-BOXの「4名で乗車して荷物をたくさん積む」機能は、軽自動車の中で最も優れている。さらに安全装備はホンダセンシングが採用され、歩行者を積極的に避ける時には、緊急自動ブレーキに加えてパワーステアリングの制御も行う。

また車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなど、運転支援機能も充実させた。これらの相乗効果により、日本で最も多く売れるクルマとなった。

ダイハツ ミライース

おすすめグレードは「X・SAIII(108万円)」

ミライースは「低燃費と低価格」を重視して開発され、軽自動車の本質を突いた商品といえるだろう。デイズやN-BOXに比べると、40~50万円も安い。

全高は1500mm(2WD)だから、ライバル車はスズキ アルトなど全高が1600mm以下のベーシックな軽自動車だ。

ミライース 内装ミライース 内装

車両重量は、実用装備を充実させたグレード「X・SAIII」でも670kgと軽く、運転感覚も軽快に仕上げた。ノーマルエンジンながら、登坂路でもパワー不足を感じにくい。ボディが軽く、空気抵抗も少ないから、X・SAIIIのWLTCモード燃費は25km/Lだ。JC08モード燃費は34.2km/Lとされ、燃料消費量も少ない。

背の低い軽自動車だから車内は狭そうに思えるが、セダンの多くは全高が1500mm以下だ。乗用車全体で見れば、ミライースの天井は低くない。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分、頭上には1つ分の余裕があり、後席も窮屈ではない。座面が硬めで短いから、快適とはいえないが、片道30分程度であれば大人4名の乗車も可能だ。ミライースも空間効率が優れている。

また安全装備のスマートアシストIIIは、2個のカメラをセンサーに使い、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。低価格でありながら、安全装備を充実させた。

X・SAIIIは、スマートアシストIII、電動格納式ドアミラーなどを標準装着して108万円だから、低価格の軽自動車を求めるユーザーには最良の選択といえるだろう。

[筆者:渡辺 陽一郎]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 デイズ の関連編集記事

日産 デイズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR