今、軽自動車で“最もお得”なクルマってどれ?|オススメベスト3を一挙紹介!【2019年版】

今、最もお得な軽自動車とは

“軽自動車”はクルマのカテゴリーのひとつだが、ユーザーのニーズ、機能、価格に基づいて、かなり細分化されている。例えば軽自動車の全長と全幅は全車共通だが、全高は車種によって異なる。そして1600mm以下(ダイハツ ミライースやスズキ アルトなど)、1600~1700mm(スズキ ワゴンRやダイハツ ムーヴなど)、1700mm以上(ホンダ N-BOXやスズキ スペーシアなど)に分けられ、それぞれの高さに応じて独特の機能が備わっており、価格も違う。

>>今どきの軽自動車はレベルが高すぎる!? 内外装を画像で見る[30枚]

そしてスズキ ジムニー、ハスラーのようなSUV、ホンダ S660やダイハツ コペンのような2人乗りのスポーツクーペ、スズキ アルトラパンやダイハツ ミラトコットなど若い女性向けのスペシャルティカーもある。またスズキ エブリイワゴンやダイハツ アトレーワゴンのように、エンジンを前席の下に搭載して荷室長を拡大した軽商用車ベースのワゴンも選べる。このように見ていくと、軽自動車は7種類くらいに分類できるのだ。そうなると買い得車も7車種存在するが、ここでは代表的なモデルをランキング形式で紹介したい。

買い得車の条件は、機能や装備に対して価格が割安なことだが、設計が新しいことも大切だ。走行安定性と乗り心地が優れ、緊急自動ブレーキを作動できる安全装備も先進的で、燃料消費量を抑えられることも大切になる。

なお大半の国産車が、ひとつの車種に複数のグレードを設定しており、そこにも買い得と割高なタイプが併存する。従って最も買い得なグレードも併記して、ベスト3車種を紹介したい。

1位:日産 デイズ

おすすめグレードは「ハイウェイスターX プロパイロットエディション(156万7080円)」

デイズは2019年3月28日に発売された設計の新しい軽自動車だ。日産と三菱が共同開発しており、三菱 eKワゴン&eKクロスは基本部分を共通化した姉妹車になる。

全高は1640mmだから、先に述べた区分では1600~1700mmに入り、同じカテゴリーのライバルにはスズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ、ホンダ N-WGNなどがある。

設計の新しい軽自動車とあって、デイズは機能が幅広く充実している。先代型は三菱が主に開発を担当したが、新型は日産だから、エンジンとプラットフォームが刷新された。ターボを装着しないノーマルエンジンでも実用回転域の駆動力に余裕があり、走行安定性や乗り心地も満足できる。

全高が1600mmを超えるので、居住空間が広く、内装は上質だ。前席は体の支え方も優れ、座り心地を快適に仕上げた。後席は座面の柔軟性が乏しく、足を前方に投げ出す座り方で改善を要するが、頭上と足元の空間には余裕がある。

安全装備には軽自動車“初”となるプロパイロットを搭載

安全装備では、歩行者を検知できる緊急自動ブレーキを備え、ペダルの踏み間違いによって低速時に急発進しようとした時も、前進/後退ともにブレーキまで制御して事故を防ぐ。サイド&カーテンエアバッグも標準装着した(軽自動車にはこの機能を装着できない車種もある)。さらに緊急時にオペレーターの呼び出しや、事故時に意識がない時など、消防や救急に出動を要請できるSOSコールもオプション設定されている。

運転支援のプロパイロットも用意され、車間距離を自動調節しながら先行車に追従走行できるクルーズコントロール、車線の中央を走れるように操舵制御する機能がセットされる。クルーズコントロールはN-BOXも採用するが、デイズは全車速追従型だから、停車状態までカバーできる。

今、軽自動車を買うなら日産 デイズ一択?

このようにデイズは走りのメカニズムを刷新させ、安全装備と運転支援機能も充実させた。ライバル車に比べると新鮮味もあり、選ぶ価値が高い。なお三菱ブランドのeKクロスも、フロントマスクは大幅に異なるが、機能は基本的にデイズと同じだ。eKクロスではG(155万5200円)を推奨したい。

2位:ホンダ N-BOX

おすすめグレードは「G・L ホンダセンシング(149万9040円)」

N-BOXは日本で今、最も多く売れているクルマだ。全高は1790mmだから、スズキ スペーシア、ダイハツ タント、日産 デイズルークスなどがライバルになる。後席側のドアをスライド式にしたことも、ライバルと共通の特徴だ。

N-BOXの背の高い水平基調のボディは、視覚的なバランスが良く、運転席に座った時の視界も優れている。ボンネットも少し見えるから、車幅やボディの先端位置を把握しやすい。

内装の質は高く、前席と後席の背もたれと座面には、十分なボリュームを持たせた。前後席の居住性は、頭上と足元の広さを含めて、軽自動車の中で最も優れている。

プラットフォームとサスペンションは、2代目の現行型で刷新され、走行安定性、乗り心地、操舵感も向上した。

軽自動車の中では最も快適な“乗り心地”を誇っている

特に乗り心地は、十分な厚みを持たせたシートと相まって、軽自動車の中では最も快適だ。コンパクトカーを上まわり、ミドルサイズミニバンに匹敵する。

そして後席を畳めば、軽乗用車としてはナンバーワンの広い荷室に変更できる。路面から荷室床面までの高さは470mmだから、軽自動車の中で特に低く、自転車を積む時も前輪を大きく持ち上げる必要はない。

このようにN-BOXの「4名で乗車して荷物をたくさん積む」機能は、軽自動車の中で最も優れている。さらに安全装備はホンダセンシングが採用され、歩行者を積極的に避ける時には、緊急自動ブレーキに加えてパワーステアリングの制御も行う。

また車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなど、運転支援機能も充実させた。これらの相乗効果により、日本で最も多く売れるクルマとなった。

ダイハツ ミライース

おすすめグレードは「X・SAIII(108万円)」

ミライースは「低燃費と低価格」を重視して開発され、軽自動車の本質を突いた商品といえるだろう。デイズやN-BOXに比べると、40~50万円も安い。

全高は1500mm(2WD)だから、ライバル車はスズキ アルトなど全高が1600mm以下のベーシックな軽自動車だ。

車両重量は、実用装備を充実させたグレード「X・SAIII」でも670kgと軽く、運転感覚も軽快に仕上げた。ノーマルエンジンながら、登坂路でもパワー不足を感じにくい。ボディが軽く、空気抵抗も少ないから、X・SAIIIのWLTCモード燃費は25km/Lだ。JC08モード燃費は34.2km/Lとされ、燃料消費量も少ない。

背の低い軽自動車だから車内は狭そうに思えるが、セダンの多くは全高が1500mm以下だ。乗用車全体で見れば、ミライースの天井は低くない。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分、頭上には1つ分の余裕があり、後席も窮屈ではない。座面が硬めで短いから、快適とはいえないが、片道30分程度であれば大人4名の乗車も可能だ。ミライースも空間効率が優れている。

また安全装備のスマートアシストIIIは、2個のカメラをセンサーに使い、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。低価格でありながら、安全装備を充実させた。

X・SAIIIは、スマートアシストIII、電動格納式ドアミラーなどを標準装着して108万円だから、低価格の軽自動車を求めるユーザーには最良の選択といえるだろう。

[筆者:渡辺 陽一郎]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 デイズの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 デイズのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 デイズの中古車検索 日産の記事一覧 日産 デイズの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 デイズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる