日産 新型デイズ 試乗│軽自動車とは思えない質感、走行性能も圧倒的に向上(1/2)

ライバルひしめく軽自動車ジャンルに日産・三菱の新型モデルが登場

今は軽自動車の人気が高く、特に注目されているのは、全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた車種だ。2018年度(2018年4月~2019年3月)の国内販売ランキングを見ると、総合1位がホンダ N-BOX、2位はスズキ スペーシア、3位はダイハツ タントで、いずれも全高が1700mmを超える軽自動車で占められた。小型/普通車の1位は日産 ノートだが、総合順位は6位であった。

このように今は背の高い軽自動車が人気だが、機能のバランスと価格の割安感で選ぶなら、全高が1600~1700mmの車種が良い。2WDであれば車両重量は900kg以下に収まり、価格はスライドドアを備えた軽自動車に比べて15万円ほど安い。

そして2019年3月28日には、日産 デイズと三菱 eKシリーズがフルモデルチェンジを受けた。両車ともに全高が1600~1700mmに収まる基本部分を共通化した姉妹車だ。ライバル車には、スズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ、ホンダ N-WGNなどが挙げられる。

デイズ&eKシリーズは、日産と三菱の合弁会社となるNMKVが開発しており、先代型は開発と製造を主に三菱が担当した。新型は役割分担が変わり、開発は日産、製造は三菱が行う。開発と製造でメーカーが異なるのは珍しく、相当に苦労したようだが、開発者は「互いに分かり合えたところも多かった」という。

今回は日産ブランドのデイズを試乗した。ボディはノーマルタイプとエアロパーツを備えた上級のハイウェイスターがある。試乗車はハイウェイスターXプロパイロットエディションと、ハイウェイスターGターボプロパイロットエディションだ。

>>>日産主導のもとフルモデルチェンジした新型デイズを画像で見る(66枚)

斜め後方の視界には注意が必要

日産 新型デイズのフロントマスクは今の日産車に共通するV字型グリルを備え、上質に造り込んだ。

運転席に座ると、サイドウインドウの下端が少し高く感じられ、後ろに向けて持ち上げた。外観に躍動感を与えるためだが、後席側のサイドウインドウは面積が狭まり、斜め後方の視界は良くない。

軽自動車は買い物などに使われ、駐車場での後退も頻繁に行うから、後方視界に配慮すべきだ。バックビューモニターは幅広いグレードに備わるが、これに頼って後退すると、左右方向から急速に接近する自転車などを見落としやすい。

最小回転半径は、14インチタイヤ装着車が4.5m、15インチは4.8mで、おおむね満足できる。

ミドルサイズカー並みに高い内装の質感

インパネなど内装の造りは、上質になった軽自動車の中でも特に優れている。オートエアコンはタッチパネル式で、光沢のあるブラックのパネルを装着した。

メーカーオプションのプレミアムコンビネーションインテリア(3万2400円)を加えると、インパネに柔らかい合成皮革の表皮が備わり、本物のステッチ(縫い目)も施される。質感はコンパクトカーを飛び越して、ミドルサイズカー並みに高い。

快適な前席ながら、後席は向上の余地あり

前席はシートのサイズに余裕があり、肩まわりのサポート性も良い。背中から大腿部にかけて、乗員の体重をしっかりと受け止めるから、疲れにくく着座姿勢も乱れにくい。座り心地は快適だ。

運転席の着座位置を上下調節する機能は、シート全体が動かず、座面だけの上下にとどまる。調節した位置によって座り心地が微妙に変わるので、背もたれまで含めてシート全体が上下する方式が好ましい。

後席は床と座面の間隔が乏しく、足を前方に投げ出す座り方になりやすい。座面の柔軟性も乏しく、体がシートに沈みにくいから、サポート性も良くない。座面の形状により、奥行寸法も短く感じる。シートアレンジは後述するように単純だから、座り心地はもっと向上させて欲しい。大人が4名で乗車する機会のあるユーザーは、座り心地を確かめたい。

後席の頭上と足元の空間は広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には、握りコブシ3つ以上が収まる。Lサイズセダンでも2つ半だから、デイズの前後方向の足元空間はかなり広い。頭上にも握りコブシ1つが収まる。

豊富な収納設備だがシートアレンジはシンプル

収納設備は豊富で、助手席の前側には、スズキ アルトラパンのようなボックスティッシュが収まる引き出し式の収納設備を設けた。インパネの中央には、N-WGNのような引き出し式のトレイが備わる。車検証はドアポケットに収まり、グローブボックスを有効活用できる。

荷室は軽自動車として十分な容量を確保した。後席にチャイルドシートを装着した時は、スライド位置を前方に寄せると便利だ。信号待ちの時などに親が子供のケアをしやすく、車内の最後部には相応の荷室が確保され、ベビーカーなどを積みやすい。

ただしシートアレンジはライバル車に比べて単純だ。例えばワゴンRは、後席の背もたれを前方に倒すと座面も連動して下がり、フラットな荷室に変更できる。この機能は前後スライドと併せて左右独立式だ。後席の左側に子供、右側に大人が座る時など、足元空間と最後部の荷室を調節しやすい。

デイズの後席は背もたれに連動して座面を下げる機能がなく、広げた荷室の床に段差ができる。前後スライドは左右一体式だから、分割調節はできない。しかも前述のように座り心地も良くないため、後席の機能はライバル車に比べて見通する。

>>>ノーマルエンジンは上質で洗練されているが、ターボエンジンには粗さが見受けられる部分も[次ページ]

日産/デイズ
日産 デイズカタログを見る
新車価格:
129.7万円181.2万円
中古価格:
25万円210万円
三菱/eKワゴン
三菱 eKワゴンカタログを見る
新車価格:
132万円153.5万円
中古価格:
7.9万円659万円
三菱/eKクロス
三菱 eKクロスカタログを見る
新車価格:
144.1万円195.3万円
中古価格:
121.2万円213.6万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 デイズの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 デイズのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 デイズの中古車検索 日産の記事一覧 日産 デイズの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 デイズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる