autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 新型デイズが登場! 先代からどう進化した? 徹底解説

新型車解説 2019/3/28 10:00

日産 新型デイズが登場! 先代からどう進化した? 徹底解説(1/5)

関連: 日産 デイズ , 三菱 eKワゴン , 三菱 eKカスタム Text: 小鮒 康一 Photo: 茂呂 幸正・三菱
日産 新型デイズ ハイウェイスター
日産 新型デイズ ベースグレード日産 新型デイズ ハイウェイスター日産 新型デイズ ボレロ日産 新型デイズ ハイウェイスター画像ギャラリーはこちら

日産 デイズがフルモデルチェンジ! 軽自動車初のプロパイロット装備グレードも

2002年から本格的に軽自動車市場に参入した日産(それまでは電気自動車のハイパーミニを試作車的に販売したのみだった)。当時は他メーカーからOEM供給を受けたモデルを販売するのみだったが、2011年に三菱と5割ずつ出資した合弁会社である株式会社NMKVを設立。2013年に誕生したのが、初代デイズ/ekワゴンだった。

日産 新型デイズ(左:ベースグレード、右:ハイウェイスター)

そして今回、6年の歳月を経て新たな日産の重要基幹車種としてフルモデルチェンジを果たしたのが、新型デイズというわけである。

新型デイズは日産が推し進める「ニッサンインテリジェントモビリティ」を具現化したモデルとして、「自動運転化」「電動化」「つながるクルマ」という3つの柱を搭載している点が従来型とは大きく異なる点と言えるだろう。詳細は別項でお伝えするが、軽自動車では初となるプロパイロットの搭載などトピックは満載となっている。

さらにプラットフォームからエンジン、ミッションといったパワートレインに至るまで、全てが新開発となっており、名実ともに新型車となったデイズ。気になる詳細について解説していこう。

>>大幅に進化した新型デイズの内外装を画像で見る

価格は127万3320円から、プロパイロット付きは156万7080円から

日産 新型デイズ日産 新型デイズ ハイウェイスター

新型デイズのグレードは、先代と同じくベースグレードとハイウェイスターの2種類が用意される。基準車は従来型にあったロアグレードの「J」が廃止され、「S」(127万3320円)と「X」(132万5160円)の2グレード展開。

一方のハイウェイスターも、ノンターボの「ハイウェイスターX」(146万9880円)とターボの「ハイウェイスターG ターボ」(154万9800円)の2グレードとシンプルな構成となっている。

プロパイロットはハイウェイスターシリーズにのみオプション設定があり、当初はセレナにも設定されていたお買い得な「プロパイロットエディション」が9万7200円高で用意される。

また全グレードで4WDも用意され、こちらは寒冷地仕様が標準装備となり、13万1760円高となる。

※いずれも消費税込み

>>先進性と高めたハイセンス&ハイクオリティなデザインを採用[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 デイズ の関連編集記事

日産 デイズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR