選考は波乱含み!? RJCカーオブザイヤーでトヨタ「ヤリス/ヤリスクロス」が受賞

画像ギャラリーはこちら
2020年11月17日、 NPO法人RJC(日本自動車研究者・ジャーナリスト会議)による2021年次の「RJCカーオブザイヤー」が決定し、国産車ではトヨタ ヤリス/ヤリスクロスが、輸入車ではBMW 2シリーズ グランクーペがそれぞれ受賞を果たした。
目次[開く][閉じる]
  1. コロナで中止の危機!? 30年目のRJCカーオブザイヤー
  2. インポート部門、テクノロジー部門も興味深い結果に
  3. あの車も大賞に!? RJCカーオブザイヤー過去5年の受賞車

コロナで中止の危機!? 30年目のRJCカーオブザイヤー

「RJC カーオブザイヤー」とは、日本における二大カーオブザイヤーの1つで、1991年から始まり今年で第30回目を迎える賞である。国産車と輸入車それぞれの6ベストカーのほか、技術や人物のカテゴリも設けられているのが特徴だ。

今年のクルマ、ヤリスは2位のあのクルマと大接戦!

RJCカーオブザイイヤーで今年のクルマに輝いたのはトヨタ ヤリスだ。

ヤリスと言えば、2020年9月10月の車名別新車販売台数(日本自動車販売協会連合会調べ)において2ヶ月連続総合トップを飾ったことも記憶に新しい。長年首位に君臨しているホンダの軽自動車、N-BOXを抜いたことでも話題となった。

大人気のハスラーと激戦!

ただ、RJCカーオブザイヤー選考においてはヤリス一強ではなかった。得点を見ていくと、1位のヤリス/ヤリスクロスが152点、2位のスズキ ハスラーが146点、3位の日産 キックスが117点となっており、1位と2位がわずか6点差と大接戦だったのだ。

これまでのRJCカーオブザイヤーでは、スズキが7回受賞、トヨタはわずか2回の受賞にとどまっている。プリウスでの受賞以来23年ぶりの快挙は、僅差の勝利であっても大きな意味があると言えよう。

日本カー・オブ・ザ・イヤーはどうなる!?

さてもうひとつのカーオブザイヤー、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」も気になるところだ。

こちらは11月4日にノミネート車45台の中から10ベストカーが選出され、12月7日に行われる最終選考会にて本賞などが発表される。今年の1台にはどんなクルマが選ばれるのか、こちらの動向も注目したい。

インポート部門、テクノロジー部門も興味深い結果に

輸入車はBMW 2シリーズが独走

ここまで国産車の受賞を紹介したが、RJCインポート・カーオブザイヤーはBMW 2シリーズ グランクーペが179点と、2位以下にほぼダブルスコアをつけての独走となった。

2位、3位はアウディで、A1スポーツバックが97点、e-トロン スポーツバックが94点。6ベストカーにはめずらしくルノーがルーテシアで6位にランクインした。

技術はe-POWERとアイサイトが接戦

またRJCテクノロジーオブザイヤーには日産の進化したe-POWERが選ばれた。こちらは2位のスバル 新世代アイサイト/アイサイトXと僅差であった。以下、マツダのSKYACTIV Xが善戦したほか、極細ミラーによる爽快視界(ホンダ)、新開発CVT(スズキ)、TNGAプラットフォーム(トヨタ)が6ベストにランクインした。

あの車も大賞に!? RJCカーオブザイヤー過去5年の受賞車

■2020年次:日産/三菱「デイズ/eKワゴン」

新開発のプラットフォーム、パワートレインの採用により、優れた居住性と走行・環境性能を両立。軽で初めて先進運転支援システム「プロパイロット」(三菱名「マイパイロット」)を搭載し、その活用領域を大きく広げた。

■2019年次:三菱「エクリプス クロス」

スタイリッシュなクーペスタイルのコンパクトSUVというだけではなく、三菱自動車独自の電子制御4輪駆動技術「S-AWC」により、高い走破性、操縦安定性を確保した。

■2018年次:スズキ「スイフト」

スイフトシリーズの6速MTのスイフトスポーツは動力性能、操縦性も優れ、高いスポーツ性を持つ。独自の機構を持つハイブリッドは、5AGSともマッチングしたもので、利点の多いハイブリッドを廉価に提供した。

■2017年次:日産「セレナ」

足先の動きでサイドドアが開閉できる「ハンズフリースライドドア」などミニバンとしての利便性を徹底的に追求すると同時に、レベル2の自動運転サポート技術を比較的価格の安いモデルで実現した。

■2016年次:スズキ「アルト/アルトラパン」

軽量化と剛性のアップにより操縦性や燃費が大幅に向上。アルトだけでなくスポーティモデルやワークス、ラパンなどモデルバリエーションも多い。基本性能の高さに加え、選択肢の多彩さも授賞のポイントとなった。

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円252.2万円
中古価格:
117万円536.3万円
トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
179.6万円365.9万円
スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
128万円182.4万円
中古価格:
38万円902.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 西村屋本館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる