autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、「ロードスター30周年記念車」の予約を4月5日より開始 | 全3000台のうち国内分は150台

自動車ニュース 2019/3/25 15:00

マツダ、「ロードスター30周年記念車」の予約を4月5日より開始 | 全3000台のうち国内分は150台

ソフトトップとリトラクタブルハードトップの2種類を用意

マツダは、誕生30周年を記念した特別仕様車「ロードスター30周年記念車」の商談予約受付を、専用ウェブページにて開始すると発表した。価格は3,682,800円~4,303,800円(税込み)。

この特別仕様車は、今年2月のシカゴオートショーで公開した「Mazda MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」の国内仕様にあたるモデル。限定数は全世界で3,000台となっており、そのうち国内での販売台数はソフトトップモデルの「ロードスター」とリトラクタブルハードトップモデルの「ロードスターRF」を合わせて150台を予定している。

ウェブページでの商談予約受付期間は、ソフトトップモデル「ロードスター」が4月5日(金)から4月15日(月)まで、リトラクタブルハードトップモデル「ロードスターRF」が5月27日(月)から6月10日(月)まで。

※記事内の写真は米国仕様

◆ソフトトップより少し“オトナ”!? な「ロードスターRF」の30周年記念車を見る

朝焼けのような専用色「レーシングオレンジ」を採用

「ロードスター30周年記念車」は、ロードスターを愛するすべての人々に感謝の気持ちを伝えるとともに、今後のロードスターへの期待を込めて製作された特別仕様車。

ボディカラーには、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる朝焼けのようなオレンジ系の専用色「レーシングオレンジ」が採用されたほか、ボディ随所に取り入れられたオレンジをアクセントとしたカラーコーディネートや“30TH ANNIVERSARY”刻印入りRAYS社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)、シリアルナンバー付“30TH ANNIVERSARY”オーナメントなどが装備されるなど特別な1台となっている。

4月5日より展示も開始

「ロードスター30週年特別仕様車」は、2019年4月5日より展示が開始される。

展示場所はモデルによって異なり、ソフトトップモデルの展示会場は、千葉県の幕張メッセで開催される「オートモビル カウンシル2019」内と「関東マツダ 高田馬場店」、リトラクタブルハードトップモデルの展示会場はマツダブランド発信拠点である「マツダブランドスペース大阪」が予定されている。

「ロードスター30周年記念車」の概要

ベース車

・ソフトトップモデル「ロードスター」:RS(MT車)

・リトラクタブルハードトップモデル「ロードスターRF」:RS(MT車)、VS(AT車)

特別装備

・ ボディカラー:レーシングオレンジ

・ RAYS社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)<30TH ANNIVERSARY 刻印入り>

・ “30TH ANNIVERSARY”オーナメント(シリアルナンバー付)

・オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、エアコンルーバーベゼル、 ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー、パーキングブレーキレバー など)

・ RECARO社製シート

・ BILSTEIN社製ダンパー(MT車のみ)

・ Brembo社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)

・ NISSIN社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)

・ Boseサウンドシステム(AUDIOPILOT2)+9スピーカー

・ アルカンターラをドアトリムやインパネ、シート表皮に採用

国内販売台数(予定)

150台

※応募多数の場合は抽選となる。また、商談予約の受付状況に応じて、国内の販売台数について数十台程度の変更を行う場合もある

販売方法

商談予約は専用ウェブページでの受付となる。仕様の詳細も同ページから確認可能。

※応募多数の場合は抽選(先着順ではない)

※ウェブ商談予約受付の当選後、別に店頭での契約が必要となる

ウェブ商談予約の受付期間

・ソフトトップ「ロードスター」:4月5日(金)~4月15日(月)

・リトラクタブルハードトップ「ロードスターRF」:5月27日(月)~6月10日(月)

※生産開始時期はソフトトップモデルは4月以降、リトラクタブルハードトップモデルは8月以降の予定

仕様と価格

ソフトトップ「ロードスター」

・エンジン:SKYACTIV-G 1.5

・駆動方式:2WD(FR)

・変速機:6MT

・希望小売価格(税込み):3,682,800円

リトラクタブルハードトップ「ロードスターRF」

・エンジン:SKYACTIV-G 2.0

・駆動方式:2WD(FR)

・変速機:6MT/6AT

・希望小売価格(税込み):4,303,800円(6MTモデル)、4,260,600円(6ATモデル)

「ロードスター30周年記念車」の展示情報

ソフトトップモデル「ロードスター」

【第1弾】

・イベント名:AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)

・開催日程:2019年4月5日(金)~7日(日)

・会場:幕張メッセ ホール2・3 (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

・主催:AUTOMOBILE COUNCIL2019実行委員会

【第2弾】

・イベント名:関東マツダ 高田馬場店 特別展示

・展示期間:2019年4月10日(水)~15日(月)

・会場:関東マツダ 高田馬場店(東京都新宿区高田馬場1-2-12)

※最寄駅:西早稲田駅(東京メトロ副都心線)から徒歩約5分

※公共交通機関の利用をお願いいたします

リトラクタブルハードトップモデル「ロードスターRF」

・イベント名:マツダブランドスペース大阪 常設展示

・展示期間:2019年4月5日(金)~6月10日(月)

・会場:マツダブランドスペース大阪(大阪府大阪市北区大淀中1丁目1-88梅田スカイビルタワーイースト1階)

※4月5日の午前は、ニュースレター会員向けのイベントを行うため、それ以外の来場者は同日正午より入場可能

※期間中の一部日程は休館日および車両の入れ替え作業などのため、展示車がない場合もがあります。事前に上記会場サイトを確認の上、ご来場ください

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マツダ ロードスター の関連編集記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR