マツダ ロードスター(2018年改良モデル)実燃費レポート | 進化を続けるライトウェイトスポーツの燃費はいかに?(1/4)

  • 筆者: 小鮒 康一
  • カメラマン:茂呂 幸正・小鮒 康一

マツダ ロードスター(2018年改良モデル)の実燃費を徹底検証!

今回の燃費テストに持ち出したのは、国産車では唯一無二の存在となった小型FRオープン2シーターのマツダ ロードスター。1989年のデビューから今年で30周年となるロードスターは、現在4代目となる通称ND型が現行モデルとなっている。

現行モデル自体は2015年5月にデビューしているが、2018年6月に実施された商品改良でメタルトップを持つRFとともにソフトトップモデルも改良を受けている。

大幅な出力アップがなされたSKYACTIV-G 2.0と同様にSKYACTIV-G 1.5エンジンも燃焼改善技術を織り込み、全回転域のトルクを現行同等以上に高めながら、環境・燃費性能を向上。カタログ数値上は+1PS(+1kW)/+0.2kgf・m(+2N・m)と僅かではあるものの、レスポンスフィールの向上などダイレクトなコントロール感に磨きをかけ、数値以上に人馬一体感に磨きをかけている。

カタログの燃費数値は、従来型がJC08モード燃費で17.2km/L、改良型はWLTCモード燃費となって16.8km/Lとなっている(ともにSグレードの数値)。

測定方法が異なるため、純粋に比較することはできないが、JC08モード燃費よりもシビアな数字になりやすいWLTCモード燃費でも0.8km/Lしか低下していないところを見ると、もしかしたら燃費性能もアップしているのではないだろうか? そのあたりも含めてチェックしてみたいところだ。

◆マツダ ロードスター(2018年改良モデル)の内外装を画像でチェック

起用グレード

今回のテストに使用したロードスターは、ラインナップの中で唯一車両重量が1トンを切っている(990kg)Sグレードの6速MT仕様。

そもそもSグレードにはATの設定がないので、必然的にMT車となる。MT車だとシフトチェンジのタイミングで燃費が大きく変わってくるが、基本的にはメーターに表示されるシフトアップ&ダウンのインジケータ表示に極力従ってシフトチェンジを行っている。

燃費テスト概要

今回の燃費測定は2月7日に実施。

天候は晴れで、最高気温は20度に届くかという小春日和。ルーフを開けて走行したい陽気だったが、空気抵抗が増大し燃費に影響が出ることを考慮し、全行程でクローズド走行とした。

朝11時ごろに青山にあるオートックワン編集部を出発し、高速、郊外路、市街地・街乗りの順で走行し、16時ごろに再びオートックワン編集部へ戻るルートを選択。燃費の数値は総合以外車両の燃費計を使用している。エアコンはマニュアル仕様のため、ドライバーが快適と感じる温度をキープするように適宜操作した。

マツダ ロードスター(2018年改良モデル)の総合実燃費は…?

マツダ ロードスター(2018年改良モデル)の実燃費は19.64km/L

結論から言うとトータルで158.6kmを走行し、全行程を走り切ったトータルの燃費数値は19.64km/Lとなった。WLTCモード燃費が16.8km/Lということを考えるとハイオク仕様とはいえかなり良い数値と言えるだろう。

ちなみにクルマが表示するインジケータはかなり早いタイミングでシフトアップをするように指示を出すようで、平坦な場所であれば2000回転くらいでシフトアップ表示が出ることも少なくなかった。

しかし、だからと言ってガクガクすることはもちろんなく、トルク不足を感じるシーンも皆無。筆者は初代(NA型)の1.8リッターモデルを所有しているが、低中速域でのトルク感は1.5リッターの現行モデルの方が高かったので、非常に複雑な気持ちである……。

それではここからは走行シーンごとの燃費や走りっぷりなどをお伝えしていこう。

マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
260.1万円333.4万円
中古価格:
25万円414万円
マツダ/ロードスターRF
マツダ ロードスターRFカタログを見る
新車価格:
344万円390.1万円
中古価格:
219.8万円650万円
1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

マツダ ロードスターの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ ロードスターのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ ロードスターの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ ロードスターの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ ロードスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる