あの時買っておけばよかった! 中古取引価格が高騰している90年代国産車3選

画像ギャラリーはこちら
いわゆる「プレミア価格」がついて価格が高騰し、中には新車時よりも高値で取引されるモデルも存在するなど、注目を集めることもしばしばある中古車市場。今回は、プレミア価格が付いた90年代国産車3選をお届けする。
目次[開く][閉じる]
  1. ホンダ 初代シビックタイプR(EK9)
  2. 日産 フィガロ
  3. マツダ ユーノス ロードスター

ホンダ 初代シビックタイプR(EK9)

最初に紹介するのは、ホンダ 初代シビックタイプR(EK9)。

NSX、インテグラに続く、ホンダのタイプRシリーズ第3弾として1997年に登場した初代シビックタイプRは、シビックとしては6代目のモデルに追加で設定されたモデル。

軽量化と同時に剛性アップも施された3ドアハッチバックのボディに締め上げられたサスペンション、1.6リッターのまま185PSまでハイチューンされたB16Bエンジンの組み合わせは、ツルシの状態でもサーキットアタックを可能なポテンシャルを誇っていた。

それでいて価格は200万円を切る199.8万円(登場時)と比較的安価で、中古市場でも手ごろな価格だった時代にはヤンチャなユーザーにがっつりカスタマイズされたり、走り倒された個体も少なくなく、気づけば程度の良いものは希少な部類に。

現在では安いものでも150万円を切ることは稀で、高いものでは500万円近くという驚愕のプライスタグがつけられている。

日産 フィガロ

初代マーチをベースとした日産のパイクカーシリーズ第3弾として1991年に販売されたフィガロ。販売台数は限定2万台で、3回の抽選によって購入者を決定する方法が取られた。

サイドの部分を残したままルーフからリアウィンドウ部までが開閉可能な手動オープントップをもち、内装も白の本革シートがおごられるプレミアムでエレガントなコンパクトクーペに仕上がっており、価格も187万円とパイクカーシリーズの中では高価となっていた。最近では某バラエティ番組でお笑い芸人が使用しており再びスポットライトを浴びている。

台数限定の車両ということで中古車も比較的高値をキープしていたが、それまでも人気があったイギリスのほか、25年ルールで輸入が可能となったアメリカなどの諸外国にも輸出されるようになって相場が上昇。程度の良いものでは150万円前後、中には300万円を超えるものもあるようだ。

マツダ ユーノス ロードスター

すでに過去の遺物となりかけていた、ライトウェイトオープン2シーターというジャンルに再び活気を取り戻させたという点では、非常に大きな役割を果たしたと言っても過言ではない初代ロードスター。日本はもとより、海外でも人気が高く、現在でも世界各地でオーナーズクラブなどが活発に活動をしている。

実用車であるファミリアのエンジンがベースということもあり、決して速いクルマではないが、人馬一体の操作感などは現行モデルにも受け継がれており、今なお多くのファンを獲得し続ける名車と言えるだろう。

日本では12万台近くが販売された初代モデルは、長らく手ごろな価格で購入できる入門的スポーツカーというポジションだったが、2017年末からマツダがレストアサービスをスタートし、部品の再供給もアナウンスされると相場が上昇。現在は限定モデルではないものでも、走行距離が少ないものなどは200万円オーバーというものも珍しくない状態となっている。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
262.4万円335.6万円
中古価格:
38.5万円481万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 銘石の宿かげつ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ ロードスターの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ ロードスターのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ ロードスターの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ ロードスターの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ ロードスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる