autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 マツダ ロードスターは運転スキルを問わずに楽しめる!? その魅力に迫る | 新米編集部員がMT車に乗ってみた!

特別企画 2019/2/13 16:50

マツダ ロードスターは運転スキルを問わずに楽しめる!? その魅力に迫る | 新米編集部員がMT車に乗ってみた!

マツダ ロードスター
マツダ ロードスターマツダ ロードスターマツダ ロードスターマツダ ロードスター画像ギャラリーはこちら

冬だ! だからこそ“オープンカー”でしょ

ついに3回目を迎えた私、新米編集部員Iの不定期連載(第1回第2回をご覧いただいた皆さん、ありがとうございました!)。今回はマツダ ロードスターのMT車に試乗させていただきました。

2月某日の夜と早朝に2回試乗したのですが、どちらの日も真冬らしい寒さとなりました。しかし同乗したM副編集長は、試乗の直前に「オープンカーなんだから」と、幌をオープンにします。運転中寒くて仕方なくなるパターンでは…と不安になりながらのスタート。はてさて……。

マツダ ロードスターとは

マツダ ロードスター 特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」

2人乗り・FR(フロントエンジン・リアドライブ)といった特長を持つ、「人馬一体」がコンセプトの小型オープンカー。初代モデルの登場から今年で生誕30週年を迎えるロングセラーモデルです。幌の屋根が備わる通常モデルの他に、メタルトップの「ロードスター RF」の設定もあります。

◆MT仕様のマツダ ロードスター、内外装を写真でチェック!

意外と寒くない! 冬のロードスターは快適に楽しめる

マツダ ロードスター
マツダ ロードスター

屋根を開けて走ること十数分。おかしいぞ、意外と寒くない! ということに気が付きました。今回試乗したモデルは、シートヒーターが未装着の仕様。しかし、シートヒーターがなくても全く問題ない程度の寒さです。そして、その印象は一般道から首都高へ移っても変わりません。

私が寒くないと感じた理由は、マツダ ロードスターは風の巻き込みが非常に少ないためでした。エアロボードの装着をはじめ、巻き込みを最小限にするよう設計されているので外気が車内へ入りにくい、という訳なのです。そのため、ある程度速度を出した状態でも車内は非常に快適です。特に、高速道路走行中に暖房の風を感じたことや、車内で声を張らずに会話ができたことは驚きでした。

また、意外と寒くないという理由だけではなく、冬は空気が澄んでいる(ように感じられる)ことから、スッキリとした気分で運転を楽しむことができます。

冬にオープンカー、かなりオススメです。

運転下手をサポートするロードスターの穏やかな乗り味

マツダ ロードスター
マツダ ロードスター

さて、肝心のロードスターに乗った感想ですが、印象的だったことは、目から入る情報量の多さでした。周囲の様子がよく見えて、さらに着座位置が低いことから、走行中に目に飛び込んでくる情報が、他の車と比較して多いような錯覚を受けました。

当然スピード感も感じやすく、気をつけないと意図していないような低い速度になっていた、なんてこともしばしば……。

しかし、そんな場面でも精神的に支えてくれたのは、クイック過ぎないロードスターのハンドリングでした。普段はハンドルの修正舵を多く当ててしまいがちな私ですが、ロードスターの場合は修正舵が少なめになっているのが、自分自身でも感じられます。クラッチも、まだまだ雑な私のクラッチ操作も受け止めてくれる、扱いやすいものでした。

見た目は純・スポーツカーですが、乗り味は穏やか。丁寧な操作を心がければ、運転初心者でも安心して運転しやすいモデルです。

一人でも多くの人に体験してほしいロードスターでのドライブ

マツダ ロードスター

実はこれが初のロードスター体験だった私。個人的に「憧れのモデル」という印象だったものが、親しみやすささえ感じる1台へと変化しました。

冬の澄んだ空気の中、自分のペースでロードスターを走らせる体験は、何ものにも代え難いものです。購入する、レンタカーを利用する、など何らかの方法で一人でも多くの方に体験していただきたいなあ、と感じます。

さてこの不定期連載、次回はイタリアの国民的コンパクトカーのMT車の試乗記をお届けする予定です。お楽しみに!

[筆者:磯田 薫(オートックワン編集部)]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マツダ ロードスター の関連編集記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR