【2022年】マツダ ロードスターにオシャレなブラウントップが期間限定で発売開始! さらにビンテージ風の新色追加で世界観広がる一台に

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:堤 晋一/和田 清志/マツダ
画像ギャラリーはこちら
マツダは2022年11月17日(木)、オープンスポーツカーのロードスターに特別仕様車「ブラウントップ」を設定するとともに、一部改良で新色のボディカラーを追加しました。特別仕様車は2022年11月17日(木)~2023年7月31日(月)まで注文を受付する期間限定のモデルとなります。12月中旬から発売予定です。

今回は特別仕様車の概要と一部改良のポイントをご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. ロードスターのボディサイズ、エンジン、外観、シート、燃費
  2. ブラウンの幌とテラコッタのインテリアで構成した特別仕様車ブラウントップを設定
  3. ロードスターに新色追加! ビンテージライクなジルコンサンドメタリックが仲間入り

ロードスターのボディサイズ、エンジン、外観、シート、燃費

ロードスターは1989年に登場以来、4代にわたって小型2人乗りオープンカーとして異例となる110万台以上を販売した人気のモデルです。

まずは現行ロードスターのスペックを紹介しましょう。ロードスターのボディサイズは全長3915mm×全幅1735mm×全高1235mm。リトラクタブルハードトップモデルのRFは全長3915mm×全幅1735mm×全高1245mmとなります。

ロードスターのエンジンは1.5L水冷4気筒エンジンを搭載、駆動方式はFRのみです。6速ATと6速MTを設定しています。

ロードスターの外観はマツダ独自の魂動デザインを採用しながら、走りと風を楽しむために磨かれたプロポーションが特徴的です。

ボディカラーは魂動デザインを引き立てるソウルレッドクリスタルメタリックやマシーングレープレミアムメタリックなど、匠塗と呼ばれる魂動デザインの造形美をより引き立てるカラーラインアップを中心に7色が用意されています。

ロードスターのシートはグレードごとにクロス×ブラック、レザー×ブラック、ナッパレザー×テラコッタ、ナッパレザー×ピュアホワイト、アルカンターラ/ナッパレザー×ブラックを設定しています。

ロードスターのWLTCモード燃費はソフトトップで16.8km/L〜17.2km/L、RFで15.2km/L〜15.8km/Lです。

ブラウンの幌とテラコッタのインテリアで構成した特別仕様車ブラウントップを設定

今回の一部改良では、4代目ロードスターのコンセプトである「人生を楽しもう-“joy of the Moment, Joy of Life”」をさらに深めることを目指しています。

特別仕様車のブラウントップはソフトトップモデルに追加しました。「S レザーパッケージ」グレードをベースに、品のあるブラウンの幌とテラコッタのインテリアを組み合わせることでオシャレな雰囲気を感じられるカラーコーディネーションとしています。

具体的には、2018年7月発売のキャラメルトップと同色となるインシュレーター(遮熱板)付きのブラウントップを設定。ボディ同色の電動リモコン式ドアミラー、テラコッタのナッパレザーシート、テラコッタステッチ入りのドアトリムとインパネデコレーションパネル、高輝度塗装の16インチアルミホイールが設定されています。

ロードスターに新色追加! ビンテージライクなジルコンサンドメタリックが仲間入り

また、マツダ CX-5やMX-30などに用いられている「ジルコンサンドメタリック」をロードスターにも採用しています。ジルコンサンドは鋳型に使われる砂の名前です。ハイライトとシェードのメリハリが生まれ、明るいところではベージュのように、暗いところではカーキ寄りの色合いと、見え方が変わります。

このジルコンサンドメタリックをロードスターと組み合わせることで、ビンテージライクで今までにない新たなスポーティさを表現しています。これまでのボディカラーとは異なるアウトドアな雰囲気と個性を感じられるでしょう。

ロードスターの価格(税込)は268万9500円〜342万2100円、ロードスター RFが352万7700円〜398万8600円です。特別仕様車のブラウントップはベースとなるS レザーパッケージと同様、325万7100円となります。

【筆者:MOTA編集部 カメラマン:堤 晋一/和田 清志/マツダ】

マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
262.4万円335.6万円
中古価格:
35万円460.6万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 石苔亭いしだ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ ロードスターの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ ロードスターのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ ロードスターの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ ロードスターの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ ロードスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる