autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、新型N-VANを発売!軽バン初のセンターピラーレスと荷室フルフラットで積載性アップ

自動車ニュース 2018/7/12 10:00

ホンダ、新型N-VANを発売!軽バン初のセンターピラーレスと荷室フルフラットで積載性アップ

ホンダ 新型N-VAN
ホンダ 新型N-VANホンダ 新型N-VANホンダ 新型N-VANホンダ 新型N-VAN画像ギャラリーはこちら

ホンダは、新型N-VAN(エヌバン)を2018年7月13日より発売する。

価格(消費税込)は、N-VANが126万7920円~145万440円、N-VAN +STYLEが156万600円~179万9280円。なお、ナビ装着用スペシャルパッケージは3万6000円となる。

>>ホンダ 新型N-VANの内外装デザインを画像で見る

軽バン初のセンターピラーレス仕様を採用

ホンダ 新型N-VAN/L Honda SENSINGL Honda SENSING/タフタホワイトII(CVT)

新型N-VANは、さまざまな仕事での使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求し、軽バンの新基準となることを目指して開発された。

N-BOXのプラットフォームを最大限活用しながら、軽バンに求められる広い積載スペースと積載作業の効率向上を追求。広い積載スペース実現のために、リアシートに加え、助手席にもダイブダウン機構を採用した。助手席を座面ごとに収納することで、テールゲートからリアシート、助手席までフラットな空間を創り出すことが可能となった。

さらに、燃料タンクを前席の下に収めるセンタータンクレイアウトによる荷室の低床化で、高さのある荷物にも対応できる空間となっている。

ホンダ 新型N-VAN

また、積載作業の効率向上のために、軽バン初のセンターピラーレス仕様を採用し、助手席側に大きな開口部を設定。テールゲートと使い分けることで、荷物の積載作業をさらに効率よく、スムーズに行うことができる。

荷物の積載時や長距離・長時間移動でも快適な走行を目指し、N-BOXのパワートレイン、サスペンションをN-VAN向けに最適化することで、低燃費とスムーズな加速、振動を抑えた快適な乗り心地を実現。ドライバーにも荷物にも配慮した走行性能を備えている。

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全タイプに標準装備。また、ピラーレスの側面を含む全方位に対して優れた衝突安全性能を確保している。

新型N-VANの主な特長その1「利便性」

ホンダ 新型N-VAN/+STYLE FUN Honda SENSING/プレミアムイエロー・パールII

FFプラットフォームと助手席ダイブダウンによる大空間の荷室を実現

・N-BOXで新規開発したプラットフォームをベースとし、商用向けに専用設計。センタータンクレイアウトにより低床化を、FF化によりフラットな荷室を実現した。

・助手席スペースにも荷物が積めるよう、リアシートに加え、助手席シートもフラットに収納できるダイブダウン機能を採用。ダイブダウンした助手席からテールゲートにかけて段差のない荷室の床面が広がり、長尺物の積載も可能とした。

助手席側ピラーレス採用による“ダブルビッグ大開口”で積み下ろし効率を改善

・助手席側からのスムーズな積み下ろしを可能にするため、軽バンとして初めてセンターピラーレス化を実現。長尺物の積み下ろし作業等の使い勝手を向上するとともに、移動店舗など、アイディア次第で新しい用途の可能性を広げる。

・ワイドな開口幅と低床設計によって大開口を実現したテールゲートとセンターピラーレスによる助手席側のワイドな開口により、2つの大開口から荷室へのアクセスが可能。狭い場所など作業域が限られた環境や、複数人での積み下ろしといった、様々な環境で作業効率向上に貢献する。

>>新型N-VANの内外装デザインを画像で見る

新型N-VANの主な特長その2「走行性能」

ホンダ 新型N-VAN/L Honda SENSINGL Honda SENSING/タフタホワイトII(CVT)

荷物を積載した状態でもストレスなく移動できる優れた走行性能・低燃費・乗り心地

・N-BOXで採用した高効率エンジンをベースとし、商用ユースに最適化。燃焼効率を高め、低速から高トルクを発生することで、フル積載時でも力強く、かつ優れた燃費性能を実現した。

・トランスミッションにはCVTと6MTを設定。CVTは静かでスムーズな走りと大幅な低燃費化を実現するため、レシオレンジをワイドに設定している。6MTは、S660の6速MTをベースにFFおよび4WDに対応。6速設定とすることで、低速時は高い駆動力を、高速時は静かで快適な高速クルーズをもたらす。

新型N-VANの主な特長その3「安全性能」

ホンダ 新型N-VAN/+STYLE FUN Honda SENSING/プレミアムイエロー・パールII

Honda SENSINGを全タイプに標準装備

ホンダの軽バンに初採用となる、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」は、8つの機能に加え、オートハイビームならびに後方誤発進抑制機能を搭載し、全タイプに標準装備した。また、検知精度を高めることで夜間の歩行者認識も可能としている。なお、軽バンMT車への予防安全装備搭載は初めてとなる。

<N-VANに搭載されるHonda SENSINGの機能>

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)

・誤発進抑制機能*

・ACC(アダプティブクルーズコントロール)*

・LKAS(車線維持支援システム)*

・先行車発進お知らせ機能

・歩行者事故低減ステアリング

・路外逸脱抑制機能

・標識認識機能

・後方誤発進抑制機能*

・オートハイビーム

*MT車には装備なし

助手席センターピラーレスにも対応した高水準の衝突安全設計ボディ

・優れた衝突安全性能を確保しながら、助手席側センターピラーレスとするため、ドアインピラー構造を採用。左側のフロントドア後方とスライドドア前方にピラー相当の強度を持たせ、側面衝突時にはフロントドア上下とボディ、前後のドア同士がそれぞれ噛み合う構造とすることで、ドアのキャビン侵入を抑制する。

新型N-VANの主な特長その4「快適性能」

ホンダ 新型N-VAN

長時間の運転と頻繁な乗り降りに配慮したドライバーズシート

・低床設計により乗降時の足の運びをスムーズにするとともに、腰の上下運動を最小限とする位置にシート高を設定し、繰り返しの乗り降りに対する身体への負荷を軽減する。また、乗用車と同等のゆったりしたサイズのシート骨格を採用し、シートバックのサイドにボルスターを設けることで腰をしっかりと保持。長時間座っていても疲れにくい姿勢を保つことが可能となった。

・繰り返しの乗り降りによるシートクッション生地の破れを防ぐため、クッション生地をサイドから下まで一枚生地で張り込み、縫製ラインを解消。摩耗のきっかけを最小限とすることで破れにくいシートを実現した。

>>新型N-VANの内外装デザインを画像で見る

ボディカラー

▼G、L

・タフタホワイトII

・ルナシルバーメタリック

▼+STYLE FUN、+STYLE COOL

・ガーデングリーンメタリック

・プレミアムピンクパール

・シャイニンググレイメタリック

・プレミアムホワイトパールII

・ブリリアントスポーティーブルーメタリック

・クリスタルブラックパール

▼+STYLE FUN専用色

・プレミアムイエローパールII

▼+STYLE COOL専用色

・プレミアムベルベットパープルパール

ホンダ N-BOX の関連編集記事

ホンダ N-BOXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-BOX の関連編集記事をもっと見る

ホンダ N-BOX の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!