autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 軽商用バンに大革命!ホンダ N-VANは仕事に遊びに”使えるバン”だった!

自動車ニュース 2018/6/1 11:01

軽商用バンに大革命!ホンダ N-VANは仕事に遊びに”使えるバン”だった!

ホンダ N-VAN +STYLE FUN Honda SENSING
ホンダ N-VAN +STYLE FUN Honda SENSINGホンダ N-VAN Honda SENSINGホンダ N-VAN +STYLE COOL ターボ Honda SENSINGホンダ N-VAN 内装画像ギャラリーはこちら

助手席までフルフラットにして大容量の積載性を実現

ホンダは、「日本のワークスタイルを変える軽バンの新しいかたち」をコンセプトに、軽自動車Nシリーズ初の商用車として2018年夏に投入される「N-VAN(エヌバン)」の新たな情報を公表した。

>>カラーバリエーションも豊富!ホンダ 新型N-VANの画像を見る

ホンダ N-VAN(エヌバン)

ホンダ N-VANは、商用車としての使い勝手を高める画期的な機能を多数採用し、従来の1BOX軽バンとは発想を切り替え、N-BOXのFF低床プラットフォームをベースに新たに開発。床を低く、天井を高くすることで、すみずみまで使えるスクエアなパッケージとした。

特に助手席側のピラーをなくすことで、開口幅は1580mm、開口高は1230mmという大開口を実現した。助手席とリアシートをダイブダウンするとフラットな空間が出現。脚立や長尺物も積みやすく、段ボールであれは71個、ビールケースは40個を積載でき、最大積載量は350kgを確保した。

はたらくクルマとして快適なインテリア

ホンダ N-VAN 内装

インテリアは、道具としての使いやすさと気持ちよくはたらける空間を両立している。自然な姿勢を保って体をケアするシートやタフな造りの棚を思わせる収納、キズや汚れが目立ちにくい内装など、はたらくクルマとして充実した内容となっている。

さらに、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を標準装備し、安全面にも配慮した。

商用だけじゃなく、レジャーや趣味にも使える軽バン

グレードは、プロの道具としての機能性を追求したベーシックなG Honda SENSINGと便利な機能を追加したスタンダードなL Honda SENSING。さらに、仕事とレジャーの相棒にできる丸目スタイルの+STYLE FUN Honda SENSINGと、ロールーフでスタイリッシュな+STYLE COOL Honda SENSINGの4モデルをラインナップした。

また、さまざまなニーズに応えられるよう、トランスミッションはCVTと6MT(S660と同じ)を、駆動方式はFFと4WDを設定。エンジンはNAに加え、ターボも用意している。

ホンダ N-VAN Honda SENSINGホンダ N-VAN +STYLE FUN Honda SENSINGホンダ N-VAN +STYLE COOL ターボ Honda SENSING

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ N-BOX の関連編集記事

ホンダ N-BOXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-BOX の関連編集記事をもっと見る

ホンダ N-BOX の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR