autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 GT-R 2018年モデル 実燃費レポート|570馬力の国産スーパーカーの実燃費を徹底検証

燃費レポート 2018/7/2 18:23

日産 GT-R 2018年モデル 実燃費レポート|570馬力の国産スーパーカーの実燃費を徹底検証(1/6)

関連: 日産 GT-R Text: 小鮒 康一 Photo: 茂呂幸正・オートックワン編集部
日産 GT-R
日産 GT-R日産 GT-R日産 GT-R日産 GT-R画像ギャラリーはこちら

日産 GT-R 2018年モデル 実燃費レポート|結果まとめ

起用グレード

日産 GT-R

今回の燃費テストに持ち出したのは、日産のアイコンでもあるGT-R。それまでのスカイラインの1グレードから、独立した車種として生まれ変わったGT-Rが登場したのは2007年。今からもう11年も前の事ではあるが、そのポテンシャルはアップデートをし続け現在でも超一級品のスーパースポーツとして君臨し続けている。

今回は2017年11月に登場した2018モデルのプレミアム エディションを借り出し、燃費テストを実施した。先日、栃木県警に市民の寄付により同型のGT-Rが納車されたとのことで、ぜひ栃木県警関係者の方々も注目していただきたいところだ。

GT-Rに搭載されるエンジンはGT-R専用に開発され、日産自動車横浜工場のクリーンルームで「匠」と呼ばれる職工が1台1台手組みで仕上げるVR38DETT型エンジン。デビュー当初は480PS/60.0kgf・mだったスペックも、今では570PS/65.0kgf・mまで引き上げられ、NISMOに至っては600PS/66.5kgf・mと国産車トップレベルのスペックを誇っている。

>>オレンジのボディが鮮やか!日産 GT-R(R35)の画像を見る

燃費テスト概要

GT-Rのミッションはトランスアクスル方式の6速DCTとなり、今となっては多段ATが主流のスーパースポーツの中ではやや物足りない印象もある。エンジンもハイブリッドシステムはおろか、アイドリングストップ機能すらないということで、燃費性能ではライバルより一歩劣っている。

GT-R プレミアム エディションのカタログ燃費は8.6km/L(プレミアム エディション以外は8.8km/L)。とはいえ、出力をアップさせながらデビュー当初の8.2km/Lよりも燃費数値を向上させていることは素晴らしいと言えるだろう。

今回の燃費測定は2018年6月21日に行い、天候は曇りと一部で雨という条件。朝10時ごろに横浜の日産グローバル本社を出発し、高速、郊外路、市街地・街乗りの順で走行し、16時ごろに青山にあるオートックワン編集部へ戻るルートを選択した。燃費の数値は総合燃費以外車両の燃費計を使用している。

エアコンは25度設定のフルオートで、VDC-R、ショックアブソーバー、トランスミッションの設定は全てノーマル、パドルシフトを使っての変速はせず、全てクルマ任せとした。

乗車人数はドライバー1名(体重80kg)で行った。

日産 GT-R 2018年モデルの実燃費は9.0km/L

日産 GT-R 2018年モデル 実燃費レポート結果まとめ
車種名GT-R プレミアム エディション
パワートレイン3.8リッター V型 6気筒 DOHC ターボ
駆動方式4WD
JC08モード燃費8.6Km/L
実燃費:平均9.0Km/L
実燃費:市街地7.0Km/L
実燃費:郊外路9.0Km/L
実燃費:高速道路11.3Km/L
日産 GT-R

結論から言うと、トータルで約161kmを走行し、各セクションの燃費を合計してはじき出された数値はJC08モードの8.6km/Lを超える9.0km/Lとなった。高速道路や郊外路で燃費が稼げることは想定内だったが、市街地走行でも思った以上に燃費が悪化しなかったため、好記録がマークできたようだ。

実は今回の市街地走行では、通常15km/h~18km/hとなる平均時速が、22km/h程度とやや渋滞が穏やかだった。そのため、ただただ燃料を消費するだけのアイドリング時間が短くて済んだのだ。

3.8リッターエンジンともなればアイドリングでの燃料消費量もバカにできないハズ。アイドリングストップ機能がないGT-Rでは大きな差となったのかもしれない。

それではここからは走行シーンごとの燃費や走りっぷりなどをお伝えしていこう。

>>日産 GT-R 2018年モデル 実燃費レポート|市街地・街乗り編(次のページ)

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 GT-R の関連編集記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連編集記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR