三菱 新型エクリプスクロス・新型アウトランダーPHEV雪上試乗|三菱の魂を受け継いだ最新車両を北の大地で試す!(1/4)

  • 筆者: 藤島 知子
  • カメラマン:三菱自動車工業・オートックワン編集部

三菱の魂を受け継いだ最新車両を北の大地で雪上試乗!

創業100周年を機に、次時代のブランドスローガン「Drive Your ambition」を掲げた三菱自動車。

彼らのクルマづくりの核となるのは四輪駆動の制御技術、i-MiEVで培った電動化、ドライブする上で走ることの愉しさ。現在のラインナップはSUVに力を注いでいるものの、悪路走破性や車両の運動制御技術については、独自の技術開発の手を緩める気配はない。

2015年にランサー・エボリューションが23年の歴史に終止符を打ったいま、むしろそれらに携わった開発者たちはそれ以外の車種に三菱の魂を注ぐ立場に。アウトランダーPHEVといった素晴らしいプロダクトを世界一売れているプラグインSUVに押し上げているだけに、最新の三菱の走りとはいかなるものか気になるところだ。

そんな矢先、発売直前の新機種「エクリプスクロス」と「アウトランダー」で最新の三菱車の走りを体感する雪上試乗会に参加する機会を得た。

会場は北海道の新千歳モーターランドの特設コースで、スラロームにダウンヒルに登り坂、ダイナミックに駆け抜けるすり鉢状のバンクなど、車両の運動性能が試されそうなコースレイアウト。取材陣の鼻息も心なしか荒い。

>>三菱 エクリプスクロス・アウトランダーPHEV雪上試乗を更にチェック(画像71枚)

アイスバーンでも想像以上にスムーズに駆け抜けていけるアウトランダー

先ずはアウトランダーのガソリンエンジン車の試乗からスタート。

気温が上がってきたせいか、路面の雪はズルリと滑る箇所があり、雪の下はアイスバーンという難しいコンディション。そうしたなか、アウトランダーは想像以上にスムースに駆け抜けていけることに驚かされる。

普通であれば、フロントタイヤがスリップすると曲がりきれないでモタつくシーンでも、カーブの進入で少し強めにブレーキをかけて、ハンドルを切り込み、アクセルを開けるという一連の操作を行っていくと、三菱独自の車両運動統合制御システム「S-AWC(スーパー オール ホイール コントロール)」が4つのタイヤが持てる力を最大限に発揮できるように促してくれる。

ロジックとしては、4輪のブレーキを制御するほか、前後輪に最適なトラクションを確保できるように状況に応じて駆動力の配分を行い、ASC(アクティブ スタビリティ コントロール)やAYC(アクティブ ヨー コントロール)が左右輪の動きを制御して、ドライバーが意図した走行ラインをトレースしやすくする。

つまり、三菱の4駆モデルの走りを支えるS-AWCはこれらの機能を統合制御するもので、意のままの操縦性と安定した走りをもたらしてくれるというワケだ。

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
藤島 知子
筆者藤島 知子

通称「藤トモ」。スーパー耐久のレースクイーンを経験後、軽自動車レースに参戦したことがきっかけで様々なレースに参戦。レースで培った技術と女性ならではの視点が魅力の女性モータージャーナリスト。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

三菱 エクリプスクロスの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 エクリプスクロスのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 エクリプスクロスの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 エクリプスクロスの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 エクリプスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる