メニュー

三菱 アウトランダーの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ
4710×1860×1740 mm (全長×全幅×全高)
燃費
-km/L
  • このアイテムをシェアする

三菱 アウトランダーの新車価格・取扱店

新車価格
462.1万円 499.6万円 最新モデル(3代目)2021/12/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

三菱 アウトランダーの中古車価格

中古車価格
39万円 552.1万円 中古車の掲載台数:255台
9.9 万円 177.3 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
23
(SUV・クロカン)
評判・口コミ
3.4 pts
(46人)
ガイド記事数
53記事
 
ペア宿泊券プレゼント
モデル概要

7人乗りの大型SUV。三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をまとい、都会的でスポーティなデザイン。ボディ各所に取り付けられたクロームメッキパーツも高級感を演出している。中身は本格的SUVらしく、パワフルなガソリンエンジンと高性能4WDで、不整地や悪天候時でも安定の走りを披露。2、3列目のシートは左右独立して倒せるので、人数や荷物に応じて自在にアレンジできる。またアウトランダーシリーズのために専用設計した「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに設定し、高品質な音質を再現している。

派生車種
アウトランダーPHEV
モデル概要

7人乗りの大型SUV。三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をまとい、都会的でスポーティなデザイン。ボディ各所に取り付けられたクロームメッキパーツも高級感を演出している。中身は本格的SUVらしく、パワフルなガソリンエンジンと高性能4WDで、不整地や悪天候時でも安定の走りを披露。2、3列目のシートは左右独立して倒せるので、人数や荷物に応じて自在にアレンジできる。またアウトランダーシリーズのために専用設計した「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに設定し、高品質な音質を再現している。

派生車種
アウトランダーPHEV
グレード別の新車・中古車価格
PHEV 2.4 M 4WD AT
2021/12/01 ~ 販売中
420.1万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
PHEV 2.4 G 4WD AT
2021/12/01 ~ 販売中
445.9万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
PHEV 2.4 G 4WD AT
2021/12/01 ~ 販売中
454.2万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
PHEV 2.4 P 4WD AT
2021/12/01 ~ 販売中
420.1万円 ( 中古車: 532万円 )
モデル概要

7人乗りの大型SUV。三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をまとい、都会的でスポーティなデザイン。ボディ各所に取り付けられたクロームメッキパーツも高級感を演出している。中身は本格的SUVらしく、パワフルなガソリンエンジンと高性能4WDで、不整地や悪天候時でも安定の走りを披露。2、3列目のシートは左右独立して倒せるので、人数や荷物に応じて自在にアレンジできる。またアウトランダーシリーズのために専用設計した「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに設定し、高品質な音質を再現している。

派生車種
アウトランダーPHEV
2012/12/1~販売中

三菱 アウトランダー 顧客満足度調査 Powered by
2018年調査実施

×

顧客満足度調査

J.D. パワーは、1968年に米カリフォルニア州で設立された、自動車をはじめとする様々な製品・サービスの品質や顧客満足度を専門とする調査機関。毎年、世界中で数百万人にのぼる消費者の声を拾い上げ、データ化し、企業のサービス向上や製品の品質改善のために提供しています。J.D. パワー 評価は、J.D. パワーが2019年に実施した数種類の調査データを元に、クルマの品質や魅力、ディーラーサービスから、車を総合的に100点満点で評価したスコア。

総合評価

74/100
  • 高評価ポイント

    • エンジン・トランスミッション
    • 高速道路走行時のエンジンレスポンスや追い越し性能
    • 発進加速
  • 低評価ポイント

    • 3列目シートの居住性
    • ナビの使いやすさ/ディスプレイの見やすさ

総評

走行性と環境性を追求したエンジン性能で高評価。高い走行安定性能も魅力。先進安全支援システム「三菱e-Assist」の一部機能が標準装備。

三菱 アウトランダー 関連記事・ニュース・最新情報

最新の関連記事・ニュース

自動車購入ガイド

三菱 アウトランダー 歴代モデル・グレード情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(アウトランダー 2021年式モデル)




グレード PHEV 2.4 M 4WD AT PHEV 2.4 G 4WD AT PHEV 2.4 G 4WD AT PHEV 2.4 P 4WD AT
新車価格
462.1万円
490.5万円
499.6万円
462.1万円
中古車価格
価格情報収集中
価格情報収集中
価格情報収集中
532万円
発売日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日
排気量 2,359 cc 2,359 cc 2,359 cc 2,359 cc
エンジン区分 ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド
燃費
燃料 レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー
駆動方式 4WD 4WD 4WD 4WD
ミッション AT AT AT AT
ハンドル
定員 5名 5名 7名 7名
最小回転半径 5.5 m 5.5 m 5.5 m 5.5 m





全長 4,710 mm 4,710 mm 4,710 mm 4,710 mm
全幅 1,860 mm 1,860 mm 1,860 mm 1,860 mm
全高 1,740 mm 1,745 mm 1,745 mm 1,745 mm
車両重量 2010kg 2050kg 2090kg 2110kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 98[133]/5,000 98[133]/5,000 98[133]/5,000 98[133]/5,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 195[19.90]/4,300 195[19.90]/4,300 195[19.90]/4,300 195[19.90]/4,300
過給機


タイヤサイズ(前輪) 235/60R18 255/45R20 255/45R20 255/45R20
タイヤサイズ(後輪) 235/60R18 255/45R20 255/45R20 255/45R20

三菱 アウトランダー 中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
(H22)
2009
(H21)
2008
以前
(H20)
価格 物件数 1 2 10 9 27 24 18 12 20 22 12 17 13 68
300万円~ 2 1 1
~300万円 5 2 2 1
~250万円 44 6 5 16 10 7
~200万円 14 1 5 5 2 1
~190万円 12 2 1 3 1 5
~180万円 7 1 2 2 1 1
~170万円 7 4 1 1 1
~160万円 6 2 4
~150万円 4 1 3
~140万円 6 1 1 1 3
~130万円 11 1 6 3 1
~120万円 17 1 6 6 1 1 2
~110万円 8 3 1 1 3
~100万円 6 1 3 1 1
~90万円 14 5 2 2 5
~80万円 15 1 2 3 3 6
~70万円 20 1 4 4 3 8
~60万円 18 1 2 1 14
~50万円 14 3 11
~40万円 25 1 2 3 19

三菱 アウトランダー レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

総合評価
3.4 (46)
車種の口コミを投稿する
  • 補助金有りでバカ売れ中
  • メタメタ
  • 投稿日 2021年12月29日
2021年式モデル  グレード:PHEV 2.4 P 4WD
総合評価
4.2
外観
4
内装
4
走行性
5
運転しやすさ
3
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

新型アウトランダーは、ルノー・日産・三菱グループの共通プラットフォームを採用するモデルでNISSANは22年に発売するエクストレイルで同じプラットフォームを使用します。国内投入は三菱が1番最初になります。スタイリングは実車を前にすると、なかなかの巨体に感じます。従来型より全長も全幅も拡大されていますが、ボンネットがかなり分厚くなったのでそれ以上に大きく感じます。威風堂々というコンセプト通り、押し出しの強い存在感のあるデザインに仕上がっています。また新しいプラットフォームのお陰で、ボディ剛性、静粛性、操安性等、走りに関する機能は大幅に進化しています。サスペンションも前後ともにアルミ材多く使い軽量化と高剛性化を実現しています。高級車のようフラットかつしなやかな乗り味になっています。また、曲がる性能は三菱の得意分野で、
ツインモーターAWDを採用。左右の駆動力を制御するアクティブヨーコントロールで、前後左右のタイヤを巧みに制御しています。このため頭の重いクルマに在りがちなアンダーステアを感じず、ナチュラルな挙動をドライバーは感じます。

良かった点

内装は先代の弱点でしたが、新型は一気にライバルに追いつき、そして追い越しそうな質感を手に入れています。また搭載するバッテリーも20kWh大幅に増強。従来約45%容量を拡大して、EV走行できる距離をWLTCモードで87kmと、先代の50%以上延ばしてきました。ガソリンタンク容量も24%以上拡大しているので航続距離は大きく伸びました。また、災害時には蓄電池プラス発電機になるので、ガソリンタンクが満タンであれば一般家庭の電力を12日間分に達するので、災害時はガソリンも使えるPHEVは強い味方になるはずです。

気になった点

今回はガソリンモデルは無くなりました。その為にPHEVで三列シート仕様があるのですが、狭かった先代以上に狭くなりたした。これは大人には苦痛のシートです。子どもようと割り切れば問題は無いのかもしれませんが。また全幅が60mm拡大されているのは、旧型ユーザーからは駐車場の問題で購入出来ない方も発生するかもしれません。また取り回しの面でも急拡大すると、狭い道でのすれ違いや狭い駐車場で気を使う場面が増える可能性があります。

0人
  • 補助金の嵐
  • ユッコ
  • 投稿日 2021年12月1日
2021年式モデル  グレード:PHEV 2.4 P 4WD
総合評価
4.3
外観
5
内装
4
走行性
5
運転しやすさ
4
乗り心地
3
燃費・維持費
5
総評

アウトランダーが新型となりました。発売直後に衝撃の展開が待っていました。補助金の大幅アップです。従来は国から50万円だったのが、東京都のみですが45万年上積みの補助金95万円です。新車アウトランダーPHEVが、補助金を使えば95万円引きです。車両本体価格400万円未満で手に入るのです。こんなチャンス見逃す手はありません。但し、冒頭にあります通り東京都在住の方に限ります。その他にお住まいのが方は、各自治体のホームページご参照下さい。何故急遽、補助金アップに東京都が踏み切ったのかは、謎ですがそんな事を言ってる場合ではありません。東京都民は三菱ディーラーに駆け込み、アウトランダーの発注をして下さい。そう言えば、あの頃そんな事言ってたと思ってる間に、アウトランダーの納期は直ぐに年単位で伸びてしまうでしょう。何とも羨ましい限りです。東京都は日本企業の本社が集まり、法人税が集中するからですね。

良かった点

アウトランダーの美点は、繰り返しとなりますが補助金を使って購入出来る事にあります。今回の様に95万円引きで有れば、ハリアーのハイブリッドと同じ購入価格でPHEVがてに入ってしまうのです。つまり、高価な大量のリチウムイオンバッテリーが無料で付くサービスの様なものです。リチウムイオンバッテリー無料搭載キャンペーンって聞いたこと事ありません。アウトランダーの他にもプリウスとRAV4のPHEV対象です。

気になった点

それはもう、争奪戦になり納期が遅くなってらしまう事に尽きます。RAV4のPHVが発売された時、補助金が少なかった時でも即完売した程です。RAV4の戦略的価格もあっての事ですが、現在のアウトランダーはそれ以上のお買い得感があるので、納期5年もあり得る話です。又は注文受付を終了してしまうかも知れません。東京都都民は恵まれています。一極集中税制の弊害です。日本国民全体に税金が回る税制の改革を望みます。

3人
  • 永く愛して
  • マサ
  • 投稿日 2021年11月22日
2021年式モデル  グレード:PHEV 2.4 G 4WD
総合評価
4.5
外観
5
内装
4
走行性
5
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

アウトランダーが2代目となりました。初代の初期型が印象に残っています。巷では鯨と揶揄されていましたが、東京モーターショーのコンセプトカーからの正常進化版で、独自の世界観が気に入っていました。マイナーチェンジでダイナミックシールドデザインとなり、万人受け路線へと変更となりましたが、販売面を考慮すると仕方がないです。今回のアウトランダーはダイナミックシールドデザインの集大成で、全体のシルエットから細部の造形まで弱点がなく、クラスを超えた質感に仕上がっています。走りの進化も目覚ましく20kwのリチウムイオンバッテリーを搭載して、EV航続距離87キロとなり、通勤を含めエンジンを回す機会はグッと減少すると思います。バッテリーがカラになっても、エンジンで発電出来る所がプラグインハイブリッドの強みで、充電設備が整わない日本において、アドバンテージとなります。日本はまだまだ、PHEVが主流です。

良かった点

動力性能の向上は目を見張ります。フロントモーターが60kwから85kwでリアモーターが70kwから100kwと約35パーセントのパワーアップです。kwではピンと来ませんが、仮にkwを単純にpsに置き換えて見てもらうと、その凄さが分かると思います。これだけのパワーアップだけでも値上げの理由になりますが、15万円程の価格上昇に抑えています。先代アウトランダーのEVフル加速でもスポーツカー級でした。

気になった点

リセールバリューが気になります。自動車としてPHEVとして、完成度に異論はごさいません。ただ三菱ブランドは、天下のトヨタさんよりもリセールバリューが低いので5年後のリセールでは、ライバルのRAV4プラグインハイブリッドやハリアーハイブリッドよりも、割合として手元に残る金額は少なくなります。でも乗り潰すなら、全く問題はありません。日本は2040年以降も内燃機関は残ります。永く愛して下さい。

3人
  • 選んでもらえる?
  • ピー
  • 投稿日 2021年11月21日
2021年式モデル  グレード:PHEV 2.4 G 4WD
総合評価
4.2
外観
5
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

アウトランダーが待望のモデルチェンジとなりました。PHEVと言えばアウトランダー、アウトランダーと言えばPHEVと、世界に与えたインパクトは大きくプラグインハイブリッドの代名詞でした。マーケティング戦略も絶妙で、他のメーカーがセダンベースのプラグインハイブリッドを投入する中、三菱はSUVでPHEVと舌を噛みそうな戦略で、SUV人気とSUVの利便性でニッチなマーケットを世界的に独占しました。時が流れライバル達もアウトランダーを研究し、アウトランダーを凌駕するモデルが出てきました。トヨタRAV4プラグインハイブリッドなどはその筆頭です。そんなライバル達のやりたい放題に待ったを掛けます。日産とのアプライアンスで新開発のプラットフォームを使い、先代の弱点であったボディ剛性の改善と最新の自動ブレーキを引っさげて来ました。バッテリー容量も先代のら45%増しで、EV走行も80キロ可能でと素晴らしいです。

良かった点

ダイナミックシールドデザインも板に付いて来ました。たしか、ダイナミックシールドデザインの最初が、先代アウトランダーのマイナーチェンジだったと思います。その後デリカやRVRのマイナーチェンジやエクリプスクロス、軽自動車のeKワゴンのフルモデルチェンジで採用されました。今回のアウトランダーでは、ダイナミックシールドデザインの集大成を思わせる仕上がりです。デザインのポイントは、フロントバンパーです。

気になった点

設定価格が気になります。1番安価なグレードMで462万円の車両本体価格です。オプション込みで軽く500万円オーバーです。東京では補助金が手厚く購入し易いですが、その他地方では中々手が出ない価格帯です。確かに素晴らしい車ですが500万円を超える価格帯には、強力なライバルがヒシメキます。アルファード、ハリアーハイブリッド、RAV4PHVE等。その中でアウトランダーを選んでもらえるかが心配です。

3人

カーソムリエによる試乗レポート・評価

  • gogo3さん
    3.4
    外観:
    3.6
    内装:
    3.4
    走行:
    3.7

    走りやすいSUV

    アウトランダーのガソリンモデルに試乗した。 フロントはダイナミックシールドのデザインが力強くもあり高級な感じもして、いい顔をしているなと思った。サイドはしっかりとしたキャラクターラインと、リアにかけてやや下降気味の窓ガラスでスタイリッシュに見えた。リアはSUVらしいタフさのあるリアビューだった。 インテリアは、デザイン的には普通なレベルだったが、パネルなどパーツの質感は高かった。リアシートは膝回りもスペースがあって、シートの座り心地も良くて、外の景色も良く見えるので乗り心地が良かった。 走行性能は、ミッションがCVTなので、変速が滑らかでアクセルを踏むとスーっと加速していくので、ストレス....続きを読む

  • lex50さん
    3.5
    外観:
    3.6
    内装:
    3.4
    走行:
    4.0

    都会派

    アウトランダーのガソリンモデルに乗った。 フロントは、ヘッドライトからフォグランプのところへいくバーのデザインがポイントになっていて、SUVの力強さを表現していると思ったのと、都市にも似合うカッコいいデザインで、キレイにまとまった顔をしていると思った。サイドはけっこう大きさを感じたのと、ホイールがオシャレなデザインでカッコいいと思った。リアはシンプルでスタイリッシュなSUVという感じだった。インテリアは個人的には80点位という印象で、中央のディスプレイとかがある部分のデザインをもっとカッコよく出来たのではないかと思った。質感自体は良かった。ラゲッジスペースが広かったので、レジャーの際など荷物....続きを読む

  • 平成ジローさん
    3.3
    外観:
    3.6
    内装:
    3.2
    走行:
    3.7

    アウトランダーの教祖

    デザイン、特徴) アウトランダーと言えば、PHEV。テレビCMを見てもPHEV。展示車もPHEV。営業マンもPHEV推し。確かにPHEVは良き車です。でもPHEVのベース車両はアウトランダーのガソリン車なのです。「この車はシャーシが古いから、走行性能が時代遅れなんだよね。」って自動車雑誌の大御所ライターさんがよくコメントしてます。その重要なシャーシがガソリン車なのです。元々、SUVを作り慣れていてノウハウ蓄積が多い三菱さんです。特筆できるのは、本当に実用性を考えたデパーチャーアングル等の設定です。少しの坂を登ったり降りたりするだけで、アンダーガードをガリっとはしたくないですから。 走行性能....続きを読む

みんなの口コミ

  • トッポさん(納車されたよ)
    2.4 24G 4WD
    地域: 北海道
    投稿:2009年2月16日
    コメント

    Aピラーが太いので右左折の時に気を使う

  • トッポさん(成約したよ)
    2.4 24G 4WD
    地域: 北海道
    投稿:2008年12月30日
    購入動機
    荷室の広さ
    コメント

    アウトドアで使用するための装備が十分つめてなおスペースに余裕がある

  • ヤノさん(成約したよ)
    3.0 30G 4WD
    地域: 長崎県
    投稿:2009年5月9日
    購入動機
    走行性能
    コメント

    試乗してみて、乗りやすさ・レスポンスの良さが満足いくものだった。

三菱 アウトランダー買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
アウトランダー 2021年式モデル
アウトランダー 2021年式モデル
2021年 - - MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | 三菱 アウトランダーの買取相場 更新日2022年01月27日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • 三菱 査定依頼日:2022年01月24日
    アウトランダー 2.4 G 4WD
    年式:2007年 | 走行:70,001~75,000km | 色:銀 | 状態:傷やヘコミあり
    MOTA車買取査定額 21 万円~ 30万円
  • 三菱 査定依頼日:2022年01月23日
    アウトランダー 2.4 24G ナビパッケージ 4WD
    年式:2016年 | 走行:35,001~40,000km | 色:黒 | 状態:傷やヘコミあり
    MOTA車買取査定額 201 .9万円~ 218.9万円
  • 三菱 査定依頼日:2022年01月22日
    アウトランダー 2.4 ローデスト 24G 4WD
    年式:2011年 | 走行:40,001~45,000km | 色:黒 | 状態:目立った傷なし
    MOTA車買取査定額 87 .4万円~ 98.6万円
  • 三菱 査定依頼日:2022年01月16日
    アウトランダー 2.4 G 4WD
    年式:2006年 | 走行:170,001~200,000km | 色:青 | 状態:傷やヘコミあり
    MOTA車買取査定額 28 .9万円~ 37.9万円
  • 三菱 査定依頼日:2022年01月09日
    アウトランダー 2.4 24G 4WD
    年式:2018年 | 走行:35,001~40,000km | 色:真珠 | 状態:目立った傷なし
    MOTA車買取査定額 160 万円~ 190万円
  • 三菱 査定依頼日:2022年01月04日
    アウトランダー 2.4 24G セイフティパッケージ 4WD
    年式:2017年 | 走行:75,001~80,000km | 色:赤 | 状態:目立った傷なし
    MOTA車買取査定額 165 万円~ 215万円
三菱 アウトランダーのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

J.D. パワー評価が高いSUV・クロカン

三菱 アウトランダーを見た人はこんな車も見ています