日本でのヒットに期待大! VWの新型SUV「T-Cross」海外試乗レポート

VW、ポロがベースの新型コンパクトSUVを激戦セグメントに投入!

「これは売れそう!」

と、走り出してすぐに感じた。なぜならベースとなっているポロを上回る仕上がりの良さがあって、乗り心地も静粛性も進化していると感じたからだ。

VWで最もコンパクトなSUVとして誕生したT-Crossはまず、そんなファースト・インプレッションを伝えてきたのだ。

今回スペインのマヨルカ島で開催された国際試乗会で試したT-Crossは、VWの基幹コンパクトモデルであるポロの派生版SUVだ。ゆえにその成り立ちはポロと同じプラットフォーム、MQBのA0というアーキテクチャで作られる。

VWいわくこのコンパクトな都会派SUVセグメントは、今後10年で2倍になると予測。日本車ではホンダ ヴェゼルやマツダ CX-3、トヨタ C-HRという猛者がいる激戦区であり、輸入車でもジープ レネゲードやプジョー 2008、ルノー キャプチャーなど強豪揃いのセグメントだ。

そうした中でT-Crossは、ライバルと比べてもっともコンパクトである、全長4108×全幅1706×全高1584mmの3サイズを持ち、ホイールベースはポロと同じ2551mmとなる。同じVWのモデルでみれば、全長はポロより54mm長く、ゴルフをベースとしたSUVであるT-Rocより120mm短い。さらに日本のライバルと比べると、それらよりわずかに小さいサイズ感となっている。

ただし見た目の品質は相当高い。T-CrossはVWのSUVファミリーに共通のデザインを継承しており、力強いボンネットや幅広のグリル、ボディサイドを走る2本の水平ラインなどによって、まさにVWならではのライバルより確実に高品質な見栄えを実現した。もちろんトレンドも忘れておらず、リアはブラックトリムフレームを備えた横一文字リフレクターバンドをアイコンとした。

>>VWの自信作! T-Crossの内外装を詳しくチェック

インテリアは基本的なテイストはポロと同じが、こちらの方がよりアクティブな印象を与えるデザインとなっている。

気になるのは樹脂パーツがポロよりややチープに見えるところ。とはいえメーターはフル液晶でナビ画面も大きく先進的。またグレードによってはボディ同色のパネルを与えるなどして元気な印象を与える仕立てだ。

1リッター3気筒エンジン2種類にFFのみというラインナップ

搭載エンジンは、EA211型から派生した1.0Lの3気筒ターボにスペック違いを2種類用意。ポロと同じ95ps版と、より高出力な115ps版があるが、今回は115psに7速DSGを組み合わせた仕様を試乗した。駆動方式は都会派SUVゆえFFのみというイマドキのラインナップである。

最高出力115ps/最大トルク200Nmを発生する1.0Lの3気筒ターボ・エンジンは、1270kgのボディを0-100km/h加速で10.2秒、最高速193km/hを実現している。一方で燃費は4.9L/100kmとなるから、日本的にいえば20.4km/Lといったところ。CO2排出量は112gとなっており、排ガス規制的には最新のユーロ6Dに適合している。またエンジンは将来さらに2種類の追加を予定しているという。

いよいよ試乗! 気になるポロとの違いとは!?

実際に走ってまず印象的だったのは、最高出力115psゆえに日本の95psのポロよりエンジンにゆとりを感じる点だ。加速も気持ちよく力強さを感じるし、低速でもドライバビリティが高く扱いやすい。

また乗り心地に関しても、サスペンションは前ストラット/後トーションビームという通常のメカサスを採用しているが、T-Crossでは車高や最低地上高が上がってサスペンションストロークが増したためか、路面からの入力をしっかりいなす豊かな感覚が生まれていると感じた。実際に試乗車は18インチサイズのタイヤ&アルミを履きながらも、乗り心地もポロより良いと感じるレベルになっていた。

ハンドリングに関してはVWの走りのルールに基づいて、ポロと同じような操作に対する忠実さを実現している。つまりハンドリングそのものに楽しさは感じないが、安心して操れる素直な特性が実現されている。その上でポロよりも洗練された乗り味が融合するため、走りの印象はポロよりもさらに良いものに感じられるわけだ。

そして装備もポロより充実しているのが特徴で、例えばドライバーアシスタンスに関してはポロの装備に加えて、クルマが自動でハンドル操作をして修正を行ないレーンの中央を維持するレーンアシストや、ハイビームアシストが備わる。さらに4つのUSBやワイヤレス充電を備えるなど、イマドキのクルマならではの装備も充実している。

使い勝手ではリアシートが最大14cmスライド可能となっているのが特徴。このためラゲッジ容量は385〜455リッターと可変して使える。

また6:4の分割可倒シートを畳むと1281リッターのラゲッジ容量となり、ライバルよりわずかに多い容量を実現している。また後席は足元スペースも十分に広く、ヘッドクリアランスにもゆとりがある上に、バックレストも高さがしっかりと確保されていて、後席でもしっかり座れる空間が構築されていたのだった。

価格は300万円切り!? T-Crossには“売れない理由がない”!

つまりT-Crossというモデルは、見た目も品質も中身も走りも使い勝手も良しという、売れない理由がない1台だったのだ。もちろん気になる点はあって、先に記した内装は、人によってはチープに感じたり、子供っぽくも感じるだろう。また1.0Lの3気筒ターボエンジンは性能的には必要十分だが、3気筒ゆえに加速時のエンジン音が煩いと感じる人も少なくないだろう。

しかしながら価格は300万円を切るという噂があり、これを考えると先のわずかな不満には目をつぶることができる。また実際にこの価格ならば輸入車のライバルはおろか、日本車の同クラスとも競合することにもなるため、このクラスはさらに激戦となるだろう。

またディーラーでは、ポロを買いに来たユーザーの多くも目を向けそうな予感も存分にある。こんな具合でT-Crossとは、コンパクトSUVとして要注目となるであろう1台だ。

[筆者:河口 まなぶ / 撮影:フォルクスワーゲン]

VW T-Cross試乗の様子を動画でチェック

VW T-Crossのフォトギャラリー

>>T-Crossの画像をもっと見る

この記事の画像ギャラリーはこちら
河口 まなぶ
筆者河口 まなぶ

1970年生まれ。大学卒業後、出版社のアルバイトをしたのちフリーランスの自動ライターとなる。1997年に日本自動車ジャーナリスト協会会員となり、自動車専門誌への寄稿が増え、プレイステーション「グランツーリスモ」の解説も担当。現在、自動車雑誌を中心に一般誌やwebで自動車ジャーナリストとして活躍。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

フォルクスワーゲンの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる