なぜマツダはディーゼルに拘るのか?車種ごとのディーゼル販売比率を調べてみた

日本で唯一ディーゼルエンジン搭載の乗用車を販売するマツダ

欧州車は大半のメーカーがディーゼルエンジン搭載モデルをラインアップしているうえ、販売比率も多い。一方、日本のメーカーを見ると、乗用車に限って言えば(トヨタも三菱もSUVやミニバンのみ)、ディーゼルエンジン搭載モデルを売っているのはマツダだけ。なぜか?

まず欧州車にディーゼル搭載車のラインアップが多い理由だけれど、欧州市場でディーゼルの販売比率が高いためである。日本にいると欧州市場もディーゼル離れ状況だと思えるけれど、そんなことない。確かにVW ゴルフクラスより小さいモデルはディーゼル車が激減しているものの、BMW 3シリーズ以上になると売れ筋。

ディーゼルは燃費が良いだけでなく動力性能も優れている。欧州ではミドルクラス以上のモデルの場合、販売台数の半数以上がディーゼルといったイメージ。日本車の場合、欧州市場でディーゼルのラインアップが少なく、そもそもトヨタなどはエンジンをBMWから買っており日本で生産していない。

もちろん日本の自動車メーカーだって技術的には欧州の排気ガス規制をクリア出来るというが、販売台数が少ないとコスト的に厳しく利益上がらず。そんな中、唯一マツダのみが勝負に出た。

ズバリ、マツダがディーゼル車に拘るワケは・・・

日本市場でもマツダにディーゼル車が多いのは、膨大な開発コストを掛けたので台数を売りたいからだ。「ウチはディーゼルで勝負!」とばかりに、CX-8はガソリン搭載モデルを作らなかったほど(CX-3も当初はディーゼルエンジンだけのラインアップだった)。

では、なぜマツダはディーゼルなのか?それはハイブリッドを持っていないためである。昨今の売れ筋を見ると燃費の良いモデルが人気で、トヨタも日産も電動化技術搭載車メイン。

マツダからすれば「ディーゼルはハイブリッドに燃費で届かないが、燃料の軽油はガソリンより安く総合的な燃料コストを考えれば同等」ということなのだろう。しかもディーゼルの方がハイブリッド車よりパワフルで、クルマ好きからすれば走りを楽しめる。この点を訴求すれば売れると考えた。

実際にディーゼル車を選択するユーザーはどれくらいいるのか調べた結果・・・

マツダの広報に聞くと「乗用系、SUVともに大型車ほどディーゼル比率が高くなっており、お客さまごとの使用シーンや、期待される価値でそれぞれご自身にあったパワートレインをお選びいただけているのではないかと思います」。このあたりの事情は欧州市場と全く同じ。

ちなみに今年の1月~8月の期間の販売台数を見ると以下の通り。

【アテンザ】ガソリン40%/ディーゼル60%

【アクセラ】ガソリン70%/ディーゼル27%/ハイブリッド3%

【デミオ】ガソリン79%/ディーゼル21%

【CX-5】ガソリン35%/ディーゼル65%

【CX-3】ガソリン52%/ディーゼル48%

ちなみにディーゼルの弱点はチョイ乗りに向かないこと。排気ガス中に含まれるPM(黒いスス)を集塵機でキャッチし、一定量になったら燃焼する。チョイ乗りばかりすると燃焼する時間が取れず、ススを貯めてしまう。チョイ乗りを2~3回したら、20分くらい乗ることでコンディションをキープ出来ます。

[Text:国沢光宏]

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ アテンザの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ アテンザのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ アテンザの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ アテンザの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ アテンザのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる