autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ホンダ CR-V VS マツダ CX-8 どっちが買い!?徹底比較

3台比較 2019/1/17 17:52

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8 どっちが買い!?徹底比較

関連: ホンダ CR-V , マツダ CX-8 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 島村 栄二・和田 清志
CR-V vs CX-8
ホンダ 新型CR-Vホンダ 新型CR-Vマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWDマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWD画像ギャラリーはこちら

売れ筋国産SUVの2台を徹底的に比較しました

最近はSUVの人気が高い。悪路の走破を考えて開発された車種が多く、大径タイヤを装着するなどボディの下側を力強く見せている。上側はワゴン風だから、後席の居住性や荷室の広さに余裕が生じた。SUVは外観のカッコ良さと実用性を両立させて、人気のカテゴリーになっている。

そしてミドルサイズ以上のSUVには、荷室に3列目のシートを装着した車種もある。乗車定員は6~7名だ。そこで今回は、設計が比較的新しい3列シートを備えたSUV同士を比べたい。車種はホンダ CR-Vとマツダ CX-8だ。

CR-Vの初代モデルは1995年に発売され、ボディは比較的コンパクトで視界も良く、運転がしやすかった。車内は広く、ミニバンのような機能も備わり人気を高めた。

ところが2代目以降は北米指向を強めてボディを拡大させていく。日本での売れ行きは下がり、2013年にはコンパクトなホンダ ヴェゼルが発売されて好調に売れたから、CR-Vは2016年に販売を終えた。

一度は過去のクルマになったが、2018年に5代目CR-Vが復活している。SUVの人気が高まり、ヴェゼルだけでは選択肢が不足したからだ。5代目CR-Vは、1.5リッターのガソリンターボと2リッターのハイブリッドを用意する。

ホンダの場合、シビックやインサイトを含めて場当たり的な廃止と復活が多く、ユーザーの印象を悪くしている。

対するCX-8はLサイズのSUVで、すべてのグレードが3列のシートを備える。エンジンは2.5リッターのガソリンと同ターボ、2.2リッターのクリーンディーゼルターボを設定する。

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|エクステリア・ボディサイズ・視界・視認性対決

ホンダ 新型CR-Vマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWD

CR-Vの全長は4605mmだからミドルサイズだが、全幅は1855mmとワイドだ。CX-8は全長が4900mmに達するからCR-Vよりも約300mm長い。全幅は1840mmだから逆に若干狭い。

最小回転半径は、CR-Vが5.5m、CX-8は5.8mと大回りだ。全長と併せてホイールベース(前輪と後輪の間隔)も270mm長く、小回り性能が悪化した。

視界は両車ともに斜め後方が見にくく同程度になる。そうなるとボディが少し小さく、小回りの利くCR-Vが勝る。

勝者:CR-V

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|インテリア・質感・操作性・視認性対決

ホンダ 新型CR-Vマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWD

CR-Vの内装は相応に上質だが、インパネやドアの内張りにあしらわれたステッチ(縫い目)は模造だ。このようなデザイン処理は、コンパクトSUVのヴェセルなどに施すなら低コストで質感を高められて効果的だが、300~400万円のCR-Vではダメだ。ステッチの模造はやめて、別の表現にしたい。木目調パネルは光沢を抑えたマット調にしたが、この見栄えもあまり良くない。

CX-8の内装は、CR-Vよりも質が高い。デザインはオーソドックスだが、Lパッケージには木目調ではなく本杢を使う。本格的に造り込み、視認性や操作性も良い。

勝者:CX-8

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|1~3列目シートの居住性対決

ホンダ 新型CR-Vマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWD

CR-Vの場合、ハイブリッドはリアサスペンションの上部に駆動用リチウムイオン電池を搭載する。そのために3列目シートを装着できない。1.5リッターターボ搭載車のみ、2/3列シートを選べる。CX-8は3列仕様のみだ。

まず1列目シートは、両車ともに座り心地が快適だ。肩まわりのサポート性も良い。ただしCX-8の本革シートは、もう少しサイドサポートを利かせたい。カーブを曲がる時のホールド性に不満を感じた。

2列目は、CR-Vでは腰が少し落ち込むが、座り心地は良好だ。CX-8は逆に床と座面の間隔が離れている。座る位置が少し高すぎるが、座り心地は快適だ。

両車とも2列目にスライド機能が備わり、身長170cmの大人6名が乗車した場合、2列目の膝先空間を握りコブシ1つ分まで詰められる。2列目に座った乗員の足が1列目の下側にスッポリと収まるように配慮したから、スライド位置を前寄りに調節してもさほど窮屈に感じない。

2列目をこの位置に設定して3列目に座ると、両車とも膝が持ち上がる。ミニバンと違って、3列目の床が燃料タンクによって大幅に高くなるためだ。

この時のスペース的な余裕は、CR-Vでは膝先空間が握りコブシ半分になる。頭上は狭く、頭部が天井に触れた。CX-8は同じ測り方で、3列目に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ少々を確保する。頭上にも掌が収まる程度のわずかな余裕がある。

両車とも3列目に座ると、足が2列目の下側へ収まるように工夫されている。座面にも柔軟性があり、膝が持ち上がって窮屈ながら、補助席の簡素な造りではない。大人が6名で乗車する場合、CR-Vは片道45分、CX-8であれば1時間程度まで許容する。

勝者:CX-8

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|荷室対決

ホンダ 新型CR-Vマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWD

荷室は両車とも2/3列目シートを左右に分割して畳むことが可能だ。長い荷物も積みやすい。その上で比べると、ボディの長いCX-8の方が荷室長を長く確保できる。

勝者:CX-8

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|動力性能&エンジンフィーリング

ホンダ 新型CR-Vマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWD

CR-Vで3列シートの7人乗りを選べるのは、1.5リッターターボだ。動力性能の数値は、2.5リッターのノーマルエンジンと同程度になる。2000回転を超えた領域では加速感が滑らかで、吹き上がりは活発だ。ただし1800回転以下では、駆動力が低下する。

2リッターのハイブリッドは、エンジンが主に発電を行い、駆動はモーターが受け持つ。モーターの駆動力は、ノーマルタイプのガソリンエンジンに当てはめると3リッター並みの余裕がある。モーターは瞬発力が高く、巡航中にアクセルペダルを踏み増した時の加速も力強い。

一方、CX-8では、ガソリンの2.5リッターと同ターボ、2.2リッタークリーンディーゼルターボの全車に、3列シート仕様がある。

これらの内、動力性能がCR-Vの1.5リッターターボに近いのは、2.5リッターのノーマルガソリンエンジンだ。車両重量はCR-Vが約150kg軽いから、加速力でも有利になる。しかし高回転域の吹き上がりは、CX-8の2.5リッターエンジンが機敏だ。

CX-8の2.5リッターターボは、4リッターのノーマルエンジンと同程度の性能を発揮するが、高回転域の吹き上がりは鈍い。ガソリンエンジンだから回転感覚は滑らかだが、低めの回転域を使う市街地や高速道路に適する。峠道をスポーティに走る性格ではない。ガソリンエンジンとしては、少し中途半端な印象を受ける。

その意味では2.2リッターのクリーンディーゼルターボが推奨される。実用回転域の駆動力は4.5リッターのガソリンエンジン並みで、ディーゼルだから高回転域は不得意だが、吹き上がりの鈍い独特のクセは抑えた。ガソリンエンジンほどではないが静かに走り、熟成されている。

動力性能の優劣を競うと、ボディの軽いCR-Vが有利だ。

勝者:CR-V

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|走行安定性対決

ホンダ 新型CR-Vマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWD

両車ともに走行安定性は高い。ボディが重く、重心の高いSUVながら、コーナーを曲がる時でも操舵に対する反応の鈍さを感じない。峠道も走りやすい。

また危険を避けるため、下り坂のカーブでハンドルを内側へ切り込みながらブレーキを掛けた時でも、後輪の接地性が失われにくく安定を保つ。このような挙動は、今では常識になってきたが、CR-VとCX-8は背の高いSUVで実現させている。

その上で比べると、ボディが軽くホイールベースも短いことから、CR-Vの方が操舵感は適度に機敏で運転しやすい。

勝者:CR-V

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|乗り心地対決

両車ともに、低速域では乗り心地が少し硬く、速度が高まると快適になる。大きな段差で粗さを感じることはないが、細かなデコボコを伝えやすい。購入時には、街中を時速40~50kmで走り、不快感がないか確認する。

乗り心地の優劣を競えばCX-8が快適だ。ホイールベースが長いこともあり、ボディの揺れ方を抑えた。CR-Vは上下に揺すられる印象を伴うが、CX-8はマイルドだ。

勝者:CX-8

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|安全&快適装備

CR-Vはホンダセンシングを標準装着する。センサーはミリ波レーダーと単眼カメラで、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。ドライバーからは見えない後方の並走車両を検知して、注意をうながす機能も備える。

CX-8は同様の機能を採用して、さらに夜間の歩行者検知機能なども加えた。

勝者:CX-8

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|燃費性能対決

CR-Vマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWD

CR-Vの1.5リッターターボは、2WD/7人乗りのJC08モード燃費が15.4km/Lだ。CX-8の2WD/7人乗りは13.4km/L(ルーフレール装着車)になる。CX-8はボディが150kgほど重く、燃料消費量も多い。

CR-Vのハイブリッドは、2WDのJC08モード燃費が25.8km/L、WLTCモード燃費は21.2km/Lだ。CX-8のクリーンディーゼルターボは、WLTCモード燃費が15.8km/Lになる。燃料代はCR-Vの方が安い。

勝者:CR-V

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|グレード構成と価格の割安感対決

CR-Vのエンジンは、1.5リッターのガソリンターボと2リッターのハイブリッドで、3列シート仕様はターボのみだ。ターボの価格を2WD/7人乗りで見ると、EXが342万1440円、EXマスターピースは381万4560円になる。

同等の動力性能を備えたCX-8の2.5リッターノーマルエンジン搭載車は、CR-VのEXに相当する2WD・25Sプロアクティブが325万6200円になる。

価格はCX-8が16万5240円安いが、CR-V・EXと違ってカーナビなどを装着していない。そこでCX-8にカーナビ用SDカードプラス(4万8600円)、Boseサウンドシステム(8万1000円)などをオプション装着すると、総額はほぼ同じだ。ボディサイズの違いなどを考えると、CX-8が割安になる。

勝者:CX-8

ホンダ CR-V VS マツダ CX-8|総合評価/どっちが買い!?

ホンダ 新型CR-Vマツダ CX-8 25T L Package 7人/AWD

CR-VとCX-8を比べると、ひとクラス違う印象を受ける。運転感覚、乗り心地、内装などは、CX-8がCR-Vよりも上質だ。価格は同程度だから、CX-8の方が買い得に感じる。CR-Vは、価格を25万円ほど安くするとバランスが取れる。

CR-Vは3列目シートの価格も高い。2列仕様に比べると、3列仕様はEXで19万1160円、EXマスターピースは本革を使うために22万3560円高くなる。SUVに装着される3列目シートの相場は7~15万円だから、CR-Vも価格を抑えたい。

従って結論としてはCX-8を推奨するが、全長が4900mmに達するから、市街地を走るといかにも大柄に感じる。販売店の試乗車で、縦列駐車や車庫入れをCR-Vと比べたい。内装も見る人によって印象が異なるので、両車を試乗比較した上で判断するのが良いだろう。

勝者:CX-8

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ CR-V の関連編集記事

ホンダ CR-Vの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-V の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR