ヤリスクロスやライズ、ヴェゼル、リアルに燃費が良いのはどれ!? 人気のコンパクトSUV 実燃費レポートを一挙にご紹介

画像ギャラリーはこちら
2020年8月にトヨタからヤリスクロスが、そして2021年4月にはホンダから新型ヴェゼルが相次いで登場し、コンパクトSUV市場が大いに盛り上がりを見せている。エンジンタイプもハイブリッド、ディーゼル、小排気量ターボと様々だが、果たして実燃費はどうなっているのだろうか。マツダ CX-30やトヨタ ライズ/ダイハツ ロッキーも交え、MOTA(モータ)編集部が実際に計測した燃費データを一挙にご紹介!

>>2021年最新版! ヤリスクロス・新型ヴェゼルなど人気のコンパクトSUV燃費 詳細データを表で見てみる

目次[開く][閉じる]
  1. ヤリスクロス、ヴェゼル、CX-30、ロッキー・ライズの実燃費を一挙にご紹介!
  2. トヨタ ヤリスクロスvsダイハツ ロッキー(トヨタ ライズ)、実燃費は25.2km/Lをマークしたヤリスクロスの圧勝
  3. ヤリスクロスよりも180kg重い新型ヴェゼルだが22.4km/Lとカタログ値超えの低燃費を記録
  4. 街乗りよりも郊外や高速が得意なディーゼルの特性が浮き彫りに マツダ CX-30の実燃費は21.3km/L
  5. MOTA(モータ)の実燃費は実際に走って計測してます

ヤリスクロス、ヴェゼル、CX-30、ロッキー・ライズの実燃費を一挙にご紹介!

さっそく、人気のコンパクトSUV実燃費の計測結果をまとめてお知らせしよう。実燃費をテストできたのは「トヨタ ヤリスクロス」(ハイブリッド・4WD)、「ホンダ ヴェゼル」(ハイブリッド・4WD)、「マツダ CX-30」(ディーゼル・FF)、「ダイハツ ロッキー(トヨタ ライズ)」(ガソリンターボ・FF)の4台。

試乗コースはどのクルマもほぼ同じで、市街地、郊外、高速と3つのモード別に合計160キロのコースを走破し実燃費をチェックした。

トヨタ ヤリスクロスvsダイハツ ロッキー(トヨタ ライズ)、実燃費は25.2km/Lをマークしたヤリスクロスの圧勝

まず、1リッターターボエンジンを搭載し価格も200万円以下と手頃な価格で人気のダイハツ ロッキー(トヨタ ライズ)は、総合実燃費20.2km/Lを記録。4台の中では最下位だが、カタログ燃費18.6km/Lを大きく上回る結果となった点に注目したいところだ。ターボエンジンの余裕が効き、高速道路で22.8km/Lを記録したことで全体の成績を押し上げた。

いっぽう、トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドの総合燃費は25.2km/Lと、今回のコンパクトSUV4台の中で最も優秀な実燃費結果を叩き出した。

市街地24.5km/L、郊外路28.4km/L、高速道路24.7km/Lと、どのモードでも優秀な成績だ。特に市街地は他モデルを圧倒する低燃費ぶりで、トヨタのハイブリッドシステムが街乗りで特に際立つことがここで改めて証明された。

ヤリスクロスよりも180kg重い新型ヴェゼルだが22.4km/Lとカタログ値超えの低燃費を記録

続いてはヤリスクロスの対抗馬、ホンダの新型「ヴェゼル」の実燃費だ。テストはe:HEV(ハイブリッド)・4WDモデルを使用した。新型ヴェゼル(ハイブリッド・4WD)の総合実燃費は22.4km/Lで、カタログ燃費22.0km/L(WLTCモード燃費)を上回る数値となった。

ライバルのヤリスクロス25.2km/Lには及ばなかったものの、ヴェゼルは車体が全体に大柄で、車両重量もヤリスクロスに比べ180kg重いことを考えれば、これも十分に良い記録である。

なお新型ヴェゼルの市街地実燃費は20.3km/L、郊外25.5km/L、高速22.7km/L。EV走行区間が長く保てる郊外路での成績が特に優秀だった。

街乗りよりも郊外や高速が得意なディーゼルの特性が浮き彫りに マツダ CX-30の実燃費は21.3km/L

最後は、唯一のディーゼルターボエンジン搭載車、マツダのコンパクトSUV「CX-30」だ。今回はFFモデルで計測している。

マツダ CX-30(ディーゼル・FF)の総合実燃費は21.3km/Lと、ハイブリッド車に肉薄する成績を収めた。市街地こそ15.7km/Lと振るわないが、郊外26.6km/L、高速26.8km/Lと、一定速度域以上での定速走行が得意なディーゼルの特徴が際立つ結果となった。都市部での使用よりも、週末に郊外との往復で利用するようなユーザーの使い方にマッチしていることが実燃費からもわかる。

コンパクトSUVクラスに新たな刺客「カローラクロス」が登場予定! 今後の実燃費テストにも乞うご期待

人気のコンパクトSUV実燃費の計測結果は、1位「トヨタ ヤリスクロス」(ハイブリッド・4WD)25.2km/L、2位「ホンダ ヴェゼル」(ハイブリッド・4WD)22.4km/L、3位「マツダ CX-30」(ディーゼル・FF)21.3km/L、そして4位が「ダイハツ ロッキー(トヨタ ライズ)」(ガソリンターボ・FF)20.2km/Lという結果になった。

しかしどのモデルもリッターあたり20キロを超える優秀な実燃費数値であり、コンパクトカーとそん色ない記録である。今後、トヨタからは新たなコンパクトSUV「カローラクロス」の登場も予想されており、同クラスは更なる激戦となりそうだ。ニューモデルの試乗が叶い次第、また実燃費レポートをお届けしていく予定なので、引き続き楽しみにしていて欲しい。

MOTA(モータ)の実燃費は実際に走って計測してます

MOTAの実燃費レポートは、都内から千葉県郊外を周回する高速道路約80km、郊外路約30km、市街地約60kmの合計約170km前後を実際に走行して計測している。法定速度を基本に、周囲の流れを乱さない走行で実施するのは言うまでもない。

クルマのエアコンは基本的にオート・25度で設定。アイドリングストップ機能が作動しない等の特別な事情を除いては、燃費に有利なECOモード等は用いずノーマルモードで走行する。これらの条件のもと、車載燃費計の表示と距離計(トリップメーター)を基に燃費数値を算出した。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・和田 清志・土屋 勇人・TOYOTA・MOTA編集部]

トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
179.6万円365.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 有馬グランドホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる