autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス UX試乗|見た目はヤンチャ、でも走りはマイルドな新世代プレミアムSUV

試乗レポート 2018/12/25 15:35

レクサス UX試乗|見た目はヤンチャ、でも走りはマイルドな新世代プレミアムSUV(1/3)

関連: レクサス UX Text: 今井 優杏 Photo: 和田 清志
レクサス UX[UX250h "L Package"]
レクサス UX[UX250h "L Package"]レクサス UX[UX250h "L Package"]レクサス UX[UX200 "F Sport"]レクサス UX画像ギャラリーはこちら

SUVの先駆けレクサスが満を持して送るコンパクトモデル

レクサス UX[UX250h "L Package"]

2018年11月末、レクサスから「UX」が発売された。1997年、初代RX (日本では初代「トヨタ ハリアー」)で、今では当たり前になった乗用車ベースのプレミアムSUVを世界に先駆け発売したレクサスが、満を持して発売する新型コンパクトSUVだ。単に流行りのカテゴリに新規参入しただけではなく、新開発のパワートレインやGA-Cプラットフォームなど、走りの面でも様々な進化があるというレクサス UX。さっそく試乗してくれたのは、モータージャーナリストの今井 優杏さんだ。個人的にも乗るのが楽しみだったと話す、レクサスUXの印象を徹底評価する。

>>「若さ」と「新しさ」にあふれるレクサス UXを画像でも見る[フォトギャラリー]

”キャラ”と”走りの味”を煮詰め、今最も勢いに乗るレクサス

JDパワーの顧客満足度、12年連続1位獲得の秘密

ごく個人的に言っても、ほんとにほんとに、心の底から楽しみにしていた一台だ。なぜならば、コンパクトSUVという最も“イマ”の気分にフィットしたパッケージを、レクサス流に解釈するとどうなるのか、とっても見てみたかったから!

最近のレクサスの勢いには、ちょっとびっくりさせられている。特に同社フラッグシップクーペであるLCあたりから、キャラの濃度をぐっと上げてきたようなイメージだ。もとよりブランディングやデザインには独自の哲学を持っていたレクサスだけど、ここのところその存在感を自信に変えて、さらにドーンと前に押し出してきたみたい。

むろんそれは走りにも言える。レクサスならではの味を急速に煮詰めてきている。

さらにレクサスにはこんなデータがある。

世界50カ国以上で品質や顧客満足に関する調査を行う「J.D.パワー」の自動車満足度調査で、ラグジュアリーブランド部門の1位を、なんと12年連続(!)で獲得したのだ。

こうなってくると、その12年連続とやらの顧客満足度をひとつ私も味わってみたいものよのう、と思ってしまうのは人の常でしょう。しかし!これまでのレクサスには都市生活者がおいそれと気軽に選ぶことができない、致命的な欠点があったのだ。

それが、『売ってるクルマが全部デカい』ってこと!

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)レクサス RX450hL(RXの3列シート版):走行イメージレクサス NX 走行中イメージ

都心で生活する者には『ちょっとデカい』これまでのレクサス

ご存知の通り、レクサスにはすでにSUV3兄弟が存在していて、NX、RX、LXの順に大きくなっていく。けれど、NXですらも都心部なら車庫を選ぶサイズ。クーペのLC、セダンのLSという2代巨塔はもちろんのこと、先日発売されたESだってまあ、そこそこのサイズである。

いや、なくはない、5ドアハッチバックのCTがあった。

しかし、なんというかもうちょっと一歩進んだナウいパッケージはありませんかレクサスさん!と、新しいもの好きなユーザーは、みんな思ってたんじゃないかなぁ。CTにハイブリッド以外の選択肢があったらもうちょっと考えるんだけど、とかね。やっぱ走り好きは内燃機関信仰も根強いと思いますしねぇ。

世界で引く手あまたの人気セグメントにいざ参入

というわけで近年とみにレンジの拡大・充実を図る同ブランドにおいて、ソコだけが抜け落ちた穴状態だった(しかも世界中で引く手あまたのセグメントだっていうのに!)、という由々しき事態を埋めるべく登場したのが、全くの新型車となるコンパクトSUV「UX」だ。

UXのUはアーバン(Urban=都会的な)が表す通り、基本的にはFFベースのオンロード向けSUVとなる(後述します)。

>>レクサスUXの特長は「若さ」と「新しさ」[次ページ]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

レクサス UX の関連編集記事

レクサス UXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス UX の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR