ヨットにあんぱんも! レクサスの“クルマ以外コラボ”の歴史を振り返る【プレイバック】

  • 筆者: オートックワン 編集部

レクサスの世界観を体現するのはクルマだけじゃない

先日、レクサスが大阪・本町のフランス料理店「La Cime」の高田 裕介オーナーシェフとコラボしたクリスマスディナーコースの予約を開始しました。これは希望すれば、会場となるINTERSECT BY LEXUSまでレクサスのフラッグシップモデル「LS500h」での送迎付きという、至れり尽くせりのもの。ちなみにこのLS500hでの送迎は、1日1組限定、3日間で3組だけが体験できるという特別なものとなっています。

実はレクサス、このように車両本体以外の様々な商品や体験で、ブランドの描く独自の世界観を発信しているブランドでもあります。そこで今回は、これまでのレクサスの異業種コラボの歴史を振り返ってみたいと思います。

レクサス初のラグジュアリーヨット「LY650」

人々に強いインパクトを与えたのが、ラグジュアリーヨット「LY650」。エイプリルフールネタではなく、れっきとした本物のラグジュアリーヨット制作プロジェクトです。ちなみに2019年後半に世界初披露する予定とのこと。

リンク先の記事ではその優雅なフォルムのほか、動画でも詳細をチェックできます。

■【当時の記事】レクサス初のラグジュアリーヨット「LY650」を先行公開!【動画アリ】

老舗 木村屋とのコラボあんぱんを販売

なぜレクサス×あんぱんのコラボが生まれたのか。その端緒となったのが、2016年1月から放映開始したレクサス ISのTVCMに登場した運動会シーン。このシーンで登場するパン食い競走のパンが、ブランド情報発信基地であるINTERSECT BY LEXUSで実際に販売されました。

しかし、ただのあんぱんで終わらせないのがレクサス。あんぱんの老舗 銀座木村屋との共同開発により、一切妥協のない至高のあんぱんが生まれました。ちなみに、銀座木村屋が他企業と共同開発を行ったのはこれが初めてとのこと。

■【当時の記事】レクサスがAMAZINGなあんぱんを販売!老舗木村屋初のコラボが実現

■【当時の記事】レクサス ISが運動会を開催!美女たちが大玉転がしやパン食い競争に挑戦!

80名限定のプレミアムレストランを沖縄で開設

レクサスは2018年11月23日・24日に沖縄県南城市で「DINING OUT RYUKYU NANJO with LEXUS」というプロジェクトを実施しました。これは志摩観光ホテル 総料理長の樋口 宏江氏をシェフに迎え、地元食材をふんだんに使用したメニューを提供する期間限定の屋外レストラン。参加は完全予約制で、80組限定でした。

樋口 宏江氏は、2016年のG7首脳会議でのディナーも担当したことで知られています。さらにホストには、コラムニストの中村 孝則氏も登場。

なおこの「DINING OUT」という屋外レストランプロジェクトは、2013年の第一回開催以来、開催場所やキャストを変えながら続けられ、これが16回目の開催となりました。参加費用は高額ながら、毎回発表後数日で完売しているらしく、このプロジェクトの魅力が支持されている証拠といえます。

■【当時の記事】レクサス 沖縄で2日間限定、80名限定のプレミアムレストラン開催

都内にある2つのレクサスブランド体験施設で情報を発信

上記のような超高額のヨットや期間限定のコラボと異なり、常設店舗で、常にレクサスの情報を発信し続けている拠点があります。それがINTERSECT BY LEXUS(南青山)とLEXUS MEETS... HIBIYA(日比谷)。両施設とも普段はカフェやレストラン、バーとしての顔を見せつつ、アパレルやミニチュアカーをはじめとするグッズの販売や、トークショーなどのイベントを定期的に開催しています。

もちろん最新のレクサス車も展示しているほか、LEXUS MEETS... HIBIYAでは試乗を行うこともできます。こちらは東京ミッドタウン内にあるので、お買い物のついでに立ち寄りやすいのも嬉しい点です。

■【当時の記事】レクサスの世界観を手軽に体験できるブランド施設 「LEXUS MEETS…」が東京ミッドタウンにオープン!

■【当時の記事】レクサスの情報発信拠点「INTERSECT BY LEXUS」が東京・青山にオープン

さらにこのINTERSECTS BY LEXUS、青山、ドバイに続き、ニューヨークにも誕生しました。敷地面積も過去最大の一大拠点となっており、現地のニューヨーカーにレクサスブランドの魅力を発信する拠点となっているようです。

■【当時の記事】レクサスブランドを体験できる「INTERSECT BY LEXUS」がアメリカ ニューヨークにオープン

【毎週水曜日・日曜日は、オートックワンの誇る記事アーカイブから気になる情報をピックアップする連載「プレイバック」をお届け!来週もお楽しみに】

[筆者:オートックワン編集部]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

レクサスの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる