日産 スカイラインのカーリース情報・価格

もらえるカーリース
日産 スカイライン
ボーナス併用払い(11年)
月額
30,910
円~
ボーナス月加算額 185,900円 × 22回
月々均等払い(11年)
月額
61,710
円~

  • 初期費用ゼロ
  • 税金・自賠責コミ
    (期間分)
  • オイル交換・車検無料・
    クーポン付(期間分)

契約時に頭金や支払い、登録料や納車費用などを支払う必要はありません。なるべく費用を抑えて新車に乗れます。

税金(自動車税・自動車重量税)や自賠責保険料は月額料金に含まれています。

オイル交換や契約期間内の車検が無料になるクーポンなど、おトクな特典がついてきます。

日産 スカイライン概要

スポーティなデザインと先進技術を融合したプレミアムセダン。ガソリン車に採用した3.0L V6ターボエンジンは、アクセルを踏んだ瞬間から力強い加速を味わうことができ、圧倒的なパフォーマンスと研ぎ澄まされたレスポンスを両立。また新たにラインナップされた400Rは最高出力298kW(405PS)/6400rpmを実現し、スカイライン史上最高馬力を誇るモデルとなる。新採用のインテリジェントダイナミックサスペンションはスポーティな走行での優れた操縦安定性を実現するとともに、車体の揺れを低減して快適な乗り心地も実現。先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載する。

頭金0円!初期費用なし!

まずはお試しで審査に申込む無料
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

料金シミュレーション

MOTAカーリースは個人の専用リースです。リース期間は7年、9年、11年の中からお選びください。

グレード選択
カラーやオプションは審査後に選択・変更可能です。
リース契約年の選択
月額均等払い61,710円(オプションなし)
ボーナス併用払いの選択
オプションの選択
ナビなどを選択
月額
61,710
\ 頭金0円!初期費用なし!/ まずはお試しで審査に申込む 無料
※審査申込と同時にご契約が確定することはございません。
※審査後でもグレードやオプションの変更・追加が可能です。
※審査結果は最短翌日にお知らせいたします。

日産 スカイラインの車両詳細情報

グレード 3.0 GT 排気量 2,997 cc
全長 4810 mm 全幅 1820 mm
全高 1440 mm 重量 1700 kg
駆動方式 FR ミッション AT
定員 5名 ドア数 4
最小回転半径 5.6 m JC08モード燃費 - km/L
※掲載されている車両詳細情報は、当該車種の任意のグレード情報を引用しているもので、リース車両のスペックを保証するものではありません。

日産 スカイラインの車種紹介

■スカイラインの特徴

1957年4月に誕生した「スカイライン」は、日産車のなかでも最長の歴史を持つ車です。

もともとは日産の車ではなく、「プリンス自動車」という会社が販売していました。プリンス自動車が日産自動車と合併した今もなお、生産が継続されているため、長い歴史を持っています。

スカイラインは伝統的にスポーティーなセダン、クーペをラインナップしており、その時代における日産のハイパフォーマンスカーとなっているのが特徴です。

13代目となる現行モデルのスカイラインは、軽快なハンドリングや上質な室内空間など、車としての性能が格段に向上しています。

現行モデルには、大型のフロントグリルが採用され、GTタイプSPには立体的なデザインのバンパー、GTタイプPには水平基調のデザインのバンパーを採用。リア部分にはLEDのコンビネーションランプが採用され、前のモデルよりも洗練されたリアビューとなっています。

また、ミッドナイトパープルやブリリアンホワイトパープルなど、全7種類のボディカラーが用意されており、華やかな色合いからシックで上品なカラーまで、幅広いカラーで色々な表情のスライラインが楽しめます。

■スカイラインの燃費について

スカイライン全車に搭載されているVR30DDTTエンジンは、⽇産V6エンジンのDNAである、シャープなレスポンスに加え、400Rはターボを限界領域まで使いきるアグレッシブなチューンを採用。先進テクノロジーを結集し、高性能ターボエンジンにふさわしい性能を実現しました。

また、ターボによって過給され温度が上昇した空気を冷却することで、密度を高めて充填効率を向上させる水冷式のインタークーラーを採用しています。これにより、外気温の高い環境や低走行時でも安定した冷却効果を発揮できるようになりました。

従来の油圧式に比べ、滑らかな加速、低燃費かつクリーンな排気ガスを実現するために電動VTCシステムを搭載。低回転から高回転の全域で無駄なくトレースできるシステムにより燃費の向上と高いレスポンスを実現しています。

グレードごとのWLTCモードによるスカイラインの燃費は以下の通り。

グレード 駆動方式 カタログ燃費(km/L)
400R 2WD 10.0
GT Type SP
GT Type P
GT

■スカイラインの安全装備について

スカイライン全グレードに日産の先進運転支援「ニッサン インテリジェント モビリティ」が搭載されています。

「ニッサン インテリジェント モビリティ」には、さまざまな機能が搭載されていますが大きく4つに分類されます。それぞれに含まれる代表的な先進運転支援をいくつか紹介します。

・前方運転支援

インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)

車速5km/h以上で作動する「インテリジェント FCW」は、2台前の車両をシステムが検知し、前方の状況の変化に合わせてドライバーに注意喚起をおこないます。これによりブレーキの踏み遅れによる玉突き事故の回避を支援します。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

システムが前方の車両を検知し、衝突する危険がある場合はブザー音とディスプレイ表示でドライバーに注意を促します。

さらに衝突する危険性が高まった場合は自動で緩いブレーキが作動し、回避操作をアシストします。万が一、ドライバーが減速できなかった場合は強いブレーキが作動し衝突回避や被害軽減に貢献します。

・後方運転支援

踏み間違い衝突防止アシスト(前進時)

駐車場などでの停車時、前方に壁やガラス、車両などといった障害物を自動で検知し、ペダルの踏み間違いによる急加速を抑制します。

・側方運転支援

インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)

システムが後側方の隣接レーンを走る車両を検知し、ドライバーが気付かずに車線変更をしようとすると、接触を回避するよう運転操作をアシストします。

インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)

ルーフコンソール内のカメラが前方の車線を検出し、車線から逸脱する可能性があると判断した場合は、ブザー音とディスプレイ表示で注意を促すとともに、車線内に戻るようにステアリングの操作をアシストします。

・後方運転支援

インテリジェント BUI(後退時衝突防止支援システム)
駐車時から後方発進する際、システムが自車の後方を横切る車両を検知し、接触する危険性がある場合はブザー音を発してドライバーに注意を促します。また接近する車両との接触を回避するよう運転をアシストします。

・全方向/駐車時

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

まるで車を上空から見ているかのような映像をモニターに映し出します。

ディスプレイ上に表示されているカメラ画像内で移動物を検知し、接触する危険がある場合はディスプレイ上の表示と音で注意を促します。周囲の状況を把握できるので、よりスムーズに駐車できます。

日産 スカイラインのユーザーレビュー

3.9
クチコミ件数:
5件
セダンランキング:
3位
新車価格:
456.9万円~948.0万円
中古車価格:
18.0万円~2,066.3万円
新車購入
人気ランキング
120
全車種中
クチコミ
評価レビュー
5
評価点: 3.9 pt

頭金0円!初期費用なし!

まずはお試しで審査に申込む無料
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

MOTAカーリースは3つの心配ナシ!!!

その1返却の心配ナシ

返却の心配ナシ

全車種が残価設定なしのカーリース
契約満了時にはそのまま車がもらえます

その2走行距離制限の心配ナシ

走行距離制限の心配ナシ

マイカー感覚で乗ることができます
※返却時は2,000km/月の上限がございます。

その3メンテナンスの心配ナシ

メンテナンスの心配ナシ 車検、オイル交換無料クーポン付き!

MOTAカーリースでは、リース期間に応じたお得な無料クーポンがついてきます。
※一部お客様負担となります。

人気の新車カーリースサービス比較

MOTA A社 B社
選べる車種 マル
主要国内メーカー
マル
主要国内メーカー
マル
主要国内メーカー
リース期間 7年、9年、11年 1年〜11年 3年〜11年
車がもらえる マル 三角オプションプラン 三角オプションプラン
短期納車の掲載 マル バツ マル
車の返却・乗換えが選べる マル バツ バツ
車のカスタム マル バツ マル
頭金・ボーナス払い対応 マル バツ マル
注)△マークはオプションプラン加入などで対応も可能です。最安値料金は調査時から変動がございます。

よくある質問

お試しで申し込んでも本当に大丈夫ですか?
はい、問題ございません。お申し込みは本契約にはなりません。
お申し込み後でもプランや車種変更、申し込みのキャンセルが可能です。お気軽にお申し込みください。
ほかのカーリースとの違いはなんですか?
MOTAのカーリースでは、リース期間を満了する際には走行距離の制限がなく、クルマのカスタムも可能です。また、一定期間を過ぎると契約途中に返却・乗り換えも可能です。ここが大きな違いになります。
※返却時の消耗状況により、ご請求をさせていただく場合があります。
※契約満了前に解約・返却される際の走行距離が[経過月数×2,000㎞]を超えた場合、8円/kmの追加請求が発生します。
カーリースとはそもそもどんな仕組みですか?
カーリースとは一言で言うとお好きな車を月々定額で乗れる支払いプランのことです。定額料金なので頭金は0円、またボーナス払いも必要ありません(契約での変更も可能な場合があります)。リース期間中の車検や諸費用や車の税金も全て定額料金の中に含まれているので、突発的な出費は一切かかりません。
カーリースと購入・ローンの違いはなんですか?
新車購入時には初期費用として頭金や車庫証明代行手数料や納車費用など掛かります。また購入・ローンでは年に1度の自動車税の支払、定期的に訪れる車検時には車検費用や自動車重量税、自賠責保険料が必要になります。またクルマを乗る上でのメンテナンスを行いたい場合は都度メンテナンス費用が必要になります。契約内容にもよりますが、都度支払う費用が月額費に含まれて定額で支払うイメージです。
カーリースに向いている人はどんな人ですか?
まずは、頭金無し・初期費用無しで新車に乗りたいという方が向いているかもしれません。上記の購入との違いにも記載している初期費用負担や月々の支払いを安定させたい方、またディーラーに出向いての細かいやり取りがしづらい方、短期間で車を乗り換えたい方なども向いているかと思います。逆にまとまった資金があり車検費用や自動車税などの都度出費が問題ない方は、現金での購入が良いと思われます。
契約期間はどれくらいですか?
MOTAカーリースでは、7年、9年、11年のリース期間が選択できます。契約のタイミングでリース期間を決定します。契約後には期間の変更はできません。長期の契約の場合は月額費が抑えながら新車に乗ることができますが、その分将来故障やメンテナンスの心配があるかもしれません。その場合はオプションなどでのメンテナンスパックなど加入がおすすめです。短期の契約の場合は月額費は高くなりますが、短期でのクルマの乗り換えをしたい方に向いていると思われます。MOTAカーリースの場合だと、マツダ CX-60が月々均等払いで40,920円から、ボーナス併用の場合だと20,460円から申し込みが可能です(11年リースの場合)。
スカイラインのグレードやカラーは選べますか?
MOTAカーリースでは申込時にグレードを選択します。またグレードによる値段の増減があります。各メーカーページなどで諸元表やWebページ上でグレードの内容を確認できます。車体カラーに関しては契約時に契約ページで決定しますが、事前に車体カラーやグレード内容やメーカーオプションなど相談されたい方は、MOTAカーリースお問合せフォーム、もしくは下記担当者までお電話ください。お申込前に分からないことや不安なことなどありましたら、お気軽にご相談ください。
スカイラインの納期はどれくらいですか?
MOTAカーリースでは車の契約のタイミングで納期が確定します。現在スカイラインの納期は、メーカー発表の納期とほぼ同じ期間になります。 ただし、審査申し込み通過後の納車までの契約対応で期間が遅れる場合もありますので予めご了承ください。
新車を早く手に入れたい方・車種選びより納期が優先という方は、こちらにおおよその納期を記載しておりますのでご確認ください。
https://autoc-one.jp/lease/search/shortdelivery/

日産 スカイラインのカーリースを見た人はこんな車も見ています

  • ホンダ アコード

    ホンダ
    アコード

    燃費:30.0km/L 定員:5名
    現在お申し込みできません
    詳細を見る
※JC08モード燃費で表示

セダンのランキング

更新日: 2024年02月23日 (集計期間 2/16~2/23)

  • 1位
    スバル インプレッサ

    スバル
    インプレッサ

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々34,100円~
    ボーナス併用
    月々17,050円~
    ボーナス月加算額 102,300円 × 22回
    詳細を見る
  • 2位
    トヨタ クラウン

    トヨタ
    クラウン

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々57,090円~
    ボーナス併用
    月々28,600円~
    ボーナス月加算額 171,600円 × 22回
    詳細を見る
  • 3位
    日産 スカイライン

    日産
    スカイライン

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々61,710円~
    ボーナス併用
    月々30,910円~
    ボーナス月加算額 185,900円 × 22回
    詳細を見る
  • 4位
    マツダ MAZDA3セダン

    マツダ
    MAZDA3セダン

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々38,060円~
    ボーナス併用
    月々19,030円~
    ボーナス月加算額 114,400円 × 22回
    詳細を見る

日産のセダンのランキング

更新日: 2024年02月23日 (集計期間 2/16~2/23)

  • 1位
    日産 スカイライン

    日産
    スカイライン

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々61,710円~
    ボーナス併用
    月々30,910円~
    ボーナス月加算額 185,900円 × 22回
    詳細を見る
  • 2位
    日産 フーガ

    日産
    フーガ

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    現在お申し込みできません
    詳細を見る
  • 3位
    日産 シーマ

    日産
    シーマ

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    現在お申し込みできません
    詳細を見る

頭金0円!初期費用なし!

まずはお試しで審査に申込む無料
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。
お電話でのお問い合わせ
0120-094-012
受付時間:9:00~18:00
(土・日・祝日休み)
お問合せフォームへ

レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車探しのご参考にどうぞ。

総合評価
1 2 3 4 4 3.9 (5)
車種のレビューを投稿する
スカイラインとは まーさん 投稿日2023年2月25日
日産 スカイライン グレード:-
総合評価 1 2 3 4 4 4.3
総評
日産が誇るスポーツセダンの代名詞として知られるスカイラインです。
スカイラインは、1960年代から日本のモータースポーツ界で脚光を浴び、その後も多くのレースで活躍してきました。特に、スカイラインGT-Rが世界的な名声を手に入れ、カーレースファンから熱狂的な支持を集めてきました。
2013年モデルのスカイラインは、V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力333馬力を発揮します。また、4輪駆動システム「インテリジェント4×4」を採用し、優れた走行性能を発揮します。
良かった点
スカイラインの歴史は長く、初代スカイラインが発売されたのは1957年でした。以来、スカイラインは高性能スポーツカーとしての地位を確立し、多くのファンを魅了してきました。スカイラインは、その性能だけでなく、クールで洗練された内装やエクステリアデザインでも注目を集めています。
スカイラインには、最新の安全装備が搭載されています。衝突被害軽減ブレーキやアクティブレーンコントロールなど、高度な安全技術が採用されています。これらの装備により、ドライバーと乗客の安全性が向上しました。
気になった点
スカイラインのスポーツ車としての特徴は、素晴らしい加速性能や優れた操縦性能に加え、高級車ならではの快適さと洗練されたデザインです。また、スカイラインは、日本のカーマニアにとって非常に人気があり、ライバル車としては、トヨタ・クラウンやホンダ・アコードなどが挙げられます。 エンジンとサスペンションのスペックについては、前述の通り、V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力333馬力を発揮します。また、フロントにはマクファーソンストラット式、リアにはマルチリンク式のサスペンションが採用されています。特にマルチリンクは、日産が得意とする形式で日産プリメーラから採用されて、色々なノウハウを蓄積しています。
今だからこそ どろ 投稿日2022年7月16日
日産 スカイライン グレード:-
総合評価 1 2 3 4 4 3.8
総評
新車でデビューしたときは、もっさりとした雰囲気を感じるクルマでしたが、今となっては大きすぎないボディで、スポーティさもある乗り心地の希少なセダンだと思います。
実際、エンジンもかなり丈夫ですし、あまり丁寧にメンテしていなくても普段使いにはまだまだ乗れるクルマです。
加えて、丸目の四つのテールランプがスカイラインらしさがあり、いまだに格好良く感じます。そのほかにも、車高も高くないので、運転していていまのスポーツカーのような目線でのドライブを楽しめます。
良かった点
やはりスカイラインらしいスポーティな乗り心地が感じられることに加えて故障が少ないところです。
ノーマルのグレードであっても、かなりエンジンからのいい音がしますし、今の車と比べて軽いため、加速感もあり、運転が楽しいクルマです。
そのほかにも今となるとほとんど見かける機会が減ってきたことから、乗りたいと思ったら事実上最後のチャンスなこともあり、ぜひおすすめしたいです。まだ社外部品もかなり出回っていて、カスタムもしやすいです。
気になった点
やっぱり安全装備は最近の車と比べると少ないように思います。また、ドライブ好きな方が乗ってきたこともあり、それなりに走行距離が伸びている個体が多いです。 加えて、塗装が比較的薄いためか、使われ方によっては塗装が薄くなっていたり、劣化していることもあるので、長く乗りたいのであればメンテナンスしたり、早めにコーティングをしてあげるほうが良いです。 また、トランクルームが比較的小さめなところにも要注意です。
最後の5ナンバーのスカイライン フェ86 投稿日2022年2月17日
日産 スカイライン グレード:2.0 GTS-t タイプM
総合評価 1 2 3 3 4 3.0
総評
平成最後の最後の5ナンバーのスカイラインとして
たとえ見た目通りに室内は狭くても運動性能を重視したという設計理念を感じさせる
次世代型のスカイラインを定着させた素晴らしいニッサンの名車だと思います。
2ドアセダンも4ドアセダンもラインナップされていて今では考えられないような
日本のクルマらしい誰からも嫌われないようなコンセプトが維持された
購入層に対しても懐の深いとてもよいセダンだったと思います。
良かった点
今ではもう作られていない後輪駆動のセダンで5ナンバーという小ささと2000ccのちょうどよいサイズのターボエンジンの組み合わせで無理すること無く所有も出来て運転も出来るまさにベストバランスな感覚を持った最後のスカイラインだと思います。
またトランクルームもセダンだけあって必要十分の容量が有り見た目よりも億に荷物も積み込むことが出来たのも良いところだと感じています。
また後部座席のクッション性も室内のサイズの割に高級感が合った点もセダンとして合格点でした。
気になった点
今では小さい5ナンバーセダンでしたが全長、全幅とも大きくなった現代のセダンと比べるとかえって大きさの割に小回りが効かなかったように感じます。 居住性の面では室内はサニー並みという触れ込み通りゆったりと上質な室内空間にはなっておらずとくに乗車定員5人を実行しようとすると前席すらも前に出して後席の足元スペースを作り出す必要が有るほどだったので後席に人を乗せるシーンではいろいろと気を使う場面が多かったのを覚えています。
卵焼き まさじ 投稿日2021年11月30日
日産 スカイライン グレード:3.5 350GT FOUR ハイブリッド
総合評価 1 2 3 3 4 3.7
総評
スカイラインには様々な栄光のエピソードがあります。昭和の時代には、レースでポルシェを抜いたり、GT-Rグレードの創出と数々の伝説と枚挙にこと書かないです。現在は残念ながらGT-Rとか車種が分裂しましたが、そのスピリットは確実に受け継いでいます。スカイラインは元祖羊の皮を被った狼です。見た目は普通の4枚ドアセダンなのに、走らせるとスポーツカーともタメを張れる性能があるのです。この350GTハイブリッドもそうです。普段はEV走行でエコカー的に使用する。でもアクセルを踏み込めば3.5リッターV6エンジンの咆哮と共に、電子デバイスのアシストで挙動を抑えての素晴らしい走りが出来るのです。ライバルのトヨタマークIIは、セダン不人気の波を受けて早々に引退を決めました。でもスカイラインは世界で販売を続けています。セダンなんて時代遅れのカテゴリーと揶揄する向きもありますが、スカイラインは違うのです。
良かった点
セダンは自動車の基礎となる重要なカテゴリーです。セダンの基礎的技術があるから、もっと低重心なスポーツカーにも応用出来るし、重心の高いSUVにも展開が効くのです。寿司で言う卵焼きです。卵の焼きの技術と奥ゆかしい出汁が、全ての寿司ネタに通ずるのと同じく、高性能セダンは自動車技術の根幹なのです。絶滅危惧種と囁かれて、欧州高級な御三家を除いてセダンは消滅の危機に瀕しています。スカイラインは心強いです。
気になった点
エクステリアデザインが気になります。特にフロントグリルです。日産のブランドアイデンティティ構築の為、Vモーショングリルを無理矢理押し込んだ形跡があり、フロントフェイスのバランスを崩しています。それとインテリアも気になります。500万円オーバーの車両本体価格で、内装にプラスチック塗装パネル面積が多いです。使っては駄目ではなく、主役になってるのが頂けません。本木目パネル等、車格に合わせるべきです。
想像以上の満足感!!! ホワイトタイガー 投稿日2021年11月15日
日産 スカイライン グレード:3.0 400R
総合評価 1 2 3 4 5 4.8
総評
先ずはスタイル、このモデルが発表されて既に8年が経つとは思えない締まったフェイスからシンプルに纏まったているランプ回りまでスポーティーに仕上がっている。
内装の豪華さもさることながら、走行性能は自分の想像を超えて他車を寄せ付けないし運転のしやすさも自動ブレーキが作動する時を除けば文句無し。
乗り心地も同じく満足でき、燃費はこれだけの満足感を得られる車であれば納車依頼の平均燃費8〜8.1km/リッターは、納得感におつりが着くのではないであろうか。
(高速道・一般道の利用半々)
良かった点
何と言っても、その加速度合いは自分の想像の域を超えていた。
気になった点
余りにいろいろな機能が付いていて、やや重複する機能もあるように感じるがかと言ってどの機能をどう変えたら良いか、どの機能が無くても良いかを考えている暇を与えない程に運転の楽しさを与えてくれる車である。