ロードスター女子もオススメ! 涼しくなってきた秋こそ試してみたいオープンのレンタカー、借りるならロードスターがイチ押しな5つのポイント

  • 筆者: 伊藤 梓
  • カメラマン:茂呂 幸正・小林 岳夫・和田 清志・MAZDA
画像ギャラリーはこちら
暑い夏のピークも過ぎ、気付けば季節は秋。クルマ好きにとって秋は「オープンカーの旬」だ! 気持ちの良い風と一体になって走る感覚は一度味わったらやみつき間違いなし。まずはレンタカーやカーシェアなどで試してみることをおすすめしたい。

自らマツダ ロードスターを所有しオープンカーライフを満喫中の自動車ライター 伊藤 梓は「初めてレンタカーで借りるならやはりロードスターがイチ押しだ」と語る。ロードスター女子が推奨する5つの理由をご紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 秋と言えば、ずばりオープンカーの季節! オープンカーを借りてドライブに行ってみませんか
  2. せっかく借りるならマツダ ロードスターがイイ! オススメしたい5つのポイント
  3. オープンカードライブは「季節のにおい」まで楽しめちゃう

秋と言えば、ずばりオープンカーの季節! オープンカーを借りてドライブに行ってみませんか

最近めっきり涼しくなって、秋の訪れを感じるようになりました。秋と言えば、ずばりオープンカーの季節! 日差しが和らいで、気温も丁度良く、そして花粉も控えめ。私自身もマツダ・ロードスターを所有していて、秋〜冬にかけてオープンにして走るのが大好きです(私は秋にも花粉症があるのですが、それはさて置き……)。

「たくさんの人に秋のオープンドライブを楽しんでほしい!」ということで、今回はオープンカーを持っていない方にでもレンタカー&カーシェアで楽しめる秋のオープンドライブについて紹介したいと思います。

まずは、「どんなオープンカーを選べばいいの?」というところから始まると思いますが、特にお目当てのクルマがない方は、2人乗りであればマツダ・ロードスターの現行モデル(ND)をおすすめします。「オーナーだからでしょ」と言われてしまいそうですが、きちんとした理由があります!

5つの理由を順に説明していきましょう。

せっかく借りるならマツダ ロードスターがイイ! オススメしたい5つのポイント

[ロードスターの推しポイント1]レンタカー料金がお安め

まずは、レンタル価格が比較的安いこと。オープンカーのレンタカーは、1日(12時間)5000円台で借りられるようなコンパクトカーや軽自動車などと違い価格は高めですが、その中でもマツダ ロードスターは、オープンカーの中でも最安値に近いモデルが多く、チャレンジしやすいのが魅力です。

中でもオリックス レンタカーでは今、2021年9月30日までの期間限定で、6時間9900円からというキャンペーンをやっています。

1日12時間借りると1万2100円、24時間までで1万5400円です(ただしMT車限定)。輸入車だと12時間で3万円以上というものもざらなのでかなりお得に借りることが出来ます。

ほかにも年式や走行距離など、クルマの程度によって価格は変動しますが、相場は大体1万円台から2万円程度(12時間)。借りる際には必ず車種指定の上で予約するのをお忘れなく。

[ロードスターの推しポイント2]2人旅の荷物もしっかり積める事

次に、荷物がしっかり積めること。2人乗りのオープンカーと聞くと、「荷物が全然積めないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、ロードスターなら機内持ち込みサイズのスーツケースが2つすっぽり入ります。旅行でも使いやすいし、さらにお土産もそれなりに入れることもできます。

[ロードスターの推しポイント3]屋根の開閉がサクッと出来る

そして、オープンを最大限に楽しむのに重要なのが、屋根の開閉がしやすいこと。せっかくのオープンカーなので、やっぱり気兼ねなくオープンを楽しみたいですよね。そのためにも、屋根は開閉しやすいモデルがおすすめです。オープンカーの中には、開閉にとても時間がかかるものもあるので、急に雨が降ってきた時などにサッと閉められないと大変な事態になってしまうことも。

現行のマツダ ロードスターは、手動で開閉するソフトトップでも操作感がとても軽いので、瞬時に幌を閉じることができるのが◎。レンタカーを選ぶ時には、ロードスターでなくても電動で屋根を簡単に開閉できるようなモデルを選ぶと安心かもしれません。

[ロードスターの推しポイント4]オープン時に風の巻き込みが少ない

4つめは、風の巻き込みが少ないこと。

いくら自分がオープンカーに乗りたくても、同乗者がそれを歓迎しているかどうかは分かりません……。私の女友達に話を聞いてみると、「オープンカーで髪がぐちゃぐちゃになるのは嫌」という意見が少なからずあります。実は高級なオープンカーでも、思いのほか風を巻き込むモデルも多いです。

自動車ライターをしてきて、様々なオープンカーに試乗してきましたが、ロードスターはその中でも特に風の巻き込みが少ないモデルだと思います。さらに風の巻き込みを少なくするために、屋根を開けてもサイドウィンドウは上げておくことも忘れずに!

[ロードスターの推しポイント5]なにより運転が楽しいこと!

最後の5つ目のポイントは、運転が楽しいこと。せっかくドライブをするためにレンタカーを借りるのですから、その時間をより楽しむためにも、ドライビングファンを感じるモデルを選びたいところです。車重が軽くてFRらしくすいすい走れるロードスターの楽しさはピカイチ!

ただ、もし1人でオープンカーを借りるなら、ホンダ S660もおすすめです。S660は、荷室容量はあまりないのですが、コンパクトでミッドシップらしい走りは何にも変えられないほど楽しいです。1人でのんびりオープンドライブを楽しむなら、ぜひS660も検討してみてください(ただしS660の場合、屋根の開閉にはちょっと手間と時間がかかるので、その点だけご注意を…)。

オープンカードライブは「季節のにおい」まで楽しめちゃう

秋にオープンカーでドライブするなら、個人的には紅葉を見に行くのをおすすめします。オープンカーは、心地いい風もそうですが、「季節のにおい」を感じられるのも素敵なところ。なので、自然がたくさんあって、その香りをたっぷり感じられる場所に行くと、よりオープンカーとしての醍醐味を味わえると思います。

私が個人的に大好きなのは、落ち葉のにおい。オープンカーでその上を走り抜けると、少し懐かしくて胸を締めつけられるような香ばしい葉っぱのにおいをいっぱいに感じられます。

ほかにも、金木犀の香りなども素敵ですよね……

切ない香りの多い秋のドライブはドキドキします。ぜひ、皆さんも季節をたっぷり感じられる秋のオープンドライブを満喫してくださいね!

[筆者:伊藤 梓/撮影:茂呂 幸正・小林 岳夫・和田 清志・MAZDA]

マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
260.1万円361.6万円
中古価格:
31.8万円699.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
伊藤 梓
筆者伊藤 梓

グラフィックデザイナー時代にミニカーの商品を担当するようになってから、どっぷりと車に魅了されるように。「こんなに人を惹きつける車というものをもっとたくさんの方に知ってほしい」と、2014年に自動車雑誌の編集者へと転身。2018年に、活動の幅を広げるために独立した。これまでの経験を活かし、自動車関係のライターのほか、イラストレーターとしても活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... まつさき

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ ロードスターの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ ロードスターのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ ロードスターの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ ロードスターの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ ロードスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる