こだわりがヤバい! S660を無限がイジるとこうなる

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:茂呂 幸正
画像ギャラリーはこちら
かつてホンダが発売していた軽オープンのビートの後継としてデビューしたS660。スポーツカーってだけで今となっては珍しいにも関わらず、ご存知の通りこのクルマはリヤにエンジンを積む本格派。ただでさえカッコいいS660だが、無限がさらにバージョンアップしてくれた。S660のカッコよさ&パフォーマンスをグンと向上させる専用パーツを開発したのだ!

>>ダクトの深さに注目! カーボンボンネットのこだわりがヤバい

カーボンボンネットで超イケメンに

カーボンボンネットはよく見るカスタム方法だが、そこは無限。中央に大きなダクトをふたつ設置し、空力を向上させているのだ。ノーマル比で2〜3kg程度軽量化される。フォグランプの下の小さなライトはイルミネーションライトだ。ちなみに開発中のため価格は未定。

空力を確保するべく開けられたダクト部の深さは身長175cmの筆者の腕がすっぽり収まるほど。ラジエータグリルに繋がっているイメージのため、空力や冷却性能は抜群。ダクトケースの部分はもともとソフトトップの幌を収めるスペースで、そこにボルトオンで装着できるのは嬉しいポイントだ。幌を仕まうスペースがなくなるので、それはご自宅などに……。

カッコいいだけじゃない! 軽量化で走りは激変

今回ご紹介したパーツはまだ開発中のモノが多いが、間も無く発売される予定。注目は前期モデルにも装着が可能なコト。しばらく乗って、そろそろ“手を加えたいな”という方は必見だ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ホンダ/S660
ホンダ S660カタログを見る
新車価格:
203.2万円304.3万円
中古価格:
158.8万円559.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 炯(けい)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ S660の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ S660のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ S660の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ S660の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ S660のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる