こんな時こそ楽しいクルマに乗ろう! 軽オープンスポーツの「S660」「コペン」のここが面白い【I LOVE 軽カー】(1/3)

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
「軽自動車」それは、日本独自の規格の中で成長してきた小さな自動車。限られた規格の中で生み出されたその車体には、日本人の英知が凝縮されています。「トール系」「ハイト系」「スーパーハイト系」「セダン」「SUV」などなど、現在ではその枠の中に多様なモデルが登場しています。ここでは、そんな人々の生活を支える軽自動車にフォーカスしてお届け! 今回はその開放的な走りで乗る人間をワクワクさせてくれる軽オープンスポーツの2台を比較します!
目次[開く][閉じる]
  1. 人気の軽オープンスポーツ2台のキャラクターの違いは!?
  2. ホンダ S660│エンジンをミッドシップに搭載する軽自動車サイズのクーペ
  3. ダイハツ コペン│電動開閉式のハードトップを装着して外装の着せ替えも可能
  4. ホンダ S660│ドライバーがクルマの一部になるようなコクピット
  5. ダイハツ コペン│電動開閉式のハードトップを装着したスペシャルティカー
  6. ホンダ S660│機敏に向きを変える鋭い操舵感でスポーツ性は抜群
  7. ダイハツ コペン│クーペでありながら運転がしやすく実用性が高い

人気の軽オープンスポーツ2台のキャラクターの違いは!?

ハイトワゴンやスーパーハイトワゴンなどの実用性重視の軽自動車ジャンルの中で需要の新たな掘り起こしを狙い、2014年6月には現行モデルとなるダイハツ コペンが、翌2015年3月にはホンダ S660がデビュー。発売以降、この2車は軽自動車で貴重なスポーツカー、開放感の味わえるオープンカーといった趣味性の高いモデルとして当初の狙い通り堅調な人気を誇っています。

ホンダ S660│エンジンをミッドシップに搭載する軽自動車サイズのクーペ

ホンダらしさがたっぷり詰まったS660。重量物のエンジンを座席の後部に搭載するミッドシップのオープンスポーツカーで、優れた旋回性能と爽快な運転感覚を目指し開発されました。

ボディは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1180mm。1991年に発売した同じく軽自動車のミッドシップオープンモデル「ビート」の再来にも思えますが、今と当時では求められる安全性能などが大きく違います。開発には小型&普通車サイズで造る以上の困難がありました。

また今のホンダの軽自動車が搭載するS07A型エンジンは(S660はターボを装着)、背の高いNシリーズの搭載を前提に開発されているため、高さがありさらに前後長は短いものに。なのでS07A型をクーペの低いボンネットの下に収めることは実質的に不可能でした。今のホンダが軽自動車でクーペを造る場合、ミッドシップは必然の方式であったというわけなのです。

ダイハツ コペン│電動開閉式のハードトップを装着して外装の着せ替えも可能

2002年から2012年まで約10年間にわたって生産された初代コペン。その後はしばらく空白期間があり、2014年に現行モデルとなる2代目が発売されました。2014年当時、開発者は「約2年の間も開発は続けており、復活ではなくフルモデルチェンジ」と言っていました。

電動開閉式のハードトップを備えた前輪駆動のオープンクーペという成り立ちは初代と同じですが、プラットフォームは「ミライース」をベースにしたタイプに変更。ターボを装着した660ccエンジンも、直列4気筒から3気筒に変更されています。

そしてなんといってもコペンで注目なのは、「ドレスフォーメーション」です。基本骨格に樹脂製の外板(ドアパネルを除く)を装着する構造で、外装の着せ替えが可能となっています。樹脂外板の目的は軽量化や製造コストの低減ですが、副産物として新しい楽しみ方も生まれています。

現行モデルとして一番最初に発売された「コペンローブ」と、2015年に登場した丸目モデルの「コペンセロ」は、ドアを除くと互換性があるので着せ替えが可能。「コペンローブ」の外観を「コペンセロ」に変更する場合、セット価格は35万円前後になります。

ボンネットが低くて短く、背の高いエンジンをボディの後部に搭載し、外観も車両の後方にボリュームがあるS660に比べ、コペンはFFとあって外観も乗用車風。ボディサイズは、全長と全幅こそS660と同じですが、全高は100mm高い1280mm。居住性を含めた実用性の高さも特徴です。

ホンダ/S660
ホンダ S660カタログを見る
新車価格:
203.2万円304.3万円
中古価格:
105.8万円410万円
ダイハツ/コペン
ダイハツ コペンカタログを見る
新車価格:
188.7万円243.5万円
中古価格:
29.9万円310万円
1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ S660の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ S660のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ S660の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ S660の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ S660のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる