さらばS660! ホンダアクセスが手がけるコンプリートカーや純正アクセサリー車の存在意義とは

  • 筆者: 桂 伸一
  • カメラマン:堤 晋一
画像ギャラリーはこちら
軽オープンスポーツカーとして人気を誇るホンダ S660。

惜しまれながらも2022年3月で生産終了となったモデルだが、ホンダアクセスが手がけるアクセサリーやコンプリートカーのモデューロXといったカスタムパーツも豊富だ。

目次[開く][閉じる]
  1. 標準車ではコストの兼ね合いで断念せざるを得ない部分をアクセサリーで補う
  2. 安全基準を満たすことができないため、S660は生産を終了した
  3. クルマにこだわりたいがコストを抑えたいという人は純正アクセサリーがオススメ

標準車ではコストの兼ね合いで断念せざるを得ない部分をアクセサリーで補う

「2年も掛かりましたよ」アドバイザーにDK=ドリキン土屋圭市氏を迎えて開発する、ホンダのホームチューナーであるホンダアクセス。そのブランドであるModulo(モデューロ)のパーツやコンプリートモデルは、より質感が高い。

それは土屋さんが絡んでいることはもちろん「標準車のココをあともう少し精度を高める」とか「剛性を高められれば」などなど、コストとの兼ね合いで標準車では断念せざるを得ない部分をより細かく造り込んでから世に放つ。なので質感が高くなるのは当然である。

安全基準を満たすことができないため、S660は生産を終了した

諸般の事情から生産終了を迎えるホンダ S660。騒音規制、ポール側突、緊急ブレーキなど、安全を含む基準を満たすには莫大なコストが見込まれることから、ホンダとしても苦渋の生産終了である。軽唯一のミドシップスポーツとしてその意義も存在感もずば抜けて高いだけに「惜しい」のひと言である。

S660は7年間で3万8916台を生産して、軽ミドシップスポーツの先輩、ホンダ ビートの3万3800台を凌ぐ台数が世を走る。

ビートオーナーからの要望で、廃盤になっていた主要パーツを再販するホンダ。S660が後を追うことは間違いない。

さて、ここまでホンダアクセス、そしてS660について軽く解説してきたが、今回紹介したいのはこれからもS660に乗り続けるためのモデューロ製用品を装着したモデルだ。それはモデューロ製コンプリートカー、そしてモデューロX用に開発されたクルマ一台の性能をトータルに引き上げるための装備でもある。

クルマにこだわりたいがコストを抑えたいという人は純正アクセサリーがオススメ

モデューロ製の用品で性能が高まるのであればそもそも“一般市販車(ノーマルグレード)にも装着すればいいじゃないか”と思うのは当然。筆者もそう思う。がそこには価格設定がある。ユーザーから頂ける金額で目標レベルに到達していれば、それで良し。

もちろんメーカーとしてはそれで満足した訳ではないが、さらに細部の剛性や質感を突き詰めるにはコストがかかる。

ところが、純正アクセサリーを求めてまで自分の愛車をさらに高性能にしたい、上質感を与えたいなど、こだわりたいと思った時に、モデューロXでは一台まるまるコンプリートカーなのでやはりコストはかかる。

と言うことでモデューロXに開発された前後の空力パーツ、サスペンション、アルミホイール、ブレーキローターとパッド、その他を自分の予算に応じて選ぶことができる、としたのが今回の純正アクセサリー車である。

だが、すでに生産が終了してしまっているアクセサリーもあるので、詳しくはディーラーなどに問い合わせてみてほしい。

次回はいよいよ、モデューロXと純正アクセサリー車の違い、そして標準車との走りの違いなどについて触れていきたい。

【筆者:桂 伸一】

ホンダ/S660
ホンダ S660カタログを見る
新車価格:
203.2万円315万円
中古価格:
128.8万円499.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

桂 伸一
筆者桂 伸一

1982年より雑誌「OPTION」誌編集部員からレーシングドライバーに転身!!92~93年はR32 GT-RでN1(現スーパー)耐久シリーズチャンピオン。近年はドイツ・ニュルブルクリンクで開催される24時間レースに、アストンマーティン・ワークスカーのドライバーとして参戦。2度の優勝を飾る。日本ジャーナリスト協会(AJAJ)会員、日本カーオブザイヤー(COTY)選考委員、ワールドカーアワード(W-COTY)選考委員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ S660の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ S660のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ S660の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ S660の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ S660のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる