コペン GR SPORT 徹底解説&試乗|トヨタとダイハツのコラボで誕生した軽スポーツの新しいかたち

画像ギャラリーはこちら
トヨタが展開中のスポーツモデル“GR”。同シリーズ初となる軽2シーターオープンのコペン GR SPORTが2019年10月に発売された。TOYOTA GAZOO Racingとダイハツというメーカーの垣根を超え開発されたGRのエントリーモデルを早速テスト。コペン GR SPORTの全てについて、山本 シンヤ氏が徹底解説する。

>>トヨタとダイハツがタッグを組んだ! コペン GR SPORTの画像を見る[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. ダイハツとトヨタ、それぞれが抱えていた課題を一気に解消
  2. デザインからパワートレインまで…コペン GR SPORTの特徴を徹底解説
  3. 走らせてみてどうだったか|試乗した印象は!?
  4. コペン GR SPORTはズバリ“買い”か!?

ダイハツとトヨタ、それぞれが抱えていた課題を一気に解消

ダイハツの幅広い軽自動車ラインアップの中でフラッグシップとなるのが「コペン」だ。初代は2002年に登場、現行モデルとなる2代目は2014年にフルモデルチェンジした。電動オープントップの2シーターというキャラクターを継承しながら、エクステリアは新たな提案が行なわれており、ベースの“コペン Robe(ローブ)”、クロスオーバールックの“コペン XPLAY(エクスプレイ)”、そして初代をオマージュした“コペン Cero(セロ)”の3タイプを用意。実は2代目コペンの外板は取り外し可能で、「クルマを着せ替えできる」ことも話題となった。

ダイハツ/コペン
ダイハツ コペンカタログを見る
新車価格:
188.7万円243.5万円
中古価格:
34万円385.8万円

ダイハツが抱えていた課題

初代と同じく2代目コペンも「コペン愛」に溢れるファンに受け入れられているものの、それとは裏腹に台数は伸び悩んでいた。更にユーザー調査によると、ライバルの出現やスポーツカー市場の活性化が行なわれたことで、コペンのスポーティなイメージは相対的にダウン。市場からコペンの商品強化に期待する項目のトップは「走行性能」のレベルアップだったと言う。

トヨタが抱えていた課題

その一方で、ダイハツの親会社であるトヨタもある悩みに直面していた。東京モーターショー2015でお披露目されたエントリースポーツモデルの提案「S-FR」は量産に向けて開発が進められていたものの、最終的には採算が合わないと言うことで開発は凍結……。

コペンの更なる拡販/イメージアップを行いたいダイハツと、GRラインアップの強化のためにエントリースポーツラインアップが欲しいトヨタの考えが一致。メーカーの垣根を越えて企画・開発が行われたのが、今回紹介する「コペンGR SPORT」だ。

トヨタとダイハツ、各社の強みを最大限に生かした開発

コペン GR SPORTの開発に関してはトヨタ/ダイハツの合同企画によるプロジェクトで、両社の人材交流や知見の融合を図りながらダイハツが設計・製造、トヨタガズーレーシング(TGR)が知見提供やデザイン&性能確認を担当した。

走りの味付けはトヨタのGR SPORTを担当する凄腕ドライバーの評価をフィードバック。GRのバッジを付ける以上、見た目はもちろん走りの部分に関しても、他のGR SPORTとの共通性を持たせている。

ちなみにコペン GR SPORTはトヨタ/ダイハツどちらでも販売される。車両型式はトヨタ版がLA400A、ダイハツ版がLA400Kと異なるが、トヨタ86/スバルBRZのように仕様違いではなく、共通スペックとなる。

デザインからパワートレインまで…コペン GR SPORTの特徴を徹底解説

コペン GR SPORT ~内外装の特徴~

まずコペン GR SPORTのエクステリアだが、フロントはGRモデルのアイコン、ファンクショナル マトリックスグリル採用のフロントバンパー周り、ディフューザー形状を盛り込んだリアバンパーの採用により、低重心/ワイド&ローを強調。これらのアイテムは、意匠性のみならず空気の整流効果により走行性能をサポートする機能部品である。BBS製鍛造ホイールホイールはGR専用のマットグレー仕様だ。

インテリアは加飾も含めてヒカリモノを抑えたブラックのモノトーンで、専用デザインのメーターに加えてレカロシート/MOMO製ステアリングを装着。ノーマルに対してカラーコーディネイトの違いがメインだが、思った以上にGRの世界観に仕上がっている。

コペン GR SPORT ~パワートレイン・足回りの特徴~

GR SPORT=入門編スポーツと言うこともあり、パワートレインはベースのコペン同様に64ps/92Nmを誇る直列3気筒DOHCターボエンジンと変更はない。ちなみにトランスミッションは5速MT/CVT(7速スーパーアクティブシフト付)どちらも設定。

シャシー系はボディの剛性アップはもちろん剛性バランスを整えることを目的に、フロントブレースの追加とセンターブレースの形状を変更。体幹を鍛えた車体と組み合わせるのは専用チューニングのサスペンション(KYB製)と電動パワーステアリング。ちなみに5速MTにはスーパーLSDも採用される。ただしタイヤサイズはノーマルと同じ165/50R16、銘柄もポテンザRE050Aのままだ。

走らせてみてどうだったか|試乗した印象は!?

スラローム体験でしっかり体感出来た良質なステアリングフィール

今回は一般道の試乗に加えて、クローズドコースでのパイロンスラロームで「ノーマル(ショーワ製ダンパー仕様)」とスポーティな「S(ビルシュタイン製ダンパー仕様)」との比較も行なうことができた。

まず、乗り始めて即座に感じたのはステアフィール。ノーマル/S共に気になったのは、ステアリング中立付近が曖昧かつ操舵時にワンテンポ遅れて立ち上がる応答性。GR SPORTはアシスト量こそ変わらないが、直進時のシッカリ感が増しているのと、ステアリングを切り込んだ際の応答性が高まっている上に自然。これは他のモデルにもすぐにでも水平展開すべき部分だと思う。

ハンドリングは穏やかで柔らかいが頼りなさが残るノーマルのコペン、逆にキビキビ感はあるも足が硬すぎて動かず荷重移動がしにくいSに対して、コペン GR SPORTは絶妙なバランス。ブレース類で引き上げられたボディ剛性とサスペンションのバランスが良く、その上しなやかな足さばきと適度なロールで接地性も高く、4つのタイヤを効果的に使っている印象。

試しにパイロンスラロームで同じ速度で進入してみたが、ノーマルのコペンは速い操作にリアが追従しきれず、逆にSは硬すぎてタイヤを使い切れずプッシュアンダーが気になる。コペン GR SPORTは、クルマの動きこそマイルドだが一体感はSよりも高い上、クルマの動きに連続性あるため、コントロール幅が広いのだ。

軽のレベルを超えた! 絶妙な足さばきと収まりの良さ

快適性については、アタリの優しさなどはノーマルに近いが、ギャップを超える際の足さばきや収まりの良さなどは軽自動車を超える質感を備える。直進性も良くなっているので、高速クルーズも今までよりも楽にこなすだろう。

ただ欲を言えば、もう少し路面からの入力を抑えたい。コペン GR SPORTには16インチタイヤ(165/50R16・ブリヂストンPOTENZA RE050A)が装着されている。幅が狭い上に偏平のタイヤでエアボリュームが少なく、吸収性もイマイチな16インチを15インチにダウンさせれば改善されると思うが、この辺りはルックスとの兼ね合いなので非常に難しい……。

ちなみにオープンとクローズドでは若干乗り味が異なり、クローズドはボディ/ステアリング含めて全体的なシッカリ感はある一方で、オープンでは重量バランスの関係かリアの足の動きがより自然でシットリ感が増している。ただ、本音を言えばもう少し根本的なボディ剛性を上げることでオープン/クローズド時の差がないようにしてほしい。

コペン GR SPORTはズバリ“買い”か!?

ノーマル同等なトータルバランスの良さがあるコペン GR SPORT

このように細かい部分で気になる部分はあるものの、総じて言えばコペン GR SPORTが目指す、クルマ好きなら「これがノーマルだよね」と感じるようなトータルバランス重視のセットアップ。最小限の変更で最大限の効果は出ていると思う。

コペン GR SPORTの価格は5速MTが243万5000円、CVTが238万円と高め。だがローブSにオプションのレカロシート+BBS製鍛造ホイールを装着したモデルと比較すると、コペン GR SPORTとしての実質価格アップ分は約8万円程度。実は非常にリーズナブルだ。

トヨタ全店とダイハツ店、それぞれで販売するのも特徴

トヨタ店とダイハツ店、どちらで買っても同じだが、トヨタではコペン GR SPORTのみの販売でGR SPORTの末っ子という扱い。一方ダイハツではローブ、エクスプレイ、セロに続く「第4のコペン」と立ち位置は若干異なる。しかしコペンの可能性をより広げたモデルである事は間違いない!!

[筆者:山本 シンヤ/撮影:小林 岳夫・DAIHATSU]

コペン GR SPORT 関連記事

トヨタ/ダイハツ コペン GR SPORT 主要スペック
車種名コペン
グレード名GR SPORT
価格(消費税込み)2,435,000円(MT)/2,380,000円(CVT)
全長×全幅×全高3395mm×1475mm×1280mm
ホイールベース2230mm
駆動方式FF
車両重量850kg(MT)/870kg(CVT)
乗車定員2名
エンジン種類直列 3気筒 DOHC
総排気量658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6400rpm
エンジン最大トルク92Nm(9.4kg・m)/3200rpm
トランスミッション5速MT/7速スーパーアクティブシフト付CVT
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料消費率(WLTCモード燃費)18.6km/L(MT)/19.2km/L(CVT)
燃料消費率(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)[MT]14.2km/L/20.0km/L/20.4km/L
燃料消費率(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)[CVT]15.2km/L/20.5km/L/20.6km/L
タイヤサイズ165/50R16(ブリヂストンPOTENZA RE050A)
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式/後:トーションビーム式
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ダイハツ コペンの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ コペンのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ コペンの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ コペンの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ コペンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる