2021年も視界良好! 2020年デビューした注目の新型車を運転席からザザッと見渡してみた!

画像ギャラリーはこちら
2020年も国内外の自動車メーカーから様々なニューモデルが登場し我々を楽しませてくれた。注目のポイントは先進技術や動力性能、格好良いスタリング!? 2020年、MOTAが改めてチェックしたいのは“インパネ”だ! インパネの改革が一気に進んだ今年デビューの新型車を写真と共にご紹介する!

写真でイッキにチェック! 2020年登場の新型車のインパネを見る[画像40枚]

目次[開く][閉じる]
  1. MOTAが選ぶ2020年インパネ大賞はこれだ!
  2. インパネで2020年話題のニューモデルをサクッと振り返る!
  3. 視界良好! MOTAは2021年もインパネを通してクルマの今をご紹介!

MOTAが選ぶ2020年インパネ大賞はこれだ!

ホンダ e(2020年10月30日発売)

インパネのインパクトという意味では今年一番の衝撃だろう! ホンダの新型電気自動車(EV)「Honda e(ホンダ イー)」には、2020年のMOTAインパネ大賞を贈りたい。リビングのテーブルを想わせる優しい木目柄のフラットなダッシュボードと、横並びのワイドディスプレイを見ていると、もはや家の中にいるかと錯覚してしまうほど!?

Honda eは、世界初の5つのスクリーンをインパネ上に水平に展開した“ワイドビジョンインストルメントパネル”が大きな特徴だ。特に中央部には12.3インチ画面を2つ並べた“ワイドスクリーン Honda CONNECT ディスプレー”が配され、運転席と助手席で表示を入れ替えて表示したり、スマホと連携しオリジナルのアプリが用意されるなど、様々な情報を楽しむことが出来るのだ。生産台数に限りがあり、2020年12月時点では展示車を用意するディーラーもほとんどない状態のようだが、ショールームで実車をチェックしておきたい1台だ。

スバル 新型レヴォーグ(2020年10月15日発表)

2020年10月に6年ぶりのフルモデルチェンジを実施した、スバルを代表するスポーツワゴン「レヴォーグ」。2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、デビュー早々に世間の評価も上々だ。プラットフォームやエンジンに至るまですべてを一新し、世界最先端の高度先進運転支援システム“アイサイトX”を搭載するなど、ニュース盛りだくさんの1台だ。

中でもMOTAが注目したいのはセンターディスプレイ。11.6インチディスプレイはi Padのようなタブレット端末を想わせる縦型にレイアウト。メーターも、アイサイトの動作やナビ画面などを表示させることも可能な12.3インチのフル液晶となった。見た目のインパクトの強さばかりが話題になるが、カーナビの地図を進行方向で見る場合には、従来の横画面より縦のほうが見やすく、実は理にかなったレイアウトなのだ。

日産 新型ノート e-POWER(2020年12月23日発売)

2020年12月23日(ニッサンの日)にフルモデルチェンジした日産の新型「ノート e-POWER」は、先進的な内外装でデビュー早々話題を呼んでいる。中でもインパネからセンターコンソールにかけてのデザインは、2021年に市販化予定の新型電気自動車「アリア」との共通性も感じられ、もはやコンパクトカークラスとは思えないほど。スタイリッシュで質感も上々だ。電動化モデルにかける日産の強い意気込みが感じられる1台といえるだろう。

インパネで2020年話題のニューモデルをサクッと振り返る!

ここから2020年登場した話題のニューモデルを写真と共にイッキにご紹介していこう!

世界に先駆けてFCV(燃料電池自動車)を量産化したトヨタ MIRAIが2020年12月フルモデルチェンジした。排出ガスゼロのエコカーであること以前に、「カッコいい! これが欲しい!」と思わせるデザインであることを目指したという内外装は、非常にスタイリッシュな印象だ。

4代目となるホンダのコンパクトカー「フィット」は、極めてシンプルなインパネに加え、フロントピラー(ガラスを支える柱)を極細にしたことで、ライバルにはない良好な視界とクリーンなインテリア空間を得た。

2020年12月4日にビッグマイナーチェンジを実施し、PHEVモデルを追加した三菱のSUV「エクリプスクロス」。新設定のスマートフォン連携ナビゲーションは画面を8インチへ拡大した。

2020年6月に発売されるや注文が殺到した人気のプレミアムSUV「トヨタ ハリアー」。馬の鞍をイメージしたという、優美な曲線が特徴の上質な革調センターコンソールに注目!

視界良好! MOTAは2021年もインパネを通してクルマの今をご紹介!

世界的なコロナ禍の影響により、ニューモデルの発売すら危ぶまれた時期もあった2020年。改めて振り返ってみれば、例年以上に意欲的な新型車が豊作な1年だったことが、本項のインパネ写真の数々を見渡していただくだけで感じられることだろう。

MOTAでは2021年もインパネを通してクルマの今、そして未来についてご紹介していくのでどうぞご期待あれ! それでは皆様、良いお年を…。

[トクダ トオル(MOTA編集部)]

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
92万円999万円
日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円228.6万円
中古価格:
14万円306.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ryugon(龍言)
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ Honda eの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ Honda eのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ Honda eの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ Honda eの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ Honda eのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる