画期的だけど本当に使える? ミラーがカメラになったカメラ式サイドミラーを採用するモデル3台

画像ギャラリーはこちら
最近のクルマといえば、前後にカメラが付き、アラウンドビューで車両を上から見た図をナビのモニター画面で見ながら駐車するといったシーンも珍しくなくなってきている。そんな中で雨の日などでも車両の周囲が見やすいようにと登場したのがサイドミラーをカメラ式にしたサイドミラーレス車だ。

ミラーほど幅を取らないため、車両感覚が掴みやすいといったメリットもあるが、実際に使えるのだろうか。すでにカメラ式サイドミラーを装備するモデルを3台紹介しながら、その使い勝手を紹介していきたい。

目次[開く][閉じる]
  1. 1.世界初のカメラ式サイドミラーを搭載したレクサス ES
  2. 2.モニターだらけのホンダ Honda eもミラーはカメラ式!
  3. 3.バーチャルエクステリアミラー仕様は19万円高い! アウディ e-tron

1.世界初のカメラ式サイドミラーを搭載したレクサス ES

レクサス ESにカメラ式サイドミラー「デジタルアウターミラー」が搭載されたのは2018年のことだ。5インチのディスプレイに車両左右後方の映像を表示し、右左折時や後退時の死角を低減。室内にディスプレイを配置し視線移動を抑えることで、安全運転を支援する。また、アウターカメラを鏡面ミラーより小型化したことで、斜め前方の見通しも確保した。

気になるのは雨やバック時の視界だろう。

デジタルアウターミラーは雨の影響を受けにくいカメラ形状とし、照度センサーを設定。自動で輝度調整するディスプレイを採用したことで視認性を確保する。カメラに霜などが付着した場合は、カメラヒーターを作動させることで除去できるという。

ウインカー操作やリバース操作に連動して、表示エリアを自動で拡大させることが可能。また、スイッチ操作で、一時的に表示エリアを拡大することもできる。

オプション装備だが、まずは「ES300h version L」に、ついでF SPORTにも設定。22万円で用意されている。

2.モニターだらけのホンダ Honda eもミラーはカメラ式!

Honda eの車内は5つのモニターで構成されている。右からサイドミラーモニター、メーター、インフォテインメントが2つ、さらに1番端には左側のサイドミラーモニターといったイメージだ。左右のサイドミラー用モニターは後付感もなく、スッキリとまとめられている。

また、後退時はシフトポジションをリバースにすると、自動で左右の画角を下げるリバースモードに加えて目安ガイド線も表示されるため、ミラーの時と同様に確認しながら使えるというのも魅力的だ。

3.バーチャルエクステリアミラー仕様は19万円高い! アウディ e-tron

小型カメラにより車両側方の視界を確保するアウディ初のバーチャルエクステリアミラーは、ピラー下端ではなくダッシュパネルとドアとの間に設置されたOLEDディスプレイに映像を表示。

明るさや最適な視角へと調整が可能なことに加え、標準のドアミラーに比べてミラーハウジングがスリム化することで空気抵抗を低減しCD(空気抵抗係数)は0.25、高速走行時の風切り音も低減される。

e-tronのバーチャルエクステリアミラーの特徴はサイドウインドウから外の現実の様子も同時に視界に入ることだ。そのため、カメラ式サイドミラーならではの違和感は少なく、画面と現実とを両方同時に確認できるのが良い。

価格はオンライン限定で50台が先着販売されたアウディ e-tron Sportback 1st edition(1327万円)に比べて19万円高い1346万円となる。

まだまだ過渡期! 技術進歩によってさらに高性能なカメラも登場しそうだ

ESの初期モデルは画面がチラつき目が疲れるという人もいたようだが、最近のモデルに採用されるカメラやモニターは夜でも昼間同様に使えるものも増えて来ている。

まだまだ過渡期のカメラ式サイドミラー。なかなか普及が進まないが、技術をさらに高めて復活する日は近いだろう。気になっている人はぜひ試乗して使ってみて欲しい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

ホンダ/Honda e
ホンダ Honda eカタログを見る
新車価格:
451万円495万円
中古価格:
393.5万円471.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルハーヴェスト軽井沢

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ Honda eの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ Honda eのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ Honda eの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ Honda eの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ Honda eのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる