モニターだらけの車内が超楽しい! ホンダeのデザインは“ツルピカ”がキモ

画像ギャラリーはこちら
かつてのNコロ風の懐かしいデザインで登場したホンダe。ホンダ初のピュアEVというコトもあり、注目度はバツグン。が、日本の販売台数が少ないせいもあり、即刻受注ストップと、なんともいえない状況ではあるが完成度は新時代のホンダを思わせる内容だとか。今回は内外装デザインを中心にご紹介! 注目の電子サイドミラーや未来過ぎるインパネなどを徹底深掘り!

>>モニターだらけ! ホンダeの車内がコレだ

目次[開く][閉じる]
  1. ホンダ初のEVは即刻完売! 今後はどうなる……
  2. オラオラ顔からほのぼのフェイスに! 派生モデルもあるかも
  3. 車内はまるで家! ソファー風のイスも座り心地バツグン

ホンダ初のEVは即刻完売! 今後はどうなる……

ホンダは「2025年までに欧州で発売する4輪商品すべてを電動車両に置き換えることを目指す」と発表した。すでに欧州ではハイブリッド中心のラインナップに変わり始めているが、電動化の象徴となるのがホンダ初の量産EV「ホンダe」である。

2019年のジュネーブショーでプロトタイプが世界初公開済み、9月のフランクフルトショーで量産モデルのお披露目が行なわれているが、日本には約1年遅れでの発売だ。

しかし、わずか10日で発売予定台数に達してしまい、現在は注文を一時停止中……。ホンダ関係者は「予想以上の反響の高さに驚く一方、非常にご迷惑をおかけしているのも事実です」と。とはいえ、時期は未定だが注文再開は確実にあるワケで、この記事を見て予習をしておいていただきたい(笑)。

オラオラ顔からほのぼのフェイスに! 派生モデルもあるかも

エクステリアは切れ目でシャープなラインが特長の最新のホンダ車とは逆で、初代シビックやN360を彷彿させるようなボクシーでほのぼのしたデザインを採用。5ドアハッチバックでは珍しいサッシュレスドアや一枚物のガラスルーフを採用。

ホンダeのチーフエンジニアを務めた一瀬 智史氏はその理由を「ツルピカ(=無駄な突起を排除する)にしたかったから(笑)」と語るが、筆者はルーフ部分をソーラーパネルへの置き換えやキャンバストップ、さらにはオープンボディと言った派生モデルも視野に入れているのではないかと予想している。

ちなみにボディサイズは全長3895×全幅1750×全高1510mmとフィットより100mm短く、50mm幅広である。ちなみに数値だけ見ると「全幅が……」と言う人もいそうだが、ホンダeは全車電子ミラー装着のため全幅が最も外側にあるものの、フィットは1695+左右のミラー分が最外側となるので、むしろ実用上はホンダeのほうが上なのだ。

車内はまるで家! ソファー風のイスも座り心地バツグン

インテリアはモダンリビングがコンセプト。インパネは左右いっぱいにレイアウトされる2画面の液晶パネル(さまざまなアプリで色々活用可能)とウッドパネルの組み合わせは、自宅のテーブル上にPCモニターを並べたかのような雰囲気だ。

シートはソファーのような風合いのファブリック素材を採用。リヤシートは「ソファーに継ぎ目はないですよね(一瀬)」と言うことであえての一体可倒式(左右シート間にアームレストの設定なし)。

ルームランプも一般的なクルマ用ではなくダウンライト風のデザインやカップホルダーの引出し取っ手をベルト状にするなど、細部まで徹底したこだわりっぷりだ。品質/質感に関してもクラスレスで、まさに「新時代の小さな高級車」を体現している。

ちなみに居住性やラゲッジスペースは、フィットとは違い必要十分……と言ったイメージだ。ただ、個人的にはウィークポイントではなく、デザインを含めた空間設計と言う意味では、この適度なタイト感はむしろプラスに働いていると思った。

画面だらけの車内は大人でも超楽しい

1.23インチのモニターを2枚並べた「ワイドスクリーンHonda CONNECTディスプレイ」は、ナビやオーディオを含めたさまざまな情報を表示できるが、左右の入れ替えや様々な機能の有無、ショートカットなどなど……スマホのように“オレ様仕様”にカスタマイズできるのも嬉しい。

乗る前は「情報過多に感じるかも?」と思ったが、実際に体感すると気にならず、むしろ積極的に活用してみたいと感じたくらい。走行中は機能が制限されるものの助手席からの操作もラクだし、充電中ののアソビ相手(何とデジタル水槽の中を泳ぐ魚に餌も与えることも可能)としても使えるのは、デジタル世代としては嬉しい/楽しい……のひと言だ。

ただ、ホンダ独自のパーソナルアシスタントは使える機能と音声能力のレベルは改善が必要かな……と感じた。現状はオーディオ操作やナビの目的地の設定程度で、メルセデスのMBUXのようにエアコンの操作は未対応。

デジタルミラーの使い勝手も申し分ないゾ

全車標準装備のデジタルミラーは解像度の良さに加えて表示用モニターのレイアウトなどは、同じ機能を持つ他社のそれよりも使いやすい。恐らく、車両外に備わるカメラユニットが運転席から見えない位置に装着され、ミラーがあるはずの車外を見る……と言う空振りがしにくいのも影響しているだろう。

明日2020年10月23日は、いよいよ試乗編。新時代のホンダを体現するホンダeの実力はいかに!? ちょっと内容をバラすと、小回りの効きが歴代最強と呼べるほどで、いわば“街乗りスペシャリスト”と言ってもいいほどだとか……。

【筆者:山本 シンヤ/撮影:池之平 昌信】

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ Honda eの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ Honda eのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ Honda eの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ Honda eの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ Honda eのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる