特徴的な大型モニター搭載車3選! 超横長モニターや湾曲ディスプレイを採用したしたモデルなどを紹介

画像ギャラリーはこちら

スピードメーターやタコメーターなど、クルマには情報を表示するインパネが装着されている。必要最低限のインパネから、大小多数のメーターが並び、整列したスイッチやボタンなどでまさにコックピットのようなモデルまで種類は様々。そんな中、近年では、物理的なボタンやスイッチを極力少なくし、大型のモニターに集約させるインパネが増えている。そこで今回は、特徴的な大型モニターを採用する3車種を紹介する。

目次[開く][閉じる]
  1. ホンダ初の電気自動車は5スクリーンを備える
  2. 新型キャデラックにはなんと湾曲したディスプレイが!
  3. 縦長ディスプレイから一転、新型モデルSでは横型に変更

ホンダ初の電気自動車は5スクリーンを備える

1台目に紹介するのは、ホンダが2020に発売を開始した丸型ライトや凹凸が少ないボディパネルが特徴のコンパクトな電気自動車「Honda e」。

インテリアは出っ張りや物理的なスイッチを極力少なくし、インパネに5つのスクリーンを水平に配置。5スクリーンには、デジタルミラーモニターが2つ、運転に必要な情報を表示するモニターが1つ、ナビやエンターテイメントを表示する画面が2つという構成になっている。この中央と助手席前の2つのスクリーン「ワイドスクリーン Honda CONNECT ディスプレー」はタッチパネルになっており、直感的な操作が可能。

12.3インチスクリーンを2画面並べ、ナビやオーディオ、エンタメなど、さまざまな画面表示をするとともに、多数の操作を同時に行う「マルチタスク機能」を装備するほか、四季の壁紙やスマホの音楽アプリにより、画面表示を自分好みに変更することも可能となっている。

そのほか、停車中や充電中などには、アプリセンターからダウンロードできる水槽アプリで画面を「電子アクアリウム」に変えることができ、魚たちにエサやりができるエンタメ機能なども備わる。

新型キャデラックにはなんと湾曲したディスプレイが!

次に紹介するのは、2020年11月20日(金)から日本でも販売を開始したキャデラック 新型エスカレード。

世界中のセレブにも愛用者が多いキャデラックのフラッグシップSUVのインテリアで一際目を引くのは、自動車業界初となる湾曲型OLED(有機EL)ディスプレイ。対角線の長さが38インチ(約96.5センチ)と、その巨大なボディの迫力にも負けないサイズとなっている。

モニターは、3つのスクリーンで構成され、ドライバーの左側に、対角線の長さが7.2インチ(約18.2センチ)のタッチ操作パネル付きドライバーインフォメーションセンターを備え、ステアリングの奥に対角14.2インチ(約36センチ)のクラスターディスプレイを配置。さらに、ドライバーの右側には、対角16.9インチ(約42.9センチ)のインフォテインメントスクリーンを装備している。

紙のように薄いOLEDの特性を活かし、湾曲させることで最適な視認性を確保。また、乱反射の少なく鮮やかな色や画質により、メーターフードを必要としないのも大きな特徴だ。

縦長ディスプレイから一転、新型モデルSでは横型に変更

最後に紹介するのは、2012年にテスラの最高級スポーツサルーンという位置付けデビューした「モデルS」。2021年1月には内外装デザインを改良したほか、0-100km/h加速2.1秒をマークする最上級モデルPlaid+を新設定するなど大幅なレベルアップがなされた。

テスラではこれまで、エントリーモデルのモデル3を除いて縦型ディスプレイが基本装備されていたが、新型モデルSでは、横型に変更となった。

この横型モニターは17インチシネマティックディスプレイと名付けられ、2200×1300という超高解像を誇る。左右に傾けられる機構を備えたことで、ドライバーごとに好きな角度に設定が可能になったのは嬉しいポイントだ。

近年ではモニターの大型化を始め、進化の度合いが加速する車内インフォテインメントシステム。これからもどんな驚くようなシステムが登場してくるのか? 今後の車内インフォテインメントシステムの発展に注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

ホンダ/Honda e
ホンダ Honda eカタログを見る
新車価格:
451万円495万円
中古価格:
255.4万円509.4万円
キャデラック/エスカレード
キャデラック エスカレードカタログを見る
新車価格:
1,640万円1,800万円
中古価格:
30万円1,697.3万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ Honda eの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ Honda eのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ Honda eの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ Honda eの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ Honda eのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる