アバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスター どっちが買い!?2シーターオープンスポーツカーを徹底比較!(1/3)

アバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスター

アバルトはフィアット500などのチューニングで知られるメーカーだが、フィアットに吸収されて今はFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)のブランドになった。

アバルトのラインアップは、フィアット500をベースに開発された595が主力だが、スポーツカーの124スパイダーも注目される。日本ではベースモデルとなるフィアット 124スパイダーは販売されず、アバルト 124スパイダーが用意される。

フィアット124スパイダーの特徴は、マツダ ロードスターとプラットフォームなどを共通化していることだ。サスペンションも前輪はダブルウイッシュボーン式、後輪側はマルチリンク式で等しく、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2310mm、トレッド(左右のホイールの間隔)は前輪が1495mm、後輪が1505mmで、これらも同じ数値になる。

しかしボディのスタイルとサイズは異なり、エンジンもアバルト 124スパイダーはフィアットの直列4気筒1.4リッターターボを搭載する。ロードスターは当然ながらマツダの1.5リッター(電動開閉式のハードトップを備えたRFは2リッター)だ。

そして124スパイダーはフィアット、アバルトともに広島にあるマツダの工場で製造され、日本と海外に出荷される。日本製の海外メーカー車となるわけだ。

>>アバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスターを画像でも徹底比較![フォトギャラリー枚超!]

124スパイダー vs ロードスター|ボディサイズ・運転のしやすさ比較

ボディサイズを比べると、ホイールベースは同じ数値だが、全長はアバルト 124スパイダーが4060mmでロードスターよりも145mm長い。全幅は1740mmだから、ロードスターより5mm広いだけで同等だ。全高も1240mmだからロードスターよりも5mm高い程度にとどまる。

つまりアバルト 124スパイダーは、ロードスターと比べて全長が目立って長く、この寸法の違いが見栄えにも影響を与えた。

ロードスターは全長がホイールベースの割に短く、前後のオーバーハング(ボディがホイールよりも前後に張り出した部分)も短く抑えられ、今日的な引き締まり感を演出している。4輪がボディの四隅に踏ん張って見えるため、視覚的な安定感も高い。

逆にアバルト 124スパイダーは、オーバーハングが長く外観が少しクラシックだ。現行フィアット/アバルト 124スパイダーは、1966年のトリノショーでデビューした当時の124シリーズベースのスパイダー(オープンスポーツカー)をモチーフにする。フロントマスクにも共通性があり、当時のサイズは全長が約4150mm、ホイールベースが2280mmだったから、アバルト 124スパイダーは初代の雰囲気を上手に再現している。

ボンネットの視認性は、ボディ形状の違いによってアバルト 124スパイダーが優れているが、取りまわし性という意味では、全長の短いロードスターが有利だ。

勝者:マツダ ロードスター

124スパイダー vs ロードスター|内装のデザイン/質感/操作性/視認性/居住性比較

インパネやハンドルの基本的な形状は、両車とも共通化されている。インパネ中央の高い位置にディスプレイが備わり、これもロードスターのマツダコネクトと共通だ。

その一方で相違点もあり、アバルト 124スパイダーはレザーインテリアを採用。ハンドルは直進時の頂点部分にレッドのラインが入る。

シートの形状、表皮の材質は異なるが、調節機能は共通で座面の前方を上下させる調節機能が備わる。適度に持ち上げると相対的に腰が下がって着座姿勢を安定させやすい。着座位置が低いスポーツカーとあって、座った時の座面の沈み込みは少ないが、ボリューム不足はなく座り心地はおおむね快適だ。スポーツカーに大切なサポート性も満足できる。車内には引き締まり感が伴うが、車両との一体感も得やすくスポーツカーとして不満はない。

優劣はほとんど付かないが、アバルト 124スパイダーはレザーインテリアを採用するので少し上質な印象だ。

それにしても日本のユーザーとしては、アバルト 124スパイダーの内装がロードスターと共通だと、何となく有り難みが薄れる。日本メーカーと海外メーカーの提携に基づく商品開発の難しさを感じる。

勝者:アバルト 124スパイダー

関連コンテンツ

車で行ける大人のデートスポット 東京のクリスマスイルミネーション5選!オープンカーで行けば2人の距離は急接近!?

アバルト 124スパイダーの関連コンテンツ

冬だからこそ・・・アバルト 124スパイダーをオープンにして、サソリの”ピリ辛スパイス”を愉しんじゃおう

[試乗]日伊合作<アバルト 124スパイダー>は、めっちゃカッコよくてちゃんと”イタリアン”だった

広島製イタリアンスポーツの実力を速攻チェック!/アバルト 124スパイダー 試乗レポート

マツダ ロードスターの関連コンテンツ

【試乗】マツダ 新型 ロードスター(4代目ND型) 公道試乗レポート/国沢光宏

“ビルシュタイン”や“レカロ”などを新たに追加!その仕上がりやいかに!?マツダ ロードスターRS 試乗レポート

ロードスター三部作、最後にやってきたのが大本命だった!/マツダ 新型ロードスター「NR-A」試乗レポート

アバルト/124スパイダー
アバルト 124スパイダーカタログを見る
新車価格:
406万円416.9万円
中古価格:
385万円547.6万円
マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
262.4万円335.6万円
中古価格:
39万円511万円
マツダ/ロードスターRF
マツダ ロードスターRFカタログを見る
新車価格:
346.2万円392.3万円
中古価格:
189.5万円650万円
1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

アバルト 124スパイダーの最新自動車ニュース/記事

アバルトのカタログ情報 アバルト 124スパイダーのカタログ情報 アバルトの中古車検索 アバルト 124スパイダーの中古車検索 アバルトの記事一覧 アバルト 124スパイダーの記事一覧 アバルトのニュース一覧 アバルト 124スパイダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる