じゃなくて「アバルト 124スパイダー」|あえて選ぶガイシャのススメ Vol.4

画像ギャラリーはこちら
あえて選ぶガイシャのススメ。この企画では「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種を比較検討します。第4回のテーマは2シーターオープンスポーツカー。イタリア車でありながら、広島県のマツダ宇品工場が生産を担当する「アバルト 124スパイダー」と、そのベースとなる「マツダ ロードスター」という、イタリアと日本の珍しい兄弟モデルを徹底比較する!

>>アバルト 124スパイダーとマツダ ロードスター、おんなじかと思いきや全然違う!? 画像で見比べてみる[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 世界累計100万台! ギネス記録を更新し続けるスポーツカー
  2. 軽快な走りを視覚からも体感出来るロードスターの内外装デザイン
  3. 日本で生産されるイタリア車!?
  4. 寸法差以上に見た目が差別化されたアバルト 124スパイダー
  5. ターボが加わったパワフルなエンジンがマツダ版との大きな違い
  6. まさか! アバルト 124スパイダーが気になるなら今がラストチャンス!?
124スパイダーの最新自動車ニュース&記事

世界累計100万台! ギネス記録を更新し続けるスポーツカー

マツダ ロードスターは1989年に初代がデビュー。軽量・コンパクトな車体と後輪駆動による小気味良い走りで世界から支持され、最も売れている2シーターオープンスポーツカーとしてギネス記録を樹立し、既に累計生産台数100万台を突破しているほどだ。

2015年に発売を開始した現行のND型で4代目。1.5リッターNAエンジンを積む幌タイプの通常モデルに加え、リトラクタブルハードトップと2.0リッターNAエンジンを組み合わせた「ロードスターRF」も設定されている。

衝突安全性の世界基準が年々厳しくなってゆき、小型なモデルの存続が困難になってきた時代の中、4代目ロードスターはあえて原点に回帰。コンパクトかつ軽量という美点はそのまま受け継ぎ、ボディサイズは全長×全幅×全高が3,915×1,735×1,235(1,245)mm、ホイールベースは2,310mm、車両重量も990kg~1,060kg(1,100~1,130kg)となっている[()内はRF]。

マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
260.1万円333.4万円
中古価格:
20万円414万円

軽快な走りを視覚からも体感出来るロードスターの内外装デザイン

とことん軽量化を追求した基本設計の4代目ロードスターは、前後が絞り込まれた外形デザインが特徴。車体の先端に備わるヘッドライトユニットも小型化され、軽量化に貢献するほど涙ぐましい努力も払われている。

さらに面白いのが、乗員からの見晴らしや見切りの良さにもこだわった点。だから運転席に座った瞬間、視覚的にも軽快さや走りの良さがしっかり感じられる。軽量化を図り研ぎ澄まされた運転感覚に加え、そうしたデザイン面での仕掛けも加わることで、ドライバーはロードスター独自の“人馬一体”な走りをより深く楽しむことが出来るのだ。

ちなみにハードトップタイプのロードスターRFのほうは、少し落ち着いたオトナの仕様としてオープンモデルとの差別化を図っており、より幅広い層へアピールする。こうした様々な努力とこだわりがあったからこそ、ロードスターが世界中で愛され、4世代も継続させているのだろう。

マツダ ロードスターの価格は260万1500円~333万4,100円、ロードスターRFは343万9,700円~390万600円(各特別仕様車除く)となっている[価格は全て消費税込、以下同]。

日本で生産されるイタリア車!?

さて、冒頭にも書いたように、4代目マツダ ロードスターでは新たに海外ブランドの共同開発モデルが誕生した。フィアット 124スパイダー/アバルト 124スパイダーだ。

4代目開発時の2012年、当時のフィアット(現FCA)がアルファロメオブランド向けにFRライトウェイトオープン2シータースポーツカーの共同開発を発表。のちにブランドを変更し、2015年から2016年にかけてフィアット版、アバルト版が相次いで発表された。

基本骨格や内装部品などをマツダ ロードスターと共通化しながらも外形デザインは完全に別の仕立てとし、内装も差別化。エンジンもFCA独自のユニットをイタリアから輸入し搭載している。

日本ではフィアット版は販売されず、アバルト版の124スパイダーのみが販売される。もちろん日本でオーダーした場合、広島から直接国内各地へデリバリーされる流れとなる。そう、アバルト 124スパイダーはイタリア車銘柄なのに“国産車”という、日本で唯一の存在なのだ。

アバルト/124スパイダー
アバルト 124スパイダーカタログを見る
新車価格:
406万円416.9万円
中古価格:
251万円473万円

寸法差以上に見た目が差別化されたアバルト 124スパイダー

アバルト 124スパイダーのボディサイズは、全長×全幅×全高が4,060×1,740×1,240mm。マツダ ロードスターと比較すると全長で145mm長いほかは、車幅や車高はあまり違いがない。ホイールベースもロードスターと共通の2,310mmだ。

しかし2台を並べて見比べてみると、随分印象が異なる。軽快さの表現をデザインにも持ち込んだコンパクトさが際立つマツダ ロードスターに対し、アバルト 124スパイダーはヘッドライトのユニットも大きく、ボディは前後ともグンと“立派”に見える。これはもともと1960年代に発表され、20年近く生産されたオリジナルのフィアット 124スパイダーのデザインモチーフを用いたことも影響した。当時の丸目2灯ヘッドライトと、とんがったノーズやトランク回りのデザインを現代風に表現しているのだ。

インテリアは、見やすい位置に配置されるナビディスプレイなどはマツダと共通。ロゴマークのほか上質なアルカンターラとレザーを使用するシート表皮などで差別化している。

ターボが加わったパワフルなエンジンがマツダ版との大きな違い

そしてエンジンを全く別物としたことが、軽量なこのクルマの場合は特に効果的だった。

アバルト 124スパイダーは1.4リッターマルチエア16Vエンジンにインタークーラー付ターボチャージャーが加わる。1.5リッターで132馬力/152N・mのNA(ノンターボ)エンジンが積まれるマツダ ロードスターに対し、アバルト 124スパイダーは170馬力/250N・mと、スペック上はダントツにパワフルだ。車重についてはマツダ版が990kg~1,060kgに対し、アバルト版は1,130~1,150kgと、100kg前後の少なくない差があるものの、ターボエンジン特有のパワフルな吹け上りは格別だ。マツダ版はピュアだが、ちょっと物足りない…そうした刺激を求めるユーザーには特におすすめしたい。

まさか! アバルト 124スパイダーが気になるなら今がラストチャンス!?

しかし残念ながら2019年末、欧州向け124スパイダーシリーズを販売終了するとの衝撃ニュースが海外から伝わってきた。日本仕様に関しては、FCAジャパンからの公式アナウンスは今のところなく、販売店では通常通りに購入可能だから安心して欲しい。

価格は6速MT版が406万円、6速AT版が416万9,000円。パワフルなターボエンジンを搭載し、上質な内装の仕立てとしながら、マツダ ロードスターの上級仕様との価格差はおよそ80万円程度。アバルト124スパイダーのデザインやパワフルな走りが気になっているなら…とにかく急いだほうがいい!

[筆者:トクダ トオル(MOTA)/撮影:MOTA編集部

アバルト 124スパイダー / マツダ ロードスター RS 主要スペック比較
車種名124スパイダーロードスター
グレード名ーーRS
価格(消費税込み)406万円333万円
全長×全幅×全高4060mm×1740mm×1240mm3915mm×1735mm×1235mm
ホイールベース2310mm2310mm
駆動方式FRFR
車両重量1130kg1020kg
乗車定員2名2名
エンジン種類直列 4気筒 SOHC 16V
インタークーラー付ターボ
直列 4気筒 DOHC
総排気量1368cc1496cc
エンジン最高出力125kW(170PS)/5500rpm97kW(132PS)/7000rpm
エンジン最大トルク250Nm(25.5kg・m)/2500rpm152Nm(15.5kg・m)/4500rpm
トランスミッション6速MT6速MT
使用燃料無鉛ハイオクガソリン無鉛ハイオクガソリン
燃料消費率(JC08モード燃費)13.8km/L--km/L
燃料消費率(WLTCモード燃費)--km/L16.8km/L
燃料消費率(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)--km/L12.0km/L/17.7km/L/19.5km/L
タイヤサイズ205/45R17195/50R16

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アバルト 124スパイダーの最新自動車ニュース/記事

アバルトのカタログ情報 アバルト 124スパイダーのカタログ情報 アバルトの中古車検索 アバルト 124スパイダーの中古車検索 アバルトの記事一覧 アバルト 124スパイダーの記事一覧 アバルトのニュース一覧 アバルト 124スパイダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる